2016年01月13日

「相棒season14」第11話「共演者」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「相棒season14」第11話「共演者」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

日本で100番目に早い(たぶん)、「相棒season14」第11話「共演者」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)。

<ネタバレあらすじ>

撮影現場を険悪な空気が覆っていた。
その中心には女優の桜庭かなえ(高橋かおり)とベテラン女優の桐島万里子(多岐川裕美)が立っている。
どうやら、互いにいがみ合っているらしい。
仲裁に入った監督の執成しで渋々ながら和解するかなえと万里子。

その夜、かなえはメイクの新庄を連れて姉・恵子(白土直子)が待つ別荘へ。
かなえの姉・恵子はかなえのマネージャーを担当しており、かなえよりも私生活が派手なことでも有名であった。
かなえによれば恵子と共に新庄の誕生日プレゼントを用意したとのことらしいが……。
これまでに無いことに、喜び勇んでかなえに付き添う新庄。
ところが、別荘に辿り着いてみると恵子が死亡していたのである。

恵子は花瓶で後頭部を殴られ怯んだところを絞殺されていた。
こうして事件が発生した!!

数日後、恵子殺害容疑が元夫であった森山へと向かうことに。
夫婦の間には6歳の娘・カレンが居たが、森山の浮気が原因で離婚していた。
今では、恵子はかなえやお手伝いの良恵に支えられ生活していたのだそうだ。

此処で森山の担当弁護士・岡田と冠城(反町隆史)が親しかったこともあって、右京(水谷豊)が捜査に乗り出すこととなった。

かなえのインタビュー記事に目を留める右京。
かなえは16歳で上京し女優となって以降、姉に支えられずっと女優を続けていたのだそうだ。

そんな中、たった1度だけ女優業引退の噂が流れたことがあった。
7年前にかなえが病院の勤務医と婚約したのだ。
ところが、相手に別の交際相手が浮上し隠し子スキャンダルにまで発展したことで破談となっていた。

これに興味を抱いた右京。
そんな右京の意を受けた冠城の計らいで、かなえのファンである伊丹も捜査に加わることに。

一方、当の右京は万里子と接触していた。
万里子の代表作「山の呼び声」について語る右京に、万里子は心を許す。
2人はバーで酒を飲み交わすが、右京は万里子の様子に手の負傷を見抜く。

そんな中、森山が犯人が乗っていると思しき車と行き違ったと主張を始めた。
こうして森山以外の犯行の可能性が高まり始めたのだ。

さらに、伊丹が7年前の真相を掴んで来た。
7年前に起こったかなえの婚約者のスキャンダルであったが、婚約者と交際していたとされる川村美紀が恵子に雇われていたことが分かったのだ。
どうやら、かなえを引退させない為に恵子が仕組んだらしい。

しかも、美紀によればかなえもこの事実を知っていると言う。
美紀が2ヶ月ほど前にかなえに真相を明かし謝罪したのだそうだ。
事実を知ったかなえは美紀の前で泣き明かしたらしい。

これを聞いた右京はかなえへの容疑を口にする。
これまでに無かった新庄への誕生日プレゼントや万里子との確執など、どれもが作為的に過ぎるらしい。
さらに恵子殺害の動機も出て来たのだ。

直後、かなえのアリバイが成立することに。
恵子らしき人影がドライブインでジュースを購入し、その様子が防犯カメラ映像に残っていたのだ。
その間、かなえは新庄と共に居たのだ。
犯行は不可能である。

ところが、映像を確認した右京はコレも作為的な代物と断ずる。
何やら調べる右京。
一方、冠城も万里子について調べ始める。

翌日、右京たちは万里子とかなえを呼び集めるや推理を開陳し始める。

万里子とかなえの確執には原因があった。

万里子は12年前に遠縁にあたる娘・原田七海を可愛がっていた。
七海は新人女優として大々的にデビューし、クリーンなイメージから大きな支持を受けた。
ところが、裏社会とのスキャンダルを透っ破抜かれたことから期待されていた連続ドラマの主演を逃しショックを受け自殺していた。

しかし、このスキャンダルもでっち上げだったのだ。
万里子は七海のライバルであったかなえの仕業と考え、彼女を憎んでいたのである。

だが、数日前のことである。
かなえが万里子を訪ね、実際に七海のスキャンダルを仕組んだのは恵子であると訴えた。

こうして、万里子は恵子殺害を決意し実行に移した。

ドライブインの恵子は万里子の変装であった。
右京は映像の中の女性が手を怪我していることに気付き、万里子だと分かったらしい。

あくまで万里子とかなえの共謀だと主張する右京。
だが、万里子は単独犯行を譲らない。

右京によれば、万里子はかなえとの間にある共通点を見出しており、それ故に庇っているらしい。

実は、七海は万里子の隠し子であった。
だからこそ、恨みも根深くなったのだ。

一方、かなえは恵子に弱味を握られていると明かし、助けてくれと万里子に懇願した。
これを聞いた万里子は恵子の娘・カレンこそ、かなえと別れた婚約者との隠し子だと考えた。

これこそ、かなえと万里子の共通点であった。
だが、それは万里子の間違いであった。

後日、獄中の万里子を訪ねた右京は真実を明かす。
かなえは婚約者との間の子供を恵子に堕胎させられていた。
カレンは恵子の実子だったのだ。
かなえは万里子を利用すべく、彼女の弱点を突いたのであった。

「今までの中で最高の演技だったわ」
騙されたことを知り、悔しさのあまり獄中で悶える万里子。

その翌日、連行されるかなえの姿があった。
おそらく、裏切られたことを知った万里子が告発したのだろう。

だが、果たしてかなえの罪が問えるのか―――冠城は疑問を呈する。
該当するのは殺人教唆、殺人幇助だが立証はかなり難しいと思われたのだ。

「どうやら、次の舞台は法廷のようですねぇ」
2人の女優の次のステージについて語る右京であった―――11話了。

<感想>

シーズン14第11話。
脚本は坂上かつえさん。

サブタイトルは「共演者」。
その意味は、かなえと万里子2人の共演があって成立した犯罪だったと同時に、2人が騙し騙されの共演関係(常に演技し続ける関係)にあったことを示しているのかな。

とはいえ、「共演」と言うよりは割と一方的な関係にはなっていますね。
そもそも、かなえの婚約者を陥れたのは恵子かもしれないけど、七海を陥れたのは恵子ではなくかなえの可能性もあるしねぇ……あるいはかなえも同意した上での可能性もあるし。
結局、万里子はかなえの掌の上だったかもしれないのかぁ……。

ちなみに、右京は万里子について詳しく、冠城が芸能情報に詳しく、伊丹はかなえのファン、と各キャラの側面も垣間見えた回でしたね。

「相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]」です!!
相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]





「相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)





「相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)





「相棒 Season8 DVD-BOX1」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX1





「相棒 Season8 DVD-BOX2」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX2





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)





「相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック」です!!
相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック





◆「相棒」に関連した商品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
脚本的にはGoodな回だったと思います。
しかしキャラの設定上
冠城くんのコネ絡みの事件が多すぎますねw
Posted by 青山 at 2016年01月15日 00:02
Re:青山さん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

確かに、冠城君発(あるいは経由)の事件が多いですね。
それだけ冠城君の顔が広いのかな。
とはいえ、もしかして……右京さんが冠城君を「相棒」としているのはその点を認めてだったりして。
Posted by 俺 at 2016年01月15日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。