2016年01月25日

『アルゴリズム・キル』最終話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2016年2月号』掲載)

『アルゴリズム・キル』最終話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2016年2月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

私は今、県警本部の捜査に必要とされていない――大人気警察小説シリーズ、再始動!
(光文社公式HPより)


<感想>

『プラ・バロック』『エコイック・メモリ』に続く、2016年1月時点でのクロハシリーズ最新長編『アルゴリズム・キル』。
『小説宝石 2015年6月号』より連載開始されていた本作も遂に9話で最終話を迎えることに。

遂に事件の全貌が明らかに。
其処にはある人物の影が!!
あの人こそ黒幕と思いきや、まさかあの人が黒幕だったとは……。
この黒幕、影響力を動機として語っていましたが支配欲の強い人物だったのでしょう。

そして、クロハはジロウにこれまで救えなかった人々を重ねていたのか。
もしかすると、アイを其処に見ていたのかもしれないなぁ。

意外な展開に、意外な黒幕の登場の最終話。
ネタバレあらすじはかなり改変を加えているので注意!!
あらすじを読んで興味を持たれたら本作にチャレンジすべし!!

<ネタバレあらすじ>

◆前回までのあらすじ

『プラ・バロック』『エコイック・メモリ』と2つの事件により所轄署の警務課へ異動となったクロハ。
続けて大切な者を失ったことで半ば自暴自棄の状態であった。

矢先、イベントの警護に駆り出されたクロハは女性の遺体を発見する。
その遺体は激しい暴行を加えられ、全ての歯を折られた無惨なものであった。
とはいえ、クロハが捜査に携わることは無い―――少なくとも此の時点ではその筈であった。

そんなある日、警務課に出動要請がもたらされた。
児童相談所から児童虐待の現場に同行する人手を出すように依頼されたのだ。
これに応じたクロハは区役所職員のイマイ、タカシロと出会う。
イマイから「戸籍上存在が確認出来ないが実社会で存在が確認出来ている児童」の保護を求めらたクロハ。

同じ頃、シイナから「バーチャル陣取りゲーム」こと「侵×抗」に関与している「Kiru」なる人物の情報がもたらされる。
シイナによれば「Kiru」が立てたポータルの近くには必ず他殺体が放置されているらしい。

調べを続けたクロハはイマイの依頼と「Kiru」が重なり合うことに気付く。
「Kiru」はクロハが探す少年たちが所属するグループに居るのだ。
さらに、戸籍において実在が確認出来ない子供たちが殺し合いを行っていることも判明。
これはどういうことなのか!?

一方、何者かの監視に気付いたクロハに会計課員のニシが接近。
クロハに正義を行う為に必要な品を手渡そうとするのだが射殺されてしまう。

実はクロハが所属する所轄署で不正が行われており、ニシはこれを告発しようとして口封じされたのだ。
だが、ニシが別ルートでクロハに託した証拠データにより不正は糾弾されることとなった。
これにより、クロハは捜査一課へ復帰する。

・前回はこちら。
『アルゴリズム・キル』8話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2016年1月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

◆最終話あらすじ

戸籍において実在を確認出来ない子供たちが互いに殺し合いを行っていることを突き止めたクロハ。
これをどうイマイに伝えるか苦しむことに。

矢先、その子供たちのグループを主導する大人が居ることが判明。
どうやら、その大人が黒幕となって殺し合いを演じさせているようだ。

しかも、子供たちのグループに所属する1人の青年が地域課の職員に助けを求めていたことも明らかに。
どうやら、その少年が「Kiru」でありポータルを立てていたらしい。
「Kiru」は黒幕により殺し合いをさせられることを嫌い、必死に存在を訴えていたのだ。

そんな中、区役所の占拠事件が発生する。
様子を見に入った刑事が3人、戻って来ないことで現場は騒然となる。

直後に犯人から指名を受けたクロハが突入したところ、中に居たのはイマイであった。
まさかイマイが犯人なのか!?
いや、イマイの視線の先を追った其処には銃を構えたタカシロが立っていた。
そう、子供たちを支配する黒幕の正体はタカシロだった。

タカシロによれば純粋に正義に生きるクロハやイマイが許せないらしい。
其処でタカシロは自身の影響力を誇示すべく、戸籍のない子供たちを集め組織化した。
その上で殺し合いを演じさせ支配欲を満足させていたのだ。

タカシロによれば「侵×抗」を通じて外部に助けを求めていた裏切り者・ジロウは今頃、死の危機にあると言う。
タカシロは見せしめにすべくジロウを何処かに監禁したのだ。
ジロウに与えられたのは通信機能の備わったゲーム機本体と水1本のみ。
クロハたちが見つけなければ確実に命を落とすのである。
さらに、タカシロはその場で拳銃自殺を行いジロウ探索の手掛かりを絶ってしまう。

焦るクロハはイチかバチか「侵×抗」に助けを求める。
ジロウの正体が「Kiru」ならばゲーム機を通してポータル申請をしている筈と考えたのだ。

早速、調べたところそれらしきアカウントを発見。
これを追跡し、箱に閉じ込められたジロウを救出することに成功するのであった
クロハはジロウの助けを求める声を今度こそ聞き届けたのだ―――『アルゴリズム・キル』了。

◆関連過去記事
『アルゴリズム・キル』1話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年6月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『アルゴリズム・キル』2話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年7月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『アルゴリズム・キル』3話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年8月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『アルゴリズム・キル』5話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年10月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『アルゴリズム・キル』6話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『アルゴリズム・キル』7話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年12月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『アルゴリズム・キル』8話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2016年1月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『プラ・バロック』(結城充考著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『エコイック・メモリ』(結城充考著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

ドラマスペシャル「クロハ 機捜の女性捜査官 連続殺人と集団自殺…2つの捜査本部8日間の激闘!!悪意に立ち向かう家族の絆!!真相にたどり着いた女刑事が交わす涙の約束とは!?冒頭20分…この中に犯人がいる」(2月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

最終話が掲載された「小説宝石 2016年 02 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2016年 02 月号 [雑誌]



8話が掲載された「小説宝石 2016年 01 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2016年 01 月号 [雑誌]



7話が掲載された「小説宝石 2015年 12 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 12 月号 [雑誌]



6話が掲載された「小説宝石 2015年 11 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 11 月号 [雑誌]





5話が掲載された「小説宝石 2015年 10 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 10 月号 [雑誌]





4話が掲載された「小説宝石 2015年 09 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 09 月号 [雑誌]





3話が掲載された「小説宝石 2015年 08 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 08 月号 [雑誌]





2話が掲載された「小説宝石 2015年 07 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 07 月号 [雑誌]





「アルゴリズム・キル」1話が掲載された「小説宝石 2015年 06 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 06 月号 [雑誌]





「プラ・バロック (光文社文庫)」です!!
プラ・バロック (光文社文庫)





キンドル版「プラ・バロック 女性刑事クロハ」です!!
プラ・バロック 女性刑事クロハ





「エコイック・メモリ (光文社文庫)」です!!
エコイック・メモリ (光文社文庫)





キンドル版「エコイック・メモリ 女性刑事クロハ」です!!
エコイック・メモリ 女性刑事クロハ





「衛星を使い、私に (光文社文庫)」です!!
衛星を使い、私に (光文社文庫)





キンドル版「衛星を使い、私に (光文社文庫)」です!!
衛星を使い、私に (光文社文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック