2016年03月14日

「松本清張二夜連続ドラマスペシャル 第二夜 黒い樹海 唯一の肉親である姉を事故で亡くした新聞記者・祥子。その事故に隠された姉の嘘と秘密とは…。松本清張の傑作が再び甦る!!」(3月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張二夜連続ドラマスペシャル 第二夜 黒い樹海 唯一の肉親である姉を事故で亡くした新聞記者・祥子。その事故に隠された姉の嘘と秘密とは…。松本清張の傑作が再び甦る!!」(3月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

両親を早くに亡くした笠原祥子(北川景子)は、たったひとりの姉・信子(小池栄子)と都内のマンションで2人暮らし。仕事を探しながら、新聞社に勤務する信子を信頼し、寄り添うように生きてきた。その日も東北旅行に出発する信子と別れ、祥子は何社目かの面接に出かけた。それはいつもと変わらぬ、仲のよい姉妹の光景のはずだった。

ところがその夜、信子が事故で亡くなったという知らせが入る。しかも、どういうわけか、祥子に告げていた旅先とは異なる場所で、命を落としてしまったのだ…!

悲しみにくれる祥子の前に現れたのは、信子の同僚記者・吉井亮一(向井理)。何を考えているのか、信子の死の謎について祥子と共に調査に乗り出す吉井。その一方で、祥子は姉の後釜として新聞社の文化部で働きだし、生前、姉が担当していた文化人たちに会いに行く。彼らは皆、華やかな表の顔からは想像もつかないほどクセのある人物で、中でも小児科医・西脇満太郎(沢村一樹)はセレブ界きっての遊び人らしく、何度も祥子に誘いをかけてくる始末だった。

ところが直後、姉の同僚だった町田知枝(酒井若菜)が自殺! 知枝は信子の死について「責任をとるべき人がいる」「有名人ならなおさらよ」と謎めいた言葉を祥子に残していた。姉の死に、信子が生前つき合っていた著名人の誰かが関わっていることを直感した祥子。だが、真相を知ろうとすればするほど、渦中の人物が次々と殺害されていく事態が発生! 祥子は図らずも “黒い樹海”のような深い闇に吸い込まれていく…!
(公式HPより)


では、続きから(一部、あらすじと重複あり)……

笠原祥子は両親を早くに亡くし、姉・信子と2人でマンション暮らしを送っている。
祥子は求職中、信子は新聞社に勤務していた。

その日、信子は「目的地は東北」と言い残して旅行に出かけた。
ところが、信子は全く別の場所でバス事故により死亡してしまったのだ。

この報を聞いた祥子は大きな衝撃を受けた。
姉が嘘を吐いたことが信じられなかったのだ。

さらに、危く信子の身許が分からず仕舞いに終わりかけていたことも祥子を驚かせた。
聞けば、事故現場付近の食堂に勤務する斎藤常子が信子のハンドバッグを届けたことで辛うじて特定出来たのだそうだ。
当の常子は事故直後に食堂を辞めていた。

何故、信子は嘘を吐かなければならなかったのか!?
疑惑を抱いた祥子は信子の後任として新聞社に就職し、同僚記者・吉井亮一と調査に乗り出した。

矢先、祥子はこれまた信子の同僚記者である町田知枝から「信子の死に責任を取るべき有名人が居る」と教えられる。
どうやら、知枝が知るある人物が信子の死に関与しているようだ。

信子が担当していた有名人は次の5人だ。

佐敷泊雲は華道の家元。神経質で世話好き。
西脇満太郎は高名な小児科医師。妻帯者だが女たらしでも知られている。
妹尾郁夫は経済評論家。近く財閥令嬢との挙式を控えている。
倉野むら子はデザイナー。押しが強い性格だ。
鶴巻完造は画家。好色で知られ行く先々で騒動を起こして居る。

祥子は知枝の言葉からこの5人の中に真実を知る者が居ると考えるが……。
「ラファエル」と謎の言葉を残し、知枝が不審な死を遂げてしまう。
知枝の死は自殺として処理されてしまった。

手掛かりを失ってしまった祥子。
一方、西脇は祥子に興味を持ったのか頻繁に「会いたい」と連絡を入れて来るように。
妹尾から西脇の素行の悪さを言い含められていた祥子はこれを断り続けた。

其処に吉井が常子の居所を見つけたと連絡を入れて来た。
常子は食堂を辞めて実家に戻っていたのだ。
常子を訪ねた祥子は彼女にハンドバッグを届けるように依頼した男性が居ることを知った。
やはり、祥子の死には秘密が隠されていたのだ。

矢先、吉井がある仮説を立てる。
信子は誰かと不倫旅行に出ていたのではないか。
だからこそ、祥子に行く先を偽ったのではないか。
そして、不倫相手とバスに乗っていたところで事故に遭ったのではないか―――。

その翌日、常子が上京して来ることになった。
怪しいと思われる面々の首実検が出来ると喜ぶ祥子は吉井やマンションの管理人にその旨を告げて回る。
ところが、常子が何者かに殺されてしまった。

祥子は吉井に相談。
すると、吉井はマンションの管理人が誰かに買収され情報を教えたのではないかと疑う。

こうして、買収した相手を確かめるべく「常子の実家から信子の手帳が見つかった」と偽の情報を流すことに。
ところが、今度は当のマンション管理人が殺害されてしまった。

此処で祥子は吉井に疑惑を抱き距離を置き始める。
直後、西脇が信子について話したいことがあると連絡を取って来た。
これまでは断り続けて来た祥子だが、その真剣な声に心を動かされる。

西脇に連れられてやって来たのは「ラファエル」という名の会員制のバーであった。
知枝の謎の言葉が店名であったことを知った祥子。
そんな祥子に西脇は全ての真相を語り出す。

同じ頃、吉井は祥子を心配し「ラファエル」の前で立っていた。
そんな吉井の前で妹尾が何やら店員と揉めていた。
妹尾によれば祥子が危険なのだそうだが……。

その頃、店内では西脇が信子と不倫関係にあったことを祥子に語って聞かせていた。
あの日、信子と同行していたのは西脇だったのだ。
西脇は本気で信子を愛していたと言う。
ハンドバッグを常子に託したのも西脇であった。

これを聞いていた祥子はそっと席を立つと吉井に連絡を入れる。
あることを調べて貰う為だ。
祥子の依頼を受けた吉井は妹尾と離れて店員に質問を重ねる……。

数分後、祥子は吉井と妹尾を店内に招き入れた。
祥子は吉井から先程の依頼の結果を確認するや、妹尾を告発する。

そう、知枝、常子、マンション管理人の3人を殺害したのは妹尾だったのだ。
妹尾は財閥令嬢と婚約しながら知枝と交際していたのである。

バス事故の当日、西脇と信子が乗るソレに妹尾と知枝も乗り合わせたのだ。
其処で事故が起こった。

瀕死の信子を助けようとする西脇であったが、それを妹尾が止めた。
西脇と信子の不倫が明らかになってしまうと脅したのだ。
もちろん、妹尾は西脇たちの関係が露見することで芋づる式に自身と知枝の交際が婚約者にバレることを怖れたのである。

だが、西脇はこれに応じてしまった。
こうして、信子は孤独に事故死を遂げたのである。

その後、知枝はこれを利用し妹尾に結婚を迫った。
応じてくれなければ全てを暴露すると迫ったのだ。
進退窮した妹尾は知枝を殺害したのである。

一方で、妹尾はマンション管理人を買収し祥子の動向を監視していた。
其処で常子の上京を知り、これを口封じに殺害したのであった。

さらに、マンション管理人が妹尾を脅迫し始めた。
其処でこれも口封じに殺害したのであった。

西脇が祥子を「ラファエル」に連れ出したのは妹尾から守る為であった。
西脇によれば妹尾の犯行は既に警察に届けられているらしい。
駆け付けた警察により妹尾は逮捕された。

残された西脇に祥子は「どうしてハンドバッグを常子に託したのか」と問う。
西脇は信子が人知れず葬られることを怖れた。
あの日、西脇はバスの中で信子と結婚の約束をしたのだそうだ。
それだけ愛した相手だったのだ。

数日後、西脇は離婚し小児科医も辞職した。

吉井は祥子に信子との間柄について語り出す。
信子は社会部志望であり、吉井に夢を語っていたのだ。
吉井はそんな信子を格好良いと認めていたのだそうだ。

新たな信子の一面を知った祥子なのであった―――エンド。

<感想>

原作は松本清張先生の長編『黒い樹海』(講談社刊)。
過去にネタバレ書評(レビュー)してますね。

『黒い樹海』(松本清張著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

では、ドラマの感想を。

全体的に比較的オーソドックスなサスペンスとなっていたように思います。
怒涛の終盤は祥子よりも信子が主人公のような描写でしたね。
また、ドラマ版は大幅に現代風のアレンジが行われていました。
とはいえ、本作に関しては成功だったのではないでしょうか。

何と言っても驚いたのは西脇が逮捕されないこと。
全て妹尾の単独犯となっていましたね。
妹尾としては西脇と信子の関係が露見することで自身と知枝の関係も露見し、知枝殺害が知られることを怖れての犯行と言えるでしょうか。

これにより、妹尾と西脇が切り離されたことでドラマ版は西脇と信子の純愛物語になっていました。
原作だと西脇は本気で祥子にも手を出そうとするからなぁ……。

このアレンジにより、祥子の知らない信子が強調されていたように思います。
祥子の知らない姉・信子。
それは信子が1人の大人として独立した人格を持っていたことを示します。
また、その人生が決して祥子の犠牲になったワケではなかった。
ドラマ版はそんな信子の人生を祥子に確認させる物語とも言えるでしょう。

原作だと冒険を潜り抜けた祥子と吉井の恋の行方が強調されがちだっただけに良かったように思います。
もちろん、ソレはソレでアリなんだけどね。
原作は「虎が死して皮を遺すように、信子はその死を以て吉井に祥子を引き合わせた。信子は西脇と果たせなかった愛の成就を祥子と吉井に託した」的な物語かな。
こう考えるとドラマ版と原作はかなり方向性が異なっているように思えます。

ただ、1つだけドラマ版で気になったことが……顧客情報をあっさりと教えてしまう「ラファエル」の店員はもう少しプライバシー保護について考えた方が良いと思うんだ。
完全会員制の割には会員のプライバシーがザルなんだものなぁ……。

そう言えば、他にも松本清張先生原作ドラマの情報が!!

まず、テレビ東京系では『喪失の儀礼』のドラマ版が2016年3月30日に放送予定。
さらに、フジテレビ系でも『かげろう絵図』が2016年4月8日に放送予定。
どちらも注目すべし!!

松本清張先生『喪失の儀礼』(新潮社刊)がテレビ東京系にてドラマ化とのこと!!

松本清張先生『かげろう絵図』がフジテレビ系「金曜プレミアム」にて2016年4月8日に放送予定とのこと!!

<キャスト>

笠原祥子(かさはら・さちこ) ……… 北川景子両親を早くに亡くし、信頼する姉と都内で2人暮らし。就職が決まらず、何社も面接を受けていたが、姉の死後、姉が勤務していた新聞社で契約社員として働きはじめる。姉の死に不審を抱き、その真相を探りはじめたとたん、黒い闇に巻き込まれて…!?

吉井亮一:向井 理
祥子の姉・信子が勤務していた新聞社の文化部記者。姉の死を悲しむ祥子の前に突然現れ、共に真相を探りはじめるが、その真意はどこにあるのかわからない。無愛想で思ったことをはっきりと口にし、時に祥子の反感を買う。敵か味方かわからない男。

笠原信子:小池栄子
祥子の姉。新聞社の文化部記者。控えめで真面目な性格。休暇で十和田湖へ旅行に行くと出かけたが、なぜか長野で命を落としてしまう。

妹尾郁夫:鈴木浩介
経済評論家。西脇らセレブたちの狂騒ぶりに嫌悪感を抱いているらしく、「西脇は女癖が悪いから近づくな」と祥子に忠告してくれる。財閥の令嬢と婚約したばかり。

町田知枝:酒井若菜
信子が勤めていた新聞社の文化部記者。信子の元同僚で、祥子にとっては先輩。信子の死について祥子に謎めいた言葉を残す。

斎藤常子:江口のりこ
信子が亡くなった事故現場近くの食堂に勤務していた女性。信子のハンドバッグを拾い、警察に届けた人物。なぜか事故の直後に店を辞め、姿を消していた…。

小川カズ:室井 滋
祥子が姉・信子と暮らしていたマンションの管理人。姉妹のことを気にかけ、おせっかいなほどに行動をチェックする。

倉野むら子:山本未來
デザイナー。著名人の中でも特にプライドが高く、他人を見下したような態度を取る。担当だった信子に自身がデザインした服を売りつけようとして断られ、憤慨していた。

鶴巻完造:六平直政
信子が生前、担当していた画家。“女はすべて娼婦たれ”という芸術テーマを持ち、新たに担当となった祥子に対しても好色な目を向ける。

安原國政:尾美としのり
刑事。特に疑問も感じぬまま、信子が亡くなった事故の詳細と身元確認の経緯を、遺族である祥子に説明。だが、それが祥子の“姉の死に対する疑念”を増幅させ…。

佐敷泊雲:古田新太
多くの弟子を抱える華道家元。遅筆のため、担当の信子から催促を受けることも多かったらしい。神経質で世話好きと思われがちだが、実は自分にしか興味がない。

西脇亜佐美:麻生祐未
西脇の妻。夫が祥子のような若い女性と浮気をしないか、常に心配している。

西脇満太郎:沢村一樹
小児科医。新聞に連載コラムを執筆しており、信子が担当だった。著作を出版するなど多方面で活躍しているが、妻がありながら若い女性たちと遊ぶ悪いクセも…!? ほか
(公式HPより、順不同、敬称略)


◆松本清張先生関連過去記事
【小説】
「霧の旗」(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「書道教授」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「球形の荒野」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『寒流』(松本清張著、新潮社刊『黒い画集』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『市長死す』(松本清張著、光文社刊『青春の彷徨』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『熱い空気』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『波の塔 上下』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『危険な斜面』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『疑惑』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ批評(レビュー)

『十万分の一の偶然』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『事故』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『留守宅の事件』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『黒い福音』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『小説 3億円事件 「米国保険会社内調査報告書」』(松本清張著、新潮社刊『水の肌』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『密宗律仙教』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『時間の習俗』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『強き蟻』(松本清張著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『坂道の家』(松本清張著、新潮社刊『黒い画集』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『草』(松本清張著、新潮社刊『松本清張傑作選 暗闇に嗤うドクター』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『影の地帯』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『共犯者』(松本清張著、新潮社刊『共犯者』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『地方紙を買う女』(松本清張著、新潮社刊『張込み』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『黒い樹海』(松本清張著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

松本清張先生原作「砂の器」が5回目のテレビドラマ化決定。テレビ朝日制作、主演は玉木宏さん!!&「砂の器」ネタバレあらすじ

【ドラマ】
月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年スペシャル「中央流沙」(12月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ『火と汐』(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張ドラマスペシャル「顔」(12月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「フジテレビ開局55周年特別番組 松本清張スペシャル『顔』 清張作品の原点 傑作がドラマで甦る!大女優へのぼり詰めた女には“殺人”という秘密の過去があった。顔がスクリーンに映し出される前に過去を消さなければ」(10月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「松本清張ドラマスペシャル 山峡の章」(1月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

生誕100年記念作 松本清張ドラマスペシャル〜霧の旗「歌舞伎界のプリンスが現代劇初主演!原作と異なる衝撃のラスト!魔性の女3人に振り回される傲慢敏腕弁護士誰もが陥る心の闇と罠の先に待つ真実の幸せとは?真犯人は誰?」(3月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 文化庁芸術祭参加作品 松本清張2夜連続SP球形の荒野・前編「連続殺人の裏に隠された昭和史の光と影〜奈良古寺に残る亡霊の筆跡!」(11月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム 松本清張2夜連続SP球形の荒野・後編「昭和39年東京オリンピック開催日にすべての謎は明かされる!刑事も涙した戦争で引き裂かれた父娘の結末」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に放送へ!秋田−東京−伊勢−出雲、日本縦断3000キロの殺人捜査!!操車場の死体とカメダの謎!?二人の刑事が追う宿命…」(9月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に完結へ!日本縦断3000キロの捜査が暴く連続殺人の罠!?二人の刑事が見た父子永遠の旅!!天才作曲家の殺意…衝撃の結末」(9月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 張込み〜平凡な幸福を壊す殺人者!美しい人妻の秘められた過去!密会現場で刑事が最後に見た真実(3週連続松本清張特別企画“張込み” 強盗殺人犯追う刑事逃亡の果てに昔の女は家族を捨てるか?)」(11月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 鉢植を買う女〜愛したから殺した!?金に執着する女2人の戦い!死体が語る消えた3000万と花壇の謎(3週連続松本清張特別企画“鉢植を買う女” 愛する殺人…優雅な暮らしの金貸し女が愛欲に溺れたとき、不幸は始まった)」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張企画最終章 聞かなかった場所〜謎に満ちた夫の急死!燃える山鹿灯籠が暴く愛人との密会…女性官僚が堕ちた獣道(3週連続松本清張特別企画“聞かなかった場所” 夫に愛人が?女性官僚が堕ちた罠…俳句に隠された密会の屋敷)」(11月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画『市長死す 死体になるまでの5日間に市長が見たものは何か?日記に隠された市長の意外な一面が驚くべき真実を浮かび上がらせる!たった一行の文章に秘められた誰も知らない12年前の出来事…53年ぶりに隠れた名作を映像化!』(4月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「ドラマスペシャル 波の塔 汚職官僚連続殺人!!捜査検事に仕掛けられた女の罠!?“点と線”に続く大ベストセラーを完全映像化!東京〜京都〜富士、証言者を追う1000キロの旅衝撃の結末」(6月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「危険な斜面 偶然再会した元恋人によって、眠っていた“出世欲”に目覚めてしまった男…しかし芽生えたのは殺意だった!普通の男から悪魔へ…このまま男は昇りつめるか転落するか?」(9月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑 夫殺しの疑いをかけられた若き悪妻はシロかクロか?個性派女性弁護士が史上最強の悪女と闘う〜無実だったら覚えていろ!衝撃の真相とは」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画 事故〜黒い画集〜 疑惑の事故が招く連続殺人!不倫密会の代償点と線を結ぶ捜査が暴く死体移動トリック」(12月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

テレビ朝日開局55周年記念 松本清張没後20年 2週連続ドラマスペシャル「十万分の一の偶然〜激突!事故か殺人か!?東名高速四重衝突!!一枚の写真が暴く赤い火の玉の謎…結婚目前に消えた娘〜父の追跡」(12月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「松本清張没後20年スペシャル『寒流』〜黒い画集より〜エリート行員の不倫の恋が上司の嫉妬を生み運命が転がる!一体誰が悪で誰が善なのか?幻の名作の意外な結末とは」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画『留守宅の事件』〜証明より〜妻は何故殺されたか?密会と密告の罪深い闇 空白5日間の不在証明を追う刑事達の執念」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ朝日開局55周年記念 松本清張二夜連続ドラマスペシャル 三億円事件 戦後最大の未解決事件〜衝撃の推理初映像化!!消えた真犯人VS保険調査員!!最後の真実」(1月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ朝日開局55周年記念 松本清張二夜連続ドラマスペシャル“黒い福音” 国際線スチュワーデス殺人事件!昭和最大の未解決事件に挑む定年刑事&若手エリート刑事!!真犯人は誰か!?衝撃の結末」(1月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「フジテレビ開局55周年記念特別番組 松本清張ドラマスペシャル 時間の習俗 点と線の名刑事コンビ登場!相模湖畔で消えた女と福岡の変死体を結ぶ謎1000キロの距離と時間を超えた難事件…鉄壁のアリバイを崩せるか?真実はカメラが知っている」(4月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ東京開局50周年特別企画 松本清張『強き蟻』 3年後に夫は死ぬ!10億円の財産狙う美貌の妻に群がる4人の男 屋根裏の情事に隠した殺人トリックと欲望!最後に生き残るのは」(7月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張サスペンス 悪女の事件・第一夜 坂道の家〜魔性の女が招く連続殺人の罠!美しい理容師に全財産を奪われた初老の男!!嫉妬と憎しみの殺意…浴室の氷のトリック(松本清張二夜連続ドラマスペシャル 坂道の家)」(12月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張サスペンス 悪女の事件・第二夜 霧の旗 無実の弟の弁護を断った弁護士に対する復讐を描く傑作サスペンス!殺人の汚名を着せられたまま獄中で死亡した弟への悲しみが、1人の女を悪女へと変貌させる!(松本清張二夜連続ドラマスペシャル 霧の旗)」(12月07日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ東京開局50周年特別企画 松本清張ドラマSP『黒い画集−草−』 清張医療サスペンスの傑作!大病院の闇…不倫、失踪、医療ミス そして雨の夜に3件の連続殺人…白い巨塔に隠された驚愕の陰謀」(3月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「月曜ゴールデン特別企画 松本清張サスペンス 影の地帯 大学教授失踪!?森に消える白い家・幻の黒髪の美女は敵か味方か…湖に捨てられた木箱の謎?蛍の里山に渦巻く悲しき欲と業」(7月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張特別企画 共犯者 夫を殺して!報酬は5000万円…整形手術で成功を手にした女社長が堕ちた罠!!福岡から東京へ…封印した過去から迫る謎の脅迫者!傑作清張サスペンス」(9月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張二夜連続ドラマスペシャル 第一夜 地方紙を買う女〜作家・杉本隆治の推理 金沢の地方紙で連載している推理小説を、東京の女性から購読したいという依頼があったことを聞き、疑念を抱くことから始まる傑作ミステリー!」(3月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
・『眼の壁』から出題がありました。
「ミステリーキューブ 名作ミステリーを凝縮▽華麗なトリックを見破り密室から脱出せよ!▽松本清張が仕掛けたわなに挑戦だ」(8月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【特報】松本清張先生、未収録短編発見さる!!その名も『女に憑かれた男』!!

【2015年】松本清張先生『女に憑かれた男』に続く未収録短編作品見つかる!!その名は『渓流』とのこと!!

「黒い樹海 (講談社文庫)」です!!
黒い樹海 (講談社文庫)



キンドル版「黒い樹海 (講談社文庫)」です!!
黒い樹海 (講談社文庫)



【関連する記事】
この記事へのコメント
昨日の「地方紙を買わなければ完全犯罪成立」とはまた違い、「バッグを届けなければ完璧に真相隠蔽」であったかも知れないお話の、その鍵となったのが「大人同士の純愛」――という辺りが、あれだけの人の命が奪われる作品ながら、何だか後味良く感じられて、我家好みでした。

果たして誰が真犯人なのか、誰と誰がどのように繋がっているのか、なかなか読めなくて、頭の中であれやこれやと繋ぎ合わせながら、じっくり楽しむことが出来ました。
特に、葬儀の場面で包帯が印象に残った受付女性が、あの事故にどう絡んで来るのか注目していたら、程なく彼女が自殺、更に相次ぐ殺人事件……怪しい人物は複数存在し、最後の最後まで目が離せない感じでした。

関係ありませんが、沢村さんと小池さんが恋人同士の設定なのを見て、NHKのコメディ番組『サラリーマンNEO』の中の人気コント『セクスィー部長』の「セクスィー部長ご夫妻だ〜 o(^o^)o」と、一人で変に盛り上がってしまった私です (^_^;)
Posted by 星沢美保子 at 2016年04月18日 22:02
Re:星沢美保子さん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

ドラマ版は「西脇と信子の純愛物語」になっていましたね。
西脇の独白シーンには熱量を感じました。

また、怒涛の展開も見所でしたね。

「サラリーマンNEO」実は大好きです。
同じく沢村さんの「コントを読む」や「がんばれ川上くん」も良かったし、他にも平泉成さんの「大いなる新人」や田口浩正さんの「Re:」も印象的でした。
「LIFE」も好きなのですが「サラリーマンNEO」にも復活して欲しい。
Posted by 俺 at 2016年04月20日 01:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。