2016年02月22日

『黒い樹海』(松本清張著、講談社刊)

『黒い樹海』(松本清張著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)です!!

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

仙台へ旅立った筈の姉が、意外や浜松のバス事故で急死!身分証明書が不明のため知らせが遅れ、笠原祥子は事故現場へとんだが手がかりは無い。新聞社へ勤めた彼女は、姉の交友関係の男たちを追求中同僚の婦人記者と、事件の鍵を握る女性の相次ぐ殺人事件に――。マスコミに潜む人間悪を抉る推理の傑作。
(講談社公式HPより)


<感想>

姉の死の謎を追う祥子の姿を描いた作品。
タイトル『黒い樹海』は真相を覆う黒い闇を彷徨う祥子を示したものか。
さらに容疑者候補となる医師、評論家、画家、華道家を通じてそれぞれの業界の闇にも触れています。
この闇が祥子の行く手を阻むことに。
しかし、そんな祥子には吉井と言う道標が居た。

本作のラストですが、祥子と吉井が交際を始め結婚することを匂わせているのでしょう。
つまり、信子は愛に殉じ裏切られて死亡したが、その犠牲は妹・祥子と吉井の出会いに昇華されたこととなります。
信子の想いはその仇を討った祥子に引き継がれたワケです。

いや、信子の想いだけではない。
本作ではもう1人恋に生きつつも報われない女性が居ました。
祥子はその女性の想いも継いでいるのかもしれません。

ちなみにネタバレあらすじはかなり改変しています。
興味のある方は本作それ自体を読むべし。

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
笠原祥子:姉・信子の死の真相を追う主人公。
笠原信子:信子の姉、バス事故で急死を遂げた。
吉井:祥子に協力する記者。
町田知枝:信子の同僚記者。
西脇:高名な医師。
妹尾:高名な評論家。
鶴巻:高名な画家。
佐敷:高名な華道家。
パウエル:妹尾の飲み仲間。
斎藤常子:バス事故現場近くの食堂の女中。
大家:信子宅の大家。


笠原祥子は姉・信子が浜松のバス事故で急死したと聞き驚いていた。
信子は祥子に「仙台へ行く」と言い残していたのだ。
仙台へ向かった筈の信子がどうして浜松に!?

謎が謎を呼ぶ中で浜松へ向かった祥子は姉に同行者の男性が居たらしいことを掴む。
しかも、姉は身許を示す品をすべて持ち去られていたのだ。
身許が分かった理由は事故現場付近の食堂に勤務する斎藤常子が信子のバッグを拾ったと届け出たからであった。
ところが、当の常子も姿を消してしまっていた。

祥子は信子が恋人とバスで移動中に事故に遭い身許を示す物を処分された上で見殺しにされたと考える。
おそらく相手とは秘する恋だったのだろう。
だからこそ、信子は行先を偽った。
それにしても……これに常子の失踪も関係しているのだろうか。

信子の死の真相を追うべく彼女の職場に勤務し記者となった祥子。
そんな祥子に同僚記者の吉井と町田知枝が力添えを約束してくれた。

祥子が信子の恋人候補と考えたのは次の4人だ。
高名な医師・西脇、高名な評論家・妹尾、高名な画家・鶴巻、高名な華道家・佐敷である。

妹尾と出会った祥子は彼から他の3人が共に遊び人であることを知らされる。
一方、西脇はそんな妹尾こそ油断がならないと敵視する様子を見せていた。

矢先、知枝が謎の死を遂げてしまった。
その死に信子の死が関連していると考えた祥子は信子の大家のもとへ。
大家は何やら祥子の様子を観察しつつ、何かあれば教えると約束した。

続いて、祥子は吉井の提案で常子を探すことに。
ところが、常子が他殺体で発見されてしまう。
さらに、大家までもが何者かに轢き逃げされ殺されてしまった。

やはり、信子の死が関与しているに違いない。
そして知枝、常子、大家の死も同一犯によるものなのだろう。

祥子は知枝殺害犯を追うことにした。
先の4人にその殺害が可能か調べたところ、全員にアリバイがあった。
特に、妹尾は同時刻に飲み仲間のパウエルと共にバーに居たそうだ。
しかし、パウエルと直接会った祥子はある事実に気付く。

祥子はさらにある人物に疑惑を抱いた。
吉井も知枝の死を調べ、殺害当日にある人物と密会していた事実を突き止めた。

互いに疑いを抱いた人物を同じ場所へ呼び出した祥子と吉井。
呼び出されたのは西脇と妹尾であった。
これまでの事件は2人の共犯だったのだ。

引合された2人は罠に嵌められたと悟り、互いに互いの犯行を言い募る。
これを録音されていた為に、2人は逮捕されることとなった。

真相は次の通りであった。

信子と交際していたのは西脇であった。
あの日、西脇は信子とバスに乗り事故に遭遇した。
信子との密会が露見することを怖れた西脇は彼女を捨てて逃げた。
この際、偶然にも妹尾も乗り合わせており西脇に協力した。
表向きは不仲に見えた西脇と妹尾だが、裏では親しくしていたのだ。

しかし、逃げた後で西脇は信子が人知れず葬られることを悔いた。
其処で妹尾に命じ、信子の身許を示すバッグを常子を介して提出させた。
だが、これが後に仇となった。

一方、妹尾は知枝と密かに交際していた。
とはいえ、妹尾にとって知枝は交際相手の1人に過ぎなかった。
妹尾は別の相手と結婚を考えており、知枝に別れを切り出した。

ところが、知枝は妹尾を脅迫し始めたのだ。
知枝は大きな勘違いをしていた。
あの日、妹尾が信子と同じバスに乗っていたことを突き止めたのだが、信子の相手が妹尾だと思い違いしたのだ。
この件で妹尾が信子を見殺しにしたと脅し始めたのだ。

信子の交際相手は妹尾ではない。
だが、その事実を明かすことは西脇への裏切りになる。
其処で、妹尾は知枝殺害を決意した。

飲み仲間のパウエルと共にバーに入った妹尾だが混雑に乗じて抜け出していたのである。
そして、知枝殺害を成し遂げたのだ。
この際、パウエルの車を黙って拝借し死体を運んだのである。

常子殺害も妹尾の犯行であった。
妹尾は常子に顔を見られており、祥子が常子と接触することを怖れた。
其処で口封じしたのだ。

大家殺害も妹尾の犯行である。
大家は妹尾に買収され祥子の情報を彼に流していたのだ。
しかし、これまた危機感を募らせた妹尾に口封じされたのであった。

西脇は妹尾の犯行を知りつつも、これに協力していたのである。

こうして真相が明らかになり、事件は終わった。
だが、祥子と吉井には後日談がある。
それはごくごく私的な物語であるので、ここでは割愛させて頂くとしよう―――エンド。

◆松本清張先生関連過去記事
【小説】
「霧の旗」(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「書道教授」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「球形の荒野」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『寒流』(松本清張著、新潮社刊『黒い画集』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『市長死す』(松本清張著、光文社刊『青春の彷徨』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『熱い空気』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『波の塔 上下』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『危険な斜面』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『疑惑』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ批評(レビュー)

『十万分の一の偶然』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『事故』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『留守宅の事件』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『黒い福音』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『小説 3億円事件 「米国保険会社内調査報告書」』(松本清張著、新潮社刊『水の肌』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『密宗律仙教』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『時間の習俗』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『強き蟻』(松本清張著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『坂道の家』(松本清張著、新潮社刊『黒い画集』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『草』(松本清張著、新潮社刊『松本清張傑作選 暗闇に嗤うドクター』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『影の地帯』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『共犯者』(松本清張著、新潮社刊『共犯者』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『地方紙を買う女』(松本清張著、新潮社刊『張込み』収録)ネタバレ書評(レビュー)

松本清張先生原作「砂の器」が5回目のテレビドラマ化決定。テレビ朝日制作、主演は玉木宏さん!!&「砂の器」ネタバレあらすじ

【ドラマ】
月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年スペシャル「中央流沙」(12月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ『火と汐』(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張ドラマスペシャル「顔」(12月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「フジテレビ開局55周年特別番組 松本清張スペシャル『顔』 清張作品の原点 傑作がドラマで甦る!大女優へのぼり詰めた女には“殺人”という秘密の過去があった。顔がスクリーンに映し出される前に過去を消さなければ」(10月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「松本清張ドラマスペシャル 山峡の章」(1月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

生誕100年記念作 松本清張ドラマスペシャル〜霧の旗「歌舞伎界のプリンスが現代劇初主演!原作と異なる衝撃のラスト!魔性の女3人に振り回される傲慢敏腕弁護士誰もが陥る心の闇と罠の先に待つ真実の幸せとは?真犯人は誰?」(3月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 文化庁芸術祭参加作品 松本清張2夜連続SP球形の荒野・前編「連続殺人の裏に隠された昭和史の光と影〜奈良古寺に残る亡霊の筆跡!」(11月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム 松本清張2夜連続SP球形の荒野・後編「昭和39年東京オリンピック開催日にすべての謎は明かされる!刑事も涙した戦争で引き裂かれた父娘の結末」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に放送へ!秋田−東京−伊勢−出雲、日本縦断3000キロの殺人捜査!!操車場の死体とカメダの謎!?二人の刑事が追う宿命…」(9月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に完結へ!日本縦断3000キロの捜査が暴く連続殺人の罠!?二人の刑事が見た父子永遠の旅!!天才作曲家の殺意…衝撃の結末」(9月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 張込み〜平凡な幸福を壊す殺人者!美しい人妻の秘められた過去!密会現場で刑事が最後に見た真実(3週連続松本清張特別企画“張込み” 強盗殺人犯追う刑事逃亡の果てに昔の女は家族を捨てるか?)」(11月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 鉢植を買う女〜愛したから殺した!?金に執着する女2人の戦い!死体が語る消えた3000万と花壇の謎(3週連続松本清張特別企画“鉢植を買う女” 愛する殺人…優雅な暮らしの金貸し女が愛欲に溺れたとき、不幸は始まった)」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張企画最終章 聞かなかった場所〜謎に満ちた夫の急死!燃える山鹿灯籠が暴く愛人との密会…女性官僚が堕ちた獣道(3週連続松本清張特別企画“聞かなかった場所” 夫に愛人が?女性官僚が堕ちた罠…俳句に隠された密会の屋敷)」(11月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画『市長死す 死体になるまでの5日間に市長が見たものは何か?日記に隠された市長の意外な一面が驚くべき真実を浮かび上がらせる!たった一行の文章に秘められた誰も知らない12年前の出来事…53年ぶりに隠れた名作を映像化!』(4月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「ドラマスペシャル 波の塔 汚職官僚連続殺人!!捜査検事に仕掛けられた女の罠!?“点と線”に続く大ベストセラーを完全映像化!東京〜京都〜富士、証言者を追う1000キロの旅衝撃の結末」(6月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「危険な斜面 偶然再会した元恋人によって、眠っていた“出世欲”に目覚めてしまった男…しかし芽生えたのは殺意だった!普通の男から悪魔へ…このまま男は昇りつめるか転落するか?」(9月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑 夫殺しの疑いをかけられた若き悪妻はシロかクロか?個性派女性弁護士が史上最強の悪女と闘う〜無実だったら覚えていろ!衝撃の真相とは」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画 事故〜黒い画集〜 疑惑の事故が招く連続殺人!不倫密会の代償点と線を結ぶ捜査が暴く死体移動トリック」(12月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

テレビ朝日開局55周年記念 松本清張没後20年 2週連続ドラマスペシャル「十万分の一の偶然〜激突!事故か殺人か!?東名高速四重衝突!!一枚の写真が暴く赤い火の玉の謎…結婚目前に消えた娘〜父の追跡」(12月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「松本清張没後20年スペシャル『寒流』〜黒い画集より〜エリート行員の不倫の恋が上司の嫉妬を生み運命が転がる!一体誰が悪で誰が善なのか?幻の名作の意外な結末とは」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画『留守宅の事件』〜証明より〜妻は何故殺されたか?密会と密告の罪深い闇 空白5日間の不在証明を追う刑事達の執念」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ朝日開局55周年記念 松本清張二夜連続ドラマスペシャル 三億円事件 戦後最大の未解決事件〜衝撃の推理初映像化!!消えた真犯人VS保険調査員!!最後の真実」(1月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ朝日開局55周年記念 松本清張二夜連続ドラマスペシャル“黒い福音” 国際線スチュワーデス殺人事件!昭和最大の未解決事件に挑む定年刑事&若手エリート刑事!!真犯人は誰か!?衝撃の結末」(1月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「フジテレビ開局55周年記念特別番組 松本清張ドラマスペシャル 時間の習俗 点と線の名刑事コンビ登場!相模湖畔で消えた女と福岡の変死体を結ぶ謎1000キロの距離と時間を超えた難事件…鉄壁のアリバイを崩せるか?真実はカメラが知っている」(4月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ東京開局50周年特別企画 松本清張『強き蟻』 3年後に夫は死ぬ!10億円の財産狙う美貌の妻に群がる4人の男 屋根裏の情事に隠した殺人トリックと欲望!最後に生き残るのは」(7月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張サスペンス 悪女の事件・第一夜 坂道の家〜魔性の女が招く連続殺人の罠!美しい理容師に全財産を奪われた初老の男!!嫉妬と憎しみの殺意…浴室の氷のトリック(松本清張二夜連続ドラマスペシャル 坂道の家)」(12月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張サスペンス 悪女の事件・第二夜 霧の旗 無実の弟の弁護を断った弁護士に対する復讐を描く傑作サスペンス!殺人の汚名を着せられたまま獄中で死亡した弟への悲しみが、1人の女を悪女へと変貌させる!(松本清張二夜連続ドラマスペシャル 霧の旗)」(12月07日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ東京開局50周年特別企画 松本清張ドラマSP『黒い画集−草−』 清張医療サスペンスの傑作!大病院の闇…不倫、失踪、医療ミス そして雨の夜に3件の連続殺人…白い巨塔に隠された驚愕の陰謀」(3月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「月曜ゴールデン特別企画 松本清張サスペンス 影の地帯 大学教授失踪!?森に消える白い家・幻の黒髪の美女は敵か味方か…湖に捨てられた木箱の謎?蛍の里山に渦巻く悲しき欲と業」(7月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張特別企画 共犯者 夫を殺して!報酬は5000万円…整形手術で成功を手にした女社長が堕ちた罠!!福岡から東京へ…封印した過去から迫る謎の脅迫者!傑作清張サスペンス」(9月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
・『眼の壁』から出題がありました。
「ミステリーキューブ 名作ミステリーを凝縮▽華麗なトリックを見破り密室から脱出せよ!▽松本清張が仕掛けたわなに挑戦だ」(8月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【特報】松本清張先生、未収録短編発見さる!!その名も『女に憑かれた男』!!

【2015年】松本清張先生『女に憑かれた男』に続く未収録短編作品見つかる!!その名は『渓流』とのこと!!

「黒い樹海 (講談社文庫)」です!!
黒い樹海 (講談社文庫)



キンドル版「黒い樹海 (講談社文庫)」です!!
黒い樹海 (講談社文庫)



【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。