2016年04月06日

「実は私は」第154話「勘違いしよう!!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第154話「勘違いしよう!!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧は本記事下部に移動しました。

<あらすじ>

〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜

「アナザル」こと「絶対に秘密を守れない男」黒峰朝陽は憧れのヒロイン・白神葉子の秘密を知ってしまった。
その秘密とは「白神葉子がハーフの吸血鬼である」こと。
朝陽は葉子の為に、この秘密を守らねばならない―――。
取り巻く人々を相手に、朝陽は秘密を守り抜くことが出来るのか?

矢先、実は宇宙人であった委員長・渚、狼男で肉食系女子な獅穂、悪魔っ娘の茜、未来人の凛、幼馴染のみかん、天使の華恋も加わって……。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

川のせせらぎを見下ろしながら、なにやら溜息を吐く鳴。
そんな鳴の後ろでは結香、咲、閃の3人がひそひそと話し合っている。

「やっぱり、失恋が……」
「ええ……」

呟く咲に頷く結香。
どうやら、鳴が岡に失恋したことで傷心していると考えているようだ。

「それにしても大人な雰囲気」
「失恋を経験して変ったね」

3人は鳴が醸し出すアンニュイな空気に驚いていた。
しかし、当の鳴はと言えば全く別の事柄が頭を占めていたのである。

(歯が痛い……)

そう、鳴は歯痛に悩んでいたのだ。

(痛いけど、歯医者行きたくないなぁ……それに、よく考えれば痛くない気もするし)

歯医者を避けるべきか否か―――憂鬱な表情を浮かべ物思いに耽る鳴。
その姿が余計に結香たちの勘違いを助長してしまう。

何とかして鳴を励まそうとする結香たち。
だが、その度に鳴に軽くあしらわれてしまう。

それもそうだろう、鳴は歯痛に悩んでいるのであって失恋には悩んでいないのだから。
そうこうしているうちに、結香たちは失恋を経験し鳴が大人の階段を上ってしまったことが原因なのではと考えるように。

結香と咲は互いに背伸びして大人の女性を演じて対抗しようとするが、セコンドの閃がタオルを投げざるを得ないほどの惨状に陥ってしまう。
むしろ、結香と咲の方が励ましを必要とするほどであった。

そんな中、鳴の隣に並び立つ影が1つ。
その正体は涼であった。
涼もまた何やら溜息を吐きつつ物思いに耽っている。

とはいえ、考えているのは生活費のこと。
どうやら渚にたかったものの『食べられる野草』の本を渡され拒否されたらしい。
今は野草をもぐもぐと口に含みながら「ギリギリ逃げればきっと大丈夫。たぶん大丈夫。嶋少年に頼るべき……」と考え込んでいた。

その背中に哀愁を見出した結香と咲は「やっぱり大人は違う」と心が折れてしまう。

此処で閃が立ち上がった。
閃は結香と咲が「本当にしたいこと」は何かを問う。
「自分たちが鳴を励ましたい」のか「ただ鳴を励ましたい」のか―――と。

結香たちはもちろん後者だ。
ならば、鳴を心配している他の者の助けを借りれば良い。
結香たちは朝陽の助けを乞うべく走り出す。

残された閃は時間を稼ぐべく、1人で鳴と対峙する。
もちろん、鳴が歯痛に悩まされていると気付くこともなく……。

数分後、学校内で岡たちと話し込んでいた朝陽は結香たちから「鳴が失恋したこと」を知らされ愕然としていた。
しかも、相手は岡である。

此の世の終わりのような顔を浮かべる朝陽に対し、どこかほっこりとした表情を浮かべる結香たち。
一方、岡は朝陽に謝罪し、嶋とさくらは驚いていた。

暫し戸惑う朝陽であったが、結局は岡を許すことに。
こうなれば鳴を何としても立ち直らせねばならない。
責任を感じた岡を連れ結香たちは鳴のもとに走り出す。
何か大きな間違いを犯しているのではないかと感じつつ。

その頃、閃はと言えば大きな間違いの意味に気付いていた。
閃から「皆が心配している」と聞かされた鳴は「そんなに歯の心配をしてくれてるの!!」と大喜び。
「これ以上は心配を掛けられない」と歯医者へ向かうことに。

これと歯科医院前で行き会った岡は「ごめん!!」と謝罪するのだが……。
その目の前で鳴は「あっ、歯を治療して来ます」と歯医者に消えてしまう。

周囲に煽られた挙句に壮絶な自爆を遂げた岡、あまりといえばあまりの事態に呆然とするのであった―――155話に続く。

充実の「実は私は」が読めるのは「週刊少年チャンピオン」だけ。
本誌で確認せよ!!

<感想>

「週刊少年チャンピオン」にて「さくらDISCORD」を連載されていた増田英二先生の新作。
「さくらDISCORD」は未読の管理人ですが、1話を読んで注目している作品です。
コミックス1巻に続き2巻、3巻、4巻、5巻、6巻、7巻、8巻、9巻、10巻、11巻、12巻、13巻、14巻、15巻も重版出来とのことで目出度い。さらに16巻も発売。
そして、本作かなり面白い!!

2015年7月にはアニメ化も果たしており、シーズン2製作の報が待たれます。

【第EXTRA話】アニメ版「実は私は」スタッフさんとキャストさんの一部を明らかにされよう!

また、本作が遂に舞台化とのこと。
こちらも注目です!!

増田英二先生「実は私は」が舞台化とのこと!!

その154話。
サブタイは「勘違いしよう!!」。

今回、メインももちろんのことサブも面白かったですね。

まずはメイン。
こちらは鳴の歯痛が思わぬ騒動に。
結果、岡がもっとも被害に遭うことに。
煽りにもあった通り、岡君が玩具にされていました。
ちなみに、鳴の失恋を知った朝陽の顔も一読の価値あり。
朝陽はあんな顔をするとは思わなかったなぁ……。

そしてサブ。
本筋には関わらないものの、コマの隅で嶋が涼を見つけて追いかけてたり(そんな嶋を止めようとさくらが追っている)、オチの歯医者前で何処から聞きつけたのかそれまで居なかった筈のみかんが立ってたり。
嶋の件は涼が思い切って連絡を取ったのかな!?
また、久しぶりにみかんの外道クイーンぶりが密かに際立つ回でしたね。

うむ、今回も充実した回ですな。
多くは語るまい、とりあえず読め!!

そう言えば、上でもお伝えした通りコミックス15巻も発売。
表紙は1巻の葉子、2巻の渚、3巻の獅穂、4巻の茜、5巻のフクちゃんとみかん、6巻の凛、7巻の明里さんに続き、8巻が銀華恋、9巻が渚とみかんのコンビ、10巻が1周回って葉子、11巻は獅穂と凛コンビ、12巻は緑苑坂弓と桐子の夫婦コンビ、13巻は桃地結香、14巻は水奈川咲と葉子に!!
そして15巻は獅穂たち三人娘に!!ああ、嶋よ……。
こうなると16巻は「明里とさくら」か「明里、茜、華恋」かなぁ。
と思いきや16巻表紙は「ウェディングドレス姿の明里」に、一瞬誰だか戸惑うほどの変身ぶりを見せる表紙となっていますね。
どうやら、17巻は「みかんと岡」か「みかん単独」になりそうか。

ちなみに、上記のあらすじは本作の魅力を伝えられるよう改変を加えてまとめていますが、その面白さを伝えきれていません。
やっぱり、あの絵とコマ割りなどのテンポあっての本作。
是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を読んで欲しい。

もう1度繰り返しましょう。
本作に興味を持たれた方には、是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を捜して読んで欲しい。
最近の「週刊少年チャンピオン」は本作など本当に粒揃いでクオリティが高い作品が多い。
注目の雑誌の1つと言えるでしょう。

◆関連過去記事
「実は私は」第1話から第150話まで(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)まとめ

「実は私は」第151話「焼き芋を作ろう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第152話「血を吸おう!」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「実は私は」第153話「紅本茜」(増田英二作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

登場人物一覧:
黒峰朝陽:主人公、通称「アナザル」。
白神葉子:朝陽の意中の人物。ある秘密が……。
紫々戸獅狼:葉子の幼馴染。彼もまたある秘密を……。
紫々戸獅穂:葉子の幼馴染。彼女もまたある秘密を……。

藍澤渚:クラス委員長。彼女にも秘密が……。
藍澤涼:渚の兄、意外な形で登場することに……。
紅本茜:紅本の親族らしい。彼女にも秘密が……。
紅本明里:教師。彼女にも秘密が……。
黄龍院凛:33話より登場した謎の少女。彼女にも秘密が!?
黄龍丸:凛が駆るドラゴン。52話にて意外な正体が明らかに。

朱美みかん:朝陽の幼馴染。新聞部所属。通称「外道クイーン(オレンジ)」。
岡田:朝陽の友人の1人。通称・岡。眼鏡が特徴。割と友人想いの様子。146話にてフルネームが「岡田奏」と判明。
嶋田:朝陽の友人の1人。通称・嶋。軽い。124話にてフルネームが「嶋田結太」と判明。
桜田:朝陽の友人の1人。通称・サクラ。渋い。
フクちゃん:「福の神見習い」を名乗る眼鏡。
フクの介:フクちゃんの先輩。やはり眼鏡。
フク太郎:フクちゃんとフクの介の先輩。やはり眼鏡。
フク蔵:フクちゃんとフクの介とフク太郎の先輩。やはり眼鏡。
手崎:文字通り茜の手先な料理教室のシェフ。

朝陽の父:朝陽の家族。22話に初登場。
朝陽の母:朝陽の家族。22話に初登場。
黒峰鳴:朝陽の妹。22話、28話、48話に登場。48話にて名前と顔が判明。92話で高校に進学。
白神源二郎:吸血鬼。額に十字傷を抱く巨人。39話にて名前が判明。
白神桐子:葉子の母で人間。和服の美女。38話にて名前が判明。
銀華恋:茜に続く第2のツノツキ……の筈だったが。58話から登場。

緑苑坂弓:朝陽たちの副担任、実は源二郎。92話から登場。
桃地結香:忍者少女、92話(実際は105話)から登場。ある秘密が……。
黄龍院閃:鳴、結香のクラスメートの男子。瓶底眼鏡に腰の日本刀がトレードマーク。132話で苗字が判明。
水奈川咲:結香、閃、鳴のクラスメート。109話から登場。ある秘密が……。
箱入り娘:114話終盤に登場した謎の人物!?
白雪:茜の前任の諸晴高校校長、153話に名前が登場。

稲葉:葉子のクラスメイト。
松本:葉子のクラスメイト。
佐々木:葉子のクラスメイト。彼氏と別れたばかり。

「実は私は(16): 少年チャンピオン・コミックス」です!!
実は私は(16): 少年チャンピオン・コミックス



「実は私は(15): 少年チャンピオン・コミックス」です!!
実は私は(15): 少年チャンピオン・コミックス



こちらはキンドル版「[まとめ買い] 実は私は」です!!
[まとめ買い] 実は私は





キンドル版「透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
透明人間の作り方 (少年チャンピオン・コミックス)





キンドル版「[まとめ買い] さくらDISCORD」です!!
[まとめ買い] さくらDISCORD



【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435649643
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック