2016年01月14日

水曜ミステリー9「ドクターハート2 薮田公介の事件カルテ」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「ドクターハート2 薮田公介の事件カルテ」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

薮田公介(中村梅雀)は、どんな病気も治すことを自らの使命とする薮田総合病院の院長。元マジシャンの天才外科医だ。

ある日曜日、薮田公介(中村梅雀)は横浜の港で鳥山食品社長の鳥山巌(堀内正美)と偶然出会う。思いつめた表情が気になり思わず話しかけるが、次第に笑顔で談笑するように。

その夜、薮田病院に頭部損傷で意識不明の男性が運ばれてくる。薮田が駆けつけると、男性は昼間に出会った鳥山だった。警察に通報した乾万紀子(菊池麻衣子)は、鳥山が歩道橋で何者かに突き落とされるのを目撃。しかし警察が来るのを待たずに姿を消してしまう。

病院の廊下では、みなとみらい署の警部・姉崎卓(西村和彦)らが、鳥山の秘書・服部みゆき(内田慈)の事情聴取を行っていた。薮田による緊急手術は無事成功するが、患者よりも捜査優先な姉崎と意見が合わない。そんな姉崎と入れ替わりで、鳥山の妻・絹恵(藤真利子)と息子で専務の祐介(佐藤銀平)が現れるが、絹恵とみゆきの間に不穏な空気が流れる。みゆきが鳥山の愛人ではないかと憶測する者もいるほどだ。

ところが、鳥山の手術は成功したはずだったが、時間が経っても意識が戻らずにいた。しかも原因がわからない。訪問ドクターの鳴海涼子(浅田美代子)に感染症の疑いを指摘されると、薮田は万紀子が軽い咳をしていたことを思い出す。検査するためにも、万紀子を早急に探し出して欲しいと姉崎に伝えるが、事件に関係ないといい顔をしない。しかしその日の夜、当の万紀子は黒ずくめの男・大沼章介(藤重政孝)と病院付近にいた。そして病室に忍び込んだ大沼は、鳥山の首に手を伸ばし…。一方、姉崎らは絹恵が個人経営するブティックで負債を抱え、穴埋めに鳥山食品の金を一部流用していたという情報をつかむ。

鳥山食品の周辺で浮かび上がる数々の疑惑。しかも肝心の鳥山は目覚めず原因はつかめぬまま。目撃者も逃走中…。薮田は真相を突き止め、患者を救うことはできるのか!?
(水曜ミステリー9公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……。

薮田公介は薮田総合病院の院長。
彼には「どんな病気も必ず治す」との強い信念があった。

そんな薮田の信念に共感を示すのは訪問ドクターの鳴海涼子。
2人は共に数々の患者を救って来たのだ。

そんなある日、薮田は鳥山食品社長・鳥山巌と出会う。
鳥山は何かを悩んでいるようだが……。

その夜、薮田のもとに救急患者が運び込まれて来た。
それこそ鳥山だったのだ。
鳥山は歩道橋から何者かに突き落とされており重傷、さらに感染症を患っていたことから予断を許さない状況にあった。
しかも、通報者は姿を消していた……。

みなとみらい署の姉崎卓警部が捜査に乗り出し、鳥山の秘書で愛人とされている服部みゆきに容疑を向ける。
鳥山の妻・絹恵や息子で専務の祐介、そんな祐介の懐刀とされる浅井国治もまた何やら怪しい動きを見せるが……。

薮田は鳥山の治療に全力で取り組むが感染症が大きな壁となっていた。
通報者である乾万紀子に注目した薮田は彼女から鳥山の感染症の原因が掴めないかと行方を追う。

そんな中、鳥山食品に横領疑惑が。
さらに架空取引疑惑も浮上する。

同じ頃、当の万紀子は大沼章介と共に居た。
誰かを脅迫する大沼たちだが、大沼が刺されてしまう。
また、薮田の活躍で万紀子の身柄も抑えられた。

薮田は大沼を治療し、その命を救う。
これを知った万紀子はすべてを明かすことに。
どうやら、大沼と万紀子が横領を行っていたらしい。
ところが、鳥山殺害未遂の現場を目撃したことで大沼が犯人を脅迫したと言う。
ちなみに、鳥山の感染症については心当たりが無いのだそうだ。

一方、みゆきが鳥山の愛人では無かったことが判明。
また、鳥山の感染症の原因が鼠の尿に触れたものと判明。
これにより治療法が分かり、鳥山は意識を取り戻す。
此処から犯人の正体が明らかに。

鳥山を突き落とし、大沼を刺した犯人は浅井であった。
浅井は祐介を操り丸尾フーズとの間に架空取引を行っていた。

薮田らにより事実を指摘された浅井は苦し紛れに祐介を人質に取ろうとするが返り討ちに遭い負傷する。
薮田らはこれを治療するのであった。

こうして事件は解決したのである―――エンド。

<感想>

新シリーズ「ドクターハート 薮田公介の事件カルテ」第2弾。
原作なし、オリジナル作品です。

ちなみに、管理人は個人的に本作を「七無斎」と呼んでいます。
理由は過去記事を参照。

水曜ミステリー9「ドクターハート 薮田公介の事件カルテ 政治家の裏金強奪事件が発生!?さらに心臓移植手術を待つ幼き少女の一家が消失!?元天才マジシャンで天才心臓外科医の主人公・薮田公介が謎の事件に怒りのメスを入れる!」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

では、ドラマの感想を。

本作、実は「死者が出ない」作品なんですよね。
だから、ハートフルな作品なんです。
個人的には好きな筈なんだけど、何故か本作だと評価しづらいんだよなぁ。
出来る限り平常心で試聴しようと心掛けたのですが、前回のイメージに引き摺られたのかもしれません。

ちなみに「死者が無い」も加えて「八無斎」だけど「七無斎」で続けようと思います。
そう言えば「ガンリキ」の次回作か「信濃のコロンボ」は復活しないのかなぁ……。

◆関連過去記事
水曜ミステリー9「ドクターハート 薮田公介の事件カルテ 政治家の裏金強奪事件が発生!?さらに心臓移植手術を待つ幼き少女の一家が消失!?元天才マジシャンで天才心臓外科医の主人公・薮田公介が謎の事件に怒りのメスを入れる!」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

薮田公介:中村梅雀
鳴海涼子:浅田美代子
鳥山絹恵:藤真利子
姉崎 卓:西村和彦
服部和代:萩尾みどり
乾万紀子:菊池麻衣子
大沼章介:藤重政孝
鳥山 巌:堀内正美
服部みゆき:内田 慈
浅井国治:江藤 潤
桧山利津子:安藤玉恵
根岸秀一:小松和重
姫川未知:秋月三佳
鳥山祐介:佐藤銀平
霜山武史:里見浩太朗 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


「Disney(ディズニー) ラミー ドックはおもちゃドクター ぬいぐるみ 【並行輸入品】」です!!
Disney(ディズニー) ラミー ドックはおもちゃドクター ぬいぐるみ 【並行輸入品】





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。