2015年12月17日

「相棒season14」第9話「秘密の家」(12月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「相棒season14」第9話「秘密の家」(12月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

日本で100番目に早い(たぶん)、「相棒season14」第9話「秘密の家」(12月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)。

<ネタバレあらすじ>

荒川区廃工場前、其処に角田課長と右京(水谷豊)と冠城(反町隆史)たちの姿があった。
どうやら中に凶悪犯が隠れているらしい。

先頭を切って突入する角田を弾丸が出迎えた。
これをもろに喰らった角田は吹っ飛ばされながら仰向けに倒れ込むことに。
しかし、防弾チョッキを着用していたことで無傷だ。

角田が撃たれたことで逆上した組対五課が突入。
これに右京たちも突入し、犯人はあっさりと逮捕された。

周囲の怒声を浴びせられつつ連行される犯人。
と、右京が廃工場に似つかわしくない新しい南京錠を発見した。
どうやら奥の部屋を施錠しているらしい。
また、その付近に子供が描いたと思われる1枚の絵が。

「ママお誕生日おめでとう、ひなた」と描かれたソレ。
どうやら、オープンセールの広告の裏に描かれたもののようだ。

何故、こんな廃工場に子供の絵が!?
興味を惹かれた右京たちは広告の情報からひなた宅を特定する。

絵を返却するとの名目でひなた宅=神田家を訪れた右京たち。
現れたのはひなた(須田理央)とその母親・志乃(新妻聖子)だ。

ひなたは「絵はダンスの帰りに失くした」と主張する。
ところが、玄関に張り出されたカレンダーを目にした右京は何やら考え込んでしまった。
辻褄が合わないのだ。

カレンダーには「10月8日(木)ママ誕生日」、「10月10日(土)ダンス」と記されていた。
そして、そもそも絵が描かれていたのは「10月6日(火)オープンの広告の裏」だ。

絵が志乃の誕生日を祝う物なら10月8日時点で志乃の手に渡っていなければならない。
それが10月10日までひなたの手にあったことになる。
これは不自然だ。
こうして、右京は神田一家について調べ始めた。

学校の担任によると、ひなたは10月8日、9日と学校を休んでいたらしい。
また、ひなたの同級生によれば8日、9日と神田家を訪ねたところ2日続けて父親の神田が応対に現れたのだそうだ。
神田は「ひなたは風邪だ」と語っていたらしい。
さらに、最近になってからはひなたと一緒に遊ぶことも無くなってしまったと言う。

神田はエルドビアなどの雑貨を扱う仕事を行っている。
何故、神田が仕事を休んでまで2日続けて応対に現れたのか。
此処で、右京はひなたが誘拐事件の被害者だったのではないかとの疑惑を抱く。
不自然な南京錠はひなたが其処で監禁されていた証、落ちていた絵も其処にひなたが監禁されていた証拠だろう。

だが、誘拐事件があったのなら1つ疑問が残る。
どうして神田たちがそれを届け出ないのか、だ。

再び、監禁先と思われる廃工場を調べることにした右京たちは管理会社担当者・佐竹を伴いその中へ。
「私、此処に入るのは初めてなんですけどね」
そう言いながら、率先して天井付近に設置された電灯のスイッチを入れる佐竹。

結果、監禁場所と思われる部屋から幾つか新たな指紋が検出された。
これにより、誘拐事件が現実味を帯びることとなった。

ひなたの家族関係を調べた右京たちはその祖父・川口健作(西田健)へと行き着く。
川口は大手警備会社「首都警備保障」の社長であった。

社長秘書・沼田の案内で川口と面会した右京、川口たちが10月10日ごろにエルドビア大統領来日の警備を引き受けていたことに気付く。
実は当日にはマウロ・アロンソなる人物による爆破未遂事件が発生していた。
其処で警備情報が何処かから漏れていたのではないかとの疑惑が持ち上がっていたのである。
もしかして、ひなた誘拐犯はひなたの身柄と引き換えに警備情報を求めたのか!?
だとすれば、確かに誘拐を表沙汰に出来ない理由も納得出来るが……。

一方、川口たちは続くアジア中南米会議の準備を進めていた。

改めて神田家を訪れた右京たちは「我々は1つ大きな勘違いをしていたかもしれません」と口にし始めた。
さらに、米沢から検出された指紋が「ひなたではなく志乃の物である」との報がもたらされた。
これにより、右京は誘拐されたのはひなたではなく、志乃だと断ずる。

では、犯人は何故、ひなたではなく母親の志乃を誘拐したのか?
右京は大人を誘拐することのリスクを説く。

その頃、右京たちが誘拐事件について調べていることを知った伊丹たちは容疑者として沼田に注目する。
エルドビア大統領来日の直前に沼田が欠勤していたことも、この容疑を深めることに。

「首都警備保障」に川口を訪ねた右京たち、其処に飾られた家族写真を目にした右京は眉を顰める。
写真には3人の人物が写っていた―――志乃、ひなた、神田だ。
だが、神田だけが綺麗に切り取られていたのだ。
どうやら、川口は神田に良い印象を抱いていないらしい。

続いて神田を訪れた右京は神田こそが誘拐犯だと告発する。
犯人が志乃を誘拐したのは、ひなたに恐怖を与えない為だったのだ。
右京は神田の会社の経営状況を鑑みて、経営資金を川口から手に入れるべく誘拐事件を起こしたと語る。

だが、神田にはアリバイがあった。
共犯者が居るに違いないと考えた右京たちは佐竹を疑う。
佐竹は廃工場に入ったのは初めてだと言いつつも電灯のスイッチの位置を知っていたからである。
また、佐竹は神田の同級生でもあった。
ところが、佐竹にもアリバイがあったのだ。
犯行当日の喫茶店の防犯カメラ映像に佐竹が撮影されていたのだ。

同じ頃、伊丹たちはマウロ・アロンソの隠れ家から押収した品を確認していた。
其処には「12月21日決行」とのメモが!!

矢先、ひなたの前に不審な影が近付く。
さらに、志乃から神田に「ひなたが誘拐された」との連絡が入る。
驚いた神田は何処かへ連絡を入れると共に慌てて飛び出して行く。

数時間後、沼田を尾行する伊丹たち。
沼田を人目を気に掛けつつ、ホテルの一室へと消えて行く。
現場を抑えたとばかりに踏み込む伊丹たちであったが、それは秘密会議の現場であった。
こうして、こっぴどくお叱りを受けることに。

同じ頃、神田は例の廃工場へやって来ていた。
其処に右京たちが現れた。
すべては右京たちの罠だったのだ。
もちろん、ひなたは誘拐などされていない。

右京は「あなたが此処に来られたことが犯人である証拠です」と告げる。
右京は荒川の廃工場の詳細な住所を誰にも語っていない、にも関わらず辿り着けたのは犯人か関係者以外にあり得ないのだ。
さらに佐竹のアリバイも防犯カメラ映像のタイムコードが改竄されていたことが判明し、逮捕されていた。

右京は神田の行動が如何なる結果を生んだか指摘する。
ひなたは誘拐の事実を必死に隠そうとしていた、それは父親である神田の生んだ影である。
これを知った神田は涙ながらに謝罪するのであった。

その夜、右京たちは川口を訪ねていた。
佐竹のアリバイとなったタイムレコードを改竄した人物が居るのだ。
その人物こそ、川口であった。
川口は神田の犯行に気付き、彼を庇おうとしたのだ。
それこそ、どんなに疎んじていても神田を家族の一員として認めていたのである。

「暴かなければ幸せだったのに……」
「罪という秘密を抱えた状態で幸せにはなれませんよ」

川口の独白を右京はそっと窘める。

数日後、マウロ・アロンソは無事に逮捕された。
ひなたは笑顔を取り戻した。

翌日、花の里では冠城が驚愕していた。
右京がバツイチであることを知らされていたのだ。
これに右京は弁舌を尽くして自己弁護に勤めていた。
すなわち、バツイチではなくリセットしただけだ、と。

それ、何処が違うんですか……。
口には出さないものの冠城の表情は雄弁に物語っていた―――9話了。

<感想>

シーズン14第9話。
脚本は金井寛さん。

サブタイトルは「秘密の家」。
冒頭より「よもやの角田課長殉職!?」や「電灯のスイッチによって放送開始12分で犯人判明」などイロイロありましたが、敢えてテーマを上げれば「家族愛」かなぁ。

志乃とひなたとの生活を守る為に、犯罪に手を染めた神田。
出来る限りひなたを巻き込まなかったのも、彼なりの「家族愛」。
とはいえ、それは方法を誤っていた。
本当に家族のことを思うなら、どんなに罵られようとも川口に頭を下げるべきだった。
奇しくも川口の神田への危惧の正しさを、神田自身が身を以て証明してしまった。

一方、川口もまた神田を否定しつつ神田を庇おうとした。
それは彼が「家族」であるから。
早期に互いの本音をぶつけ合っていれば、そもそも事件にはならなかっただろうに。
何しろ、川口にとっても神田にとっても「家族」は共に大切だったのだから。

ただ、ソレはソレ。ひなたと志乃にとって話は別な!!
特に父である神田が逮捕されたのにひなたに笑顔が戻っているのは……不可解だよなぁ。
また、父親であり夫であった神田に裏切られたトラウマは尋常ではないぞ。
何しろ、父親(夫)でさえ信用出来ないことを知らされちゃったワケだし。
これは重大な人間不信に陥りかねない。
せめて志乃とひなたで支え合わなければ大変なことになってしまいそうだ。

そう言えば、誘拐対象が中盤から志乃へと変わったことで気になる点が1つ。
そもそも右京が誘拐を疑ったのは「被害者がひなただと想定しており、10月8日の志乃の誕生日を祝う絵を10月10日に失くす筈が無いから」。
ところが、誘拐被害者が志乃となったことで「10月8日に絵を受け取って10月10日に紛失した可能性」も出て来ちゃうワケだし。
発端が覆ったような気がするのだが……もちろん、ひなたが「自分が失くした」と嘘を吐いていた時点でどちらにしろ不自然ではあるのだけど。

ちなみに、2016年1月1日放送予定の元日スペシャルは「英雄」とのこと。
出演者として古谷一行さん、内山理名さん、西村和彦さん、木村佳乃さんの名前が!!
「相棒」で古谷さんと言えば本多篤人、さらに内山理名さんと言えば本多茉莉、木村佳乃さんは片山雛子。
これは「カナリアの娘(season8 1話)」「亡霊(season9 18話)」に続く第3のエピソードなるか!?

「相棒season9」最終回(最終話、第18話)「亡霊」(3月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

そして西村和彦さんが気になりますね。
また、大谷亮介さん出演との報も!!
すなわち、三浦刑事の再登場なるか!?
こちらも注目です!!

「相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]」です!!
相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]





「相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)





「相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)





「相棒 Season8 DVD-BOX1」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX1





「相棒 Season8 DVD-BOX2」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX2





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)





「相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック」です!!
相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック





◆「相棒」に関連した商品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。