2016年04月16日

金曜プレミアム「松本清張スペシャル 一年半待て 密室夫殺人事件!正当防衛を訴える妻…気鋭の女性弁護士の正義が陥ったワナと驚愕の結末!」(4月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレミアム「松本清張スペシャル 一年半待て 密室夫殺人事件!正当防衛を訴える妻…気鋭の女性弁護士の正義が陥ったワナと驚愕の結末!」(4月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

<あらすじ>

弁護士・高森滝子(菊川怜)にある日、一つの弁護依頼が舞い込んでくる…。

保険会社勧誘員、須村さと子(石田ひかり)が無職の夫・要吉(渋川清彦)の殺害容疑で逮捕された。事件の夜、酒癖の悪い要吉が酔っ払って、妻のさと子に殴る蹴るの暴行を働いた。さと子は、家庭内暴力、いわゆるDVから、一人息子のタカシ(鴇田蒼太郎)を守るため、止む無く夫殺害に至ったと言うのだ。

容疑者がDV被害者の妻で、無職の夫がヒモ状態であったことから、女性の人権に関わる注目の事件となった。さと子を擁護している婦人団体からの弁護依頼は、滝子にとって名誉を勝ち取る大きなチャンスでもあった。「正当防衛は無理かもしれないが、情状酌量狙いで執行猶予がついたら弁護士として勝ったも同然」だと話す、法律事務所所長・栗原英彦(寺田農)の後押しもあり、滝子はさと子の弁護を引き受けることにする。

滝子は、正当防衛を主張し、無罪を勝ち取ろうと強く言うが、一方のさと子は、素直に夫殺害の罪を認め、罰を受ける覚悟をしており、息子のタカシのことだけを心配している様子だ。しかし、要吉には浮気相手がいたということが新たな事実として分かる。バー“ミモザ”のママ・脇田静代(雛形あきこ)はさと子の高校の一年先輩で、要吉と男女の関係にあり、怪しげな存在だ。

そして始まった裁判。さと子の正当防衛を主張し、無罪を求める弁護人の滝子と、あくまで殺意があったと主張する検察の意見が真っ向からぶつかる。

迎えた判決日。裁判長が重い口を開く…。「主文、被告人を懲役三年に処する。ただし、この裁判が確定した日から二年間、その刑の執行を猶予する」。さと子の目から涙がこぼれる。事実上の勝利を得た裁判だったが、まだ正当防衛で無罪を主張し控訴することもできる、という滝子に、さと子は“裁判は一事不再理ですよね”と問う。そして、「タカシのことを考えると、これ以上、裁判を続けるのは辛い。もう人目にさらされたくない」と控訴しないことを決意する。世間から注目され敏腕弁護士の名をほしいままにした滝子には、参議院選挙への出馬打診の話まで舞い込み、政界進出の目も。これですべてが終わったと誰もが思った…。

しかしある日、滝子の自宅に鳴り響いた一本の電話。それは誰もが予想し得ない、おぞましい悲劇の始まりを告げる電話だった…。
(公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……。

「あなた、止めて〜〜〜タカシを殺さないでぇ〜〜〜」

その夜、青葉荘の一室に生活する須村家から女性の悲鳴が上がった。
悲鳴の主は保険会社勧誘員であり、この家の主婦である須村さと子。
彼女が口にしたタカシとはさと子の1人息子である。
そして、さと子が「あなた」と呼んだのは夫である須村要吉だ。
次いで響き渡る何か堅い物同士が叩き付けられる音……。
数十分後、通報を受けた警察が駆け付け、さと子は夫・要吉殺害容疑で逮捕されてしまった。

翌日、ワイドショーはこの事件一色であった。
多数の局が様々な報道を繰り広げていたが、その内容は同一であった。
さと子への同情である。

近所の住人の証言によれば、須村家はこの3月に引っ越して来たらしい。
殺害された要吉は無職で普段から遊び呆けており、さらにはさと子に暴力を奮っていたのだそうだ。
それがこの日はタカシにも向かい、溜まりかねたさと子が要吉を殺害した―――それが報じられている事件の全容であった。

言わば正当防衛とも考えられうる事件。
それだけにその結末に世間の注目が集まっていた。

そして此処に1人の弁護士が居る、その名は高森滝子。
夫とも離婚し、女性の人権向上を目指して日夜戦っているやり手弁護士だ。
そんな滝子に婦人団体から依頼が舞い込んだ。
さと子の事件についての弁護依頼である。

虐げられたさと子の反撃が生んだ悲劇。
ならば、さと子に非は無いのではないか―――それが彼女たちの主張であった。

これに共鳴した滝子が弁護に乗り出した。
もちろん、それだけではない。
これほど注目を集める事件に勝利すれば大きな名誉を得られるに違いない。
そんな野心も滝子を突き動かしていた。

公判が開始し、滝子はさと子による正当防衛を主張した。
しかし、滝子は勝利を確信していた。

何故なら、要吉には虐待だけではなく不貞の事実まで存在したからである。
あろうことか、要吉はバー「ミモザ」の脇田静代と不倫していたのだ。
しかも、静代はさと子の高校の先輩で2人が知り合ったのも彼女の紹介であった。
さと子は要吉が気兼ねなく酒を飲める場所を提供しようと知り合いの静代を教えていたのだ。
ところが、2人はそんなさと子を裏切り、何時の間にか不倫関係に陥っていた。

これに対し、検察側は「要吉の虐待の原因がさと子が家庭を放棄していたことにある」と主張。
保険会社勧誘員であるさと子が仕事で遠方に宿泊し留守がちだったことを指摘したのだ。

しかし、滝子にとってそれは何の問題も生まなかった。
そもそも、要吉が仕事をしていないからこそ、さと子が生計を支える必要があったのだ。
そして、激戦区である都内を避けて同業者の少ない地方の建設予定地を巡るのは自然な流れに見えた。

これは裁判員も同じだったようだ。
事件から半年が過ぎ9月を迎え下された判決は「情状酌量による執行猶予」であった。
正当防衛こそ叶わなかったが、罪に比すれば明らかな勝訴であった。

喜ぶさと子は「一事不再理なので大丈夫ですよね!?」と滝子に繰り返す。
さと子の様子に不審を抱きつつも、素直に頷く滝子であったが……。

それから数日、滝子は順調であった。
さと子を助けた滝子は英雄として称賛を集めたのだ。
しかも、婦人団体の支援を受けて参議院選への出馬まで決まったほどであった。

だが、そんな滝子の高揚感を打ち砕く電話が入る。
相手は滝子の元夫であった。
彼によれば「さと子に疑わしい点がある」らしい。
何でも、さと子に恋人が居たと言うのだ。

先の不審もあって、居ても立っても居られなくなった滝子は、恋人とされる発電所のエンジニア・岡島を訪ねる。
岡島によれば、さと子と知り合ったのは彼女が営業先として彼の職場を訪問して来た折らしい。
当時、未亡人を名乗っていたさと子に惹かれた岡島がプロポーズしたところ「一年半待てますか?」と尋ねられたのだそうだ。
それがちょうど一年半前のことらしい。

一年半!?
奇しくもそれはさと子たちが青葉荘に転居してから判決が出るまでと同じ期間であった。

不審が疑惑へと進んだ滝子は青葉荘を訪れ、近隣住人の証言を聞き込む。
すると、さと子の悲鳴を聞いた者は居るが要吉の声を聞いた者が居ないことが分かる。
しかも、誰も虐待の現場を目撃していなかったのだ。
さと子の悲鳴から生じたイメージで虐待だと思い込んでいたのである。

そもそも、虐待が存在せず狂言だったとしたら……滝子はさと子の作為を確信した。
さと子は正当防衛ではない、殺意を以て要吉を殺害したのだ。

滝子はさと子を呼び出すと調べた事実すべてを打ち明けた。
これをあっさりと認めるさと子。

とはいえ、一事不再理は動かない。
法律上、さと子の罪は問えないのだ。

しかし、滝子はさと子がある大きな物を失ったと指摘する。
岡島である。
岡島はさと子の犯行に気付き、彼女の前から姿を消したのだ。
滝子に「一年半」の件を伝えたのも、その決意の一環だったようだ。

これを聞かされたさと子は乾いた笑いを上げると、座り込んでしまうのであった。

その夜、滝子は出馬辞退を所属事務所の所長・栗原に申し出る。
さと子の罪を見抜けなかった自身を恥じ、その信念に従ったのである。
だが、それは許されなかった。
もはや、滝子1人の意志でどうこうなる問題では無くなっていたのだ。

唐突に滝子は笑い出した。
その笑いは何処かさと子のソレと似ていた―――エンド。

<感想>

原作は松本清張先生の短編『一年半待て』(新潮社刊『張込み』収録)。
原作『一年半待て』については過去にネタバレ書評(レビュー)してますね。

『一年半待て』(松本清張著、新潮社刊『張込み』収録)ネタバレ書評(レビュー)

原作に比べると滝子視点だけに彼女の物語中に締める割合が増していたように思います。

ラスト、滝子が浮かべた笑い。
あれはさと子と同じように大切な物を失ったことを示しているのでしょう。

さと子は要吉を排除し自由を得たが、そもそもの動機である岡島を失った。
一方、滝子は勝訴したことで名誉を得て出馬にまで至ったが、その勝訴が偽りだったことを恥じたにも関わらず辞退すら許されなくなった。
結果、滝子は彼女の大切な信念を失った。

さと子と滝子、共に大きな物を得たが同時に大きな物を失ったワケです。
これは皮肉でした。

此処からは気になった点を。

まず、犯行当日にさと子が要吉の虐待を偽装するべくタカシの首を絞めたようですが、掌の大きさで男女の別は付きそうだけどなぁ。
タカシを調べれば、さと子の言葉の真偽は早期に判明していたかもしれません。

そして、「一年半」の意味が22時時点で既に明かされていましたね。
ある意味、前半1時間がさと子の物語で後半1時間が滝子の物語とも言えそうです。

また、さと子の犯行はある意味で「相棒」の「節約殺人」にも近いモノがあったように思いました。

<キャスト>

菊川怜
雛形あきこ
戸次重幸
前川泰之
ふせえり
松澤一之
近江谷太朗
春海四方
渋川清彦
寺田農
ジュディ・オング
石田ひかり ほか
(公式HPより、順不同、敬称略)


◆松本清張先生関連過去記事
【小説】
「霧の旗」(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「書道教授」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「球形の荒野」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『寒流』(松本清張著、新潮社刊『黒い画集』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『市長死す』(松本清張著、光文社刊『青春の彷徨』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『熱い空気』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『波の塔 上下』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『危険な斜面』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『疑惑』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ批評(レビュー)

『十万分の一の偶然』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『事故』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『留守宅の事件』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『黒い福音』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『小説 3億円事件 「米国保険会社内調査報告書」』(松本清張著、新潮社刊『水の肌』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『密宗律仙教』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『時間の習俗』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『強き蟻』(松本清張著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『坂道の家』(松本清張著、新潮社刊『黒い画集』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『草』(松本清張著、新潮社刊『松本清張傑作選 暗闇に嗤うドクター』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『影の地帯』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『共犯者』(松本清張著、新潮社刊『共犯者』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『地方紙を買う女』(松本清張著、新潮社刊『張込み』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『黒い樹海』(松本清張著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『喪失の儀礼』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『一年半待て』(松本清張著、新潮社刊『張込み』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『かげろう絵図』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『声』(松本清張著、新潮社刊『張込み』収録)ネタバレ書評(レビュー)

松本清張先生原作「砂の器」が5回目のテレビドラマ化決定。テレビ朝日制作、主演は玉木宏さん!!&「砂の器」ネタバレあらすじ

【ドラマ】
月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年スペシャル「中央流沙」(12月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ『火と汐』(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張ドラマスペシャル「顔」(12月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「フジテレビ開局55周年特別番組 松本清張スペシャル『顔』 清張作品の原点 傑作がドラマで甦る!大女優へのぼり詰めた女には“殺人”という秘密の過去があった。顔がスクリーンに映し出される前に過去を消さなければ」(10月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「松本清張ドラマスペシャル 山峡の章」(1月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

生誕100年記念作 松本清張ドラマスペシャル〜霧の旗「歌舞伎界のプリンスが現代劇初主演!原作と異なる衝撃のラスト!魔性の女3人に振り回される傲慢敏腕弁護士誰もが陥る心の闇と罠の先に待つ真実の幸せとは?真犯人は誰?」(3月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 文化庁芸術祭参加作品 松本清張2夜連続SP球形の荒野・前編「連続殺人の裏に隠された昭和史の光と影〜奈良古寺に残る亡霊の筆跡!」(11月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム 松本清張2夜連続SP球形の荒野・後編「昭和39年東京オリンピック開催日にすべての謎は明かされる!刑事も涙した戦争で引き裂かれた父娘の結末」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に放送へ!秋田−東京−伊勢−出雲、日本縦断3000キロの殺人捜査!!操車場の死体とカメダの謎!?二人の刑事が追う宿命…」(9月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に完結へ!日本縦断3000キロの捜査が暴く連続殺人の罠!?二人の刑事が見た父子永遠の旅!!天才作曲家の殺意…衝撃の結末」(9月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 張込み〜平凡な幸福を壊す殺人者!美しい人妻の秘められた過去!密会現場で刑事が最後に見た真実(3週連続松本清張特別企画“張込み” 強盗殺人犯追う刑事逃亡の果てに昔の女は家族を捨てるか?)」(11月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 鉢植を買う女〜愛したから殺した!?金に執着する女2人の戦い!死体が語る消えた3000万と花壇の謎(3週連続松本清張特別企画“鉢植を買う女” 愛する殺人…優雅な暮らしの金貸し女が愛欲に溺れたとき、不幸は始まった)」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張企画最終章 聞かなかった場所〜謎に満ちた夫の急死!燃える山鹿灯籠が暴く愛人との密会…女性官僚が堕ちた獣道(3週連続松本清張特別企画“聞かなかった場所” 夫に愛人が?女性官僚が堕ちた罠…俳句に隠された密会の屋敷)」(11月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画『市長死す 死体になるまでの5日間に市長が見たものは何か?日記に隠された市長の意外な一面が驚くべき真実を浮かび上がらせる!たった一行の文章に秘められた誰も知らない12年前の出来事…53年ぶりに隠れた名作を映像化!』(4月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「ドラマスペシャル 波の塔 汚職官僚連続殺人!!捜査検事に仕掛けられた女の罠!?“点と線”に続く大ベストセラーを完全映像化!東京〜京都〜富士、証言者を追う1000キロの旅衝撃の結末」(6月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「危険な斜面 偶然再会した元恋人によって、眠っていた“出世欲”に目覚めてしまった男…しかし芽生えたのは殺意だった!普通の男から悪魔へ…このまま男は昇りつめるか転落するか?」(9月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑 夫殺しの疑いをかけられた若き悪妻はシロかクロか?個性派女性弁護士が史上最強の悪女と闘う〜無実だったら覚えていろ!衝撃の真相とは」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画 事故〜黒い画集〜 疑惑の事故が招く連続殺人!不倫密会の代償点と線を結ぶ捜査が暴く死体移動トリック」(12月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

テレビ朝日開局55周年記念 松本清張没後20年 2週連続ドラマスペシャル「十万分の一の偶然〜激突!事故か殺人か!?東名高速四重衝突!!一枚の写真が暴く赤い火の玉の謎…結婚目前に消えた娘〜父の追跡」(12月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「松本清張没後20年スペシャル『寒流』〜黒い画集より〜エリート行員の不倫の恋が上司の嫉妬を生み運命が転がる!一体誰が悪で誰が善なのか?幻の名作の意外な結末とは」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画『留守宅の事件』〜証明より〜妻は何故殺されたか?密会と密告の罪深い闇 空白5日間の不在証明を追う刑事達の執念」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ朝日開局55周年記念 松本清張二夜連続ドラマスペシャル 三億円事件 戦後最大の未解決事件〜衝撃の推理初映像化!!消えた真犯人VS保険調査員!!最後の真実」(1月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ朝日開局55周年記念 松本清張二夜連続ドラマスペシャル“黒い福音” 国際線スチュワーデス殺人事件!昭和最大の未解決事件に挑む定年刑事&若手エリート刑事!!真犯人は誰か!?衝撃の結末」(1月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「フジテレビ開局55周年記念特別番組 松本清張ドラマスペシャル 時間の習俗 点と線の名刑事コンビ登場!相模湖畔で消えた女と福岡の変死体を結ぶ謎1000キロの距離と時間を超えた難事件…鉄壁のアリバイを崩せるか?真実はカメラが知っている」(4月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ東京開局50周年特別企画 松本清張『強き蟻』 3年後に夫は死ぬ!10億円の財産狙う美貌の妻に群がる4人の男 屋根裏の情事に隠した殺人トリックと欲望!最後に生き残るのは」(7月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張サスペンス 悪女の事件・第一夜 坂道の家〜魔性の女が招く連続殺人の罠!美しい理容師に全財産を奪われた初老の男!!嫉妬と憎しみの殺意…浴室の氷のトリック(松本清張二夜連続ドラマスペシャル 坂道の家)」(12月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張サスペンス 悪女の事件・第二夜 霧の旗 無実の弟の弁護を断った弁護士に対する復讐を描く傑作サスペンス!殺人の汚名を着せられたまま獄中で死亡した弟への悲しみが、1人の女を悪女へと変貌させる!(松本清張二夜連続ドラマスペシャル 霧の旗)」(12月07日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ東京開局50周年特別企画 松本清張ドラマSP『黒い画集−草−』 清張医療サスペンスの傑作!大病院の闇…不倫、失踪、医療ミス そして雨の夜に3件の連続殺人…白い巨塔に隠された驚愕の陰謀」(3月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「月曜ゴールデン特別企画 松本清張サスペンス 影の地帯 大学教授失踪!?森に消える白い家・幻の黒髪の美女は敵か味方か…湖に捨てられた木箱の謎?蛍の里山に渦巻く悲しき欲と業」(7月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張特別企画 共犯者 夫を殺して!報酬は5000万円…整形手術で成功を手にした女社長が堕ちた罠!!福岡から東京へ…封印した過去から迫る謎の脅迫者!傑作清張サスペンス」(9月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張二夜連続ドラマスペシャル 第一夜 地方紙を買う女〜作家・杉本隆治の推理 金沢の地方紙で連載している推理小説を、東京の女性から購読したいという依頼があったことを聞き、疑念を抱くことから始まる傑作ミステリー!」(3月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張二夜連続ドラマスペシャル 第二夜 黒い樹海 唯一の肉親である姉を事故で亡くした新聞記者・祥子。その事故に隠された姉の嘘と秘密とは…。松本清張の傑作が再び甦る!!」(3月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「松本清張特別企画 喪失の儀礼 松本清張の長編推理小説!中伊豆の旅館と深大寺の公園で発生した医師連続殺人…。かつてコンビを組んだ変わり者刑事・大塚と須田が事件の謎を追う」(3月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレミアム「松本清張スペシャル かげろう絵図 大奥に暗躍する巨悪に立ち向かう女の密命は大奥粛正!愛する男のために命をかける!」(4月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
・『眼の壁』から出題がありました。
「ミステリーキューブ 名作ミステリーを凝縮▽華麗なトリックを見破り密室から脱出せよ!▽松本清張が仕掛けたわなに挑戦だ」(8月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【特報】松本清張先生、未収録短編発見さる!!その名も『女に憑かれた男』!!

【2015年】松本清張先生『女に憑かれた男』に続く未収録短編作品見つかる!!その名は『渓流』とのこと!!

「張込み (新潮文庫―傑作短篇集)」です!!
張込み (新潮文庫―傑作短篇集)



キンドル版「張込み―傑作短編集(五)―」です!!
張込み―傑作短編集(五)―



「火曜サスペンス劇場 松本清張スペシャル 一年半待て [DVD]」です!!
火曜サスペンス劇場 松本清張スペシャル 一年半待て [DVD]



キンドル版「清張映画にかけた男たち―『張込み』から『砂の器』へ―」です!!
清張映画にかけた男たち―『張込み』から『砂の器』へ―

【関連する記事】
この記事へのコメント
こんばんは、このドラマを見てふと思ったのは童話の「赤い靴」でした
岡島との結婚と言う赤い靴を履いたさと子は夫を手にかけ子供にも心の傷を負わせた
それでも踊ることは止められない当の岡島が去ってもです
そんなさと子の足を切り止めたのが滝子でした
その滝子も周囲の思惑という赤い靴を履かされたことで一生踊り続けないといけなくなりました。
滝子の足を切り落としてくれる人間は現れるのでしょうか


白雪姫の継母の熱い鉄の靴とも悩んだのですがこちらにしてみました


話は変わりますがあの「数は力だよ」の警視庁捜査一課長の再々放送が決まったようですね。関西では今度の木曜21日のお昼2時ごろからされるみたいです。
ちょうどこの枠は2時間ドラマ再放送枠だったのでアレですがとても気になるところで終わったのでなんとかして見ようと頑張ります。

ではこれで失礼します
Posted by 花 at 2016年04月18日 01:16
Re:花さん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

なるほど、さと子は心の中で誰かに止めて欲しかったのかもしれませんね。
そして、滝子もまた……。

一方、地震で大変なことになってしまいました。
多くの方が心を痛められているものの、まだまだ終息が見えません。
拡大するのでは……との不安の声も見受けられます。
そんな中、決まった「警視庁捜査一課」1話の再々放送。
これが少しでも早く日常を取り戻し、皆が笑顔で視聴出来る日への第一歩となることを願ってやみません。
Posted by 俺 at 2016年04月20日 02:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435097818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック