2016年05月21日

『自殺予定日』(秋吉理香子著、東京創元社刊)

『自殺予定日』(秋吉理香子著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

「美しく強かな継母が父を殺した」父の死後、生命保険金と遺産、そして順風満帆のビジネスを引き継ぎ、生き生きと活躍を始めた継母の姿に、女子高生の瑠璃はそう確信する。けれど誰にも信じてもらえない。
天涯孤独となった瑠璃は、死をもって継母の罪を告発するため、自殺の名所と言われる山奥で首を吊ろうとし――
そこで幽霊の裕章と出会った。彼は継母の罪の証拠を見つけようと提案する。期限以内に見つからなければその時死ねばいいと。
今日から六日後――それが瑠璃の自殺予定日となった。すべての予想を裏切る、一気読み必至の傑作ミステリ!
(東京創元社公式HPより)


<感想>

リーダビリティの高い長編作品です。

周囲に絶望していた瑠璃、だがその絶望は真実だったのか!?
一度は死を選びつつも、改めて目的の為に生を選んだ瑠璃が突き止めた真実。
それにより、瑠璃は自己愛で自身の視野が如何に狭窄に陥っていたかを知ることに。

人は誰しも1人では生きて行けない、瑠璃は多くの人に支えられていました。
そして、この出来事を通じてそれに気付き、大きな視点から周囲を見渡すことが出来るようになった。
そんな成長を描いた作品、何と言っても爽やかなラストは心地よいです。

また、本作には次の2つのサプライズが用意されています。

1つ目、れい子の真実。
2つ目、裕章の真実。

果たして、瑠璃が辿り着いた真実とは!?

あらすじはまとめやすくかなり改変しています。
あくまで本作のエッセンスを伝える雰囲気程度とお考えください。
興味をお持ちの方は本作を読むべし!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
瑠璃:主人公の少女
裕章:瑠璃が出会った男子
れい子:瑠璃の継母


女子高生の瑠璃は継母・れい子への憎しみを募らせていた。
何故なら、瑠璃はれい子が彼女の父を殺害し財産を奪ったと信じているからだ。
現に、れい子は瑠璃の父が謎の死を遂げた直後から事業を受け継ぐと、悲しむ素振りを見せることなくこれに取り組み、むしろ父の代を上回るスピードで急成長を遂げさせていた。

そもそもれい子が父と結婚したこと自体が不自然だったのだ。
初めから父を殺し会社を乗っ取るつもりだったに違いない。
そう考える瑠璃だが、誰も彼女の言葉には耳を貸そうとする者は居なかった。
誰もがれい子を企業人として優秀で、家庭人として優しい継母であると疑わなかったのだ。

ショックを受けた瑠璃は自殺を試みようと山奥の村へ。
ところが、其処で裕章という同い年ぐらいの男性に止められることに。
しかも、驚くべきことに裕章は瑠璃と同じような経緯で死を選んだ幽霊だと言う。
裕章に説得された瑠璃は6日の期限を設けると、れい子の悪事の証拠を掴もうと動き出す。

遂に、父の死後にれい子が毒物を処分していたことを知った瑠璃は彼女と対決するのだが……。

当のれい子から父の遺書を渡される。
なんと、父の死は経営に行き詰った為の自殺だったのだ。
この保険金で会社が持ち直し、れい子の事業手腕で拡大していたのである。
れい子は瑠璃の心を慮り、事実を隠蔽すべく遺書を隠し毒を処分したのだ。

これを知った瑠璃はれい子と和解。
また、この間に惹かれていた裕章に想いを打ち明ける。
此の世にあらぬ裕章に儚い恋と思われたが……。

実は裕章は生きていた。
幽霊だと告げたのは瑠璃を反発させることなく説得する為の真っ赤なウソだったのだ。

瑠璃と同じく、彼女に惹かれていた裕章。
こうして、瑠璃と裕章は恋人同士として生を謳歌するのであった―――エンド。

◆関連過去記事
【2015年7月】角川書店刊『小説屋sari-sari』がリニューアルとのこと!!

「自殺予定日」です!!
自殺予定日



キンドル版「自殺予定日」です!!
自殺予定日

posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

『タルタルステーキの罠』(近藤史恵著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.76 APRIL 2016』掲載)

『タルタルステーキの罠』(近藤史恵著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.76 APRIL 2016』掲載)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

タルタルステーキを、「本日のメニュー」に載せてほしいという客が現れた……
(東京創元社公式HPより)


<感想>

「ビストロ・パ・マル」シリーズの短編です。
本シリーズは「商店街の小さなフレンチ・レストランであるビストロ・パ・マルを舞台に三舟シェフが来店客の不可解な行動から彼らの抱える問題や謎を解き明かす作品」。
三舟シェフは「ビストロ・パ・マル」から動かないので「安楽椅子探偵もの」と言えるでしょう。

シリーズは全て短編から成り立っており、既刊には『タルト・タタンの夢』と『ヴァン・ショーをあなたに』の2作が存在。
また、本シリーズの未収録短編も2016年時点で本作『タルタルステーキの罠』を含めて数作があるのでそろそろシリーズ第三弾にも期待出来そうかな。
ちなみに「ビストロ・パ・マル」シリーズには原尾有美子先生作画によるコミカライズ版も存在しています。

さて『タルタルステーキの罠』。
美味しそうなタイトルとは裏腹に「ビストロ・パ・マル」に意外な陰謀が張り巡らされることに。
メニューに無い「タルタルステーキ」をわざわざ載せて欲しいと申し出た客の狙いとは!?
其処にはある想いが秘められていました。
そして、今回も三舟シェフの推理が冴え渡ります。

あらすじはまとめやすくかなり改変しています。
あくまで本作のエッセンスを伝える雰囲気程度とお考えください。
興味をお持ちの方は『ミステリーズ!』を読むべし!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
三舟シェフ:ビストロ・パ・マルのシェフ、類稀な推理力を持つ。
福岡:今回の依頼人。
亜子:福岡の親友、緒方とは嫁姑の関係。妊娠中。
緒方:亜子の姑。


今日も「ビストロ・パ・マル」へ来客が。
福岡と名乗った女性客によれば、彼女の親友である亜子とその姑・緒方の為にシェフに腕を奮って欲しいらしい。
何でも、緒方は着付け教室の教師で礼儀に厳しい人物、また「タルタルステーキ」が大好物なのだそうだ。

シェフにとって「タルタルステーキ」はメニューにこそ載せていないが作れないことはない料理。
厳格な緒方もメニューに無い料理を振る舞われたと知れば喜ぶだろうと考えたのだが……。
奇妙なことに福岡はタルタルステーキをわざわざメニューに載せてくれないかと依頼して来た。

その意図を訝しむシェフであったが亜子が妊娠中であると知るや、ある推理に辿り着く。

亜子は「トキソプラズマ」を患っていたのだ。
当然、胎児にも大きな影響が出るに違いない。
厳格な緒方は嫁の失態だと亜子を責めて遂には追い出してしまうかもしれない。

其処で亜子の親友の福岡は緒方が「タルタルステーキ」に目が無いことを利用した。
「トキソプラズマ」の感染源の1つとして有名な物が「タルタルステーキ」なのだ。
緒方の為に用意した席で亜子が「タルタルステーキ」を食べて患ったとすれば、緒方も強く出られないだろうとの予測であった。

シェフの推理を聞いた福岡はこれをあっさりと認めた。
どちらにしろ緒方は亜子を義理の娘とし、孫を迎えるのだ。
ならば、少しでも2人が仲良く出来る道を模索した方が互いの為だろう。
それが彼女の考えだった。

図らずも「タルタルステーキ」を提供することで悪役を演ずることとなったシェフであったが、福岡の考えに同意することに―――エンド。

◆関連過去記事
『タルト・タタンの夢』(近藤史恵著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『天使はモップを持って』(近藤史恵著、実業之日本社、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「探偵Xからの挑戦状!」より「メゾン・カサブランカ(解決編)」ネタバレ批評(レビュー)

近藤史恵先生の〈ビストロ・パ・マル〉シリーズがコミック化!!

・「キキコトバ」第一回についての記事はこちら。
近藤史恵さん「タルト・タタンの夢」朗読劇開催!!

・「キキコトバ」第ニ回についての記事はこちら。
近藤史恵さん「タルト・タタンの夢」豪華声優陣による夢の朗読劇がふたたび!!

「ミステリーズ! vol.76」です!!
ミステリーズ! vol.76



「タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)」です!!
タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)



キンドル版「タルト・タタンの夢」です!!
タルト・タタンの夢



「ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫)」です!!
ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫)



キンドル版「ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫)」です!!
ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫)



キンドル版「[まとめ買い] ビストロ・パ・マルの事件簿(サンデーGXコミックス)」です!!
[まとめ買い] ビストロ・パ・マルの事件簿(サンデーGXコミックス)

posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

『歯と胴』(泡坂妻夫著、東京創元社刊『煙の殺意』収録)

『歯と胴』(泡坂妻夫著、東京創元社刊『煙の殺意』収録)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

●北森鴻氏推薦――「これまでもこれからも、僕の短編ミステリの大切なお手本です」

捜査そっちのけの警部と美女の死体に張り切る鑑識官コンビの殺人現場リポート「煙の殺意」を表題に、知る人ぞ知る愛すべき傑作「紳士の園」や、往復書簡で綴る地中海のシンデレラストーリー「閏の花嫁」など、問答無用に面白い八編を収める。

目次
「赤の追想」
「椛山訪雪図」
「紳士の園」
「閏の花嫁」
「煙の殺意」
「狐の面」
「歯と胴」
「開橋式次第」
(東京創元社公式HPより)


<感想>

短編集『煙の殺意』に収録された短編です。

主人公の完全犯罪が、被害者・安子の女性らしい見栄から崩壊する物語。
解剖を担当した夫自身がソレと気付かなかったことから、あの事実は夫にも内緒だったんだろうなぁ……。
B.S.バリンジャー『歯と爪』をアレンジしたタイトルも面白い。

『歯と爪』(ビル・S・バリンジャー著、大久保康雄訳、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

ちなみに、ネタバレあらすじはかなりアレンジを加えているので注意。
真に衝撃を味わう為にも原典に当たるべし。

<ネタバレあらすじ>

・『歯と胴』

司法解剖医である教授に反抗心を抱く助手は、いつしか同様に教授に不満を抱く教授の妻・安子と不倫関係を持つことに。
助手は安子の豊満な胸に溺れることに。

いつしか、安子は教授に愛人がいることを指摘し、彼を殺すので協力して欲しいと依頼する。
これに一度は応じる助手だったが……。

よくよく考えれば教授を殺すことにメリットがないことに気付いた助手。
それよりも、安子が生きていることの方が不倫の秘密が露見しかねず危険である。

こうして、助手は安子に協力する振りをしつつ彼女を殺してしまった。
安子を解体し、手足は指を一本一本切断し海に撒いた。
残った胴を埋め、これで万全かと思われたが……。

数年後、教授は安子の失踪を気にする様子も無く、これに乗じて愛人と再婚してしまった。
助手を疑う素振りも無い。

その矢先、安子の胴が発見されてしまう。
しかも、担当の解剖医は教授になってしまった。
なんという奇縁だろうか。

とはいえ、今更だ。
特定される筈もないと高をくくっていた助手だが。

解剖していた教授は口にする。
「おや、これは珍しい。豊胸手術をしているじゃないか。これならすぐにでも特定出来るだろう」と―――エンド。

◆関連過去記事
『しあわせの書〜迷探偵ヨギ ガンジーの心霊術〜』(泡坂妻夫著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『乱れからくり』(泡坂妻夫著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『煙の殺意』(泡坂妻夫著、東京創元社刊『煙の殺意』収録)ネタバレ書評(レビュー)

水曜ミステリー9「カメラマン 亜愛一郎の迷宮推理 “本物を見抜く眼”が暴く真実!写真は語る!?気弱な天才が完全犯罪に挑む」(11月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

曾我佳城 (奇術探偵曾我佳城全集)

これぞリアル!?ヨギ・ガンジー!?

泡坂妻夫先生の幻の名作『生者と死者』(新潮社刊)が復刊とのこと!!

【続報】遂に魔術師の演目判明!!『泡坂妻夫引退公演』収録作品はコレだ!!

マジシャンの本領発揮!!泡坂妻夫先生、最後の短編集『泡坂妻夫引退公演』発売決定!!

【続々報】『泡坂妻夫引退公演』発売日延期……も未収録短編2編が追加される!!

お洒落で異性にモテるミステリを知りたい……と思いませんか?

知人が「謎解きはディナーのあとで」でミステリにハマった!!では、次に奨めるべきミステリは?

【2016年4月、5月】「泡坂妻夫先生展示会」が豊島区立中央図書館さんにて開催中!!

「煙の殺意 (創元推理文庫)」です!!
煙の殺意 (創元推理文庫)



こちらは東京創元社版、キンドル版「亜愛一郎の狼狽」です!!
亜愛一郎の狼狽



こちらは角川版、キンドル版「亜愛一郎の狼狽 亜愛一郎シリーズ(角川文庫)」です!!
亜愛一郎の狼狽 亜愛一郎シリーズ(角川文庫)



キンドル版「亜愛一郎の転倒 亜愛一郎シリーズ(角川文庫)」です!!
亜愛一郎の転倒 亜愛一郎シリーズ(角川文庫)



キンドル版「亜愛一郎の逃亡 亜愛一郎シリーズ(角川文庫)」です!!
亜愛一郎の逃亡 亜愛一郎シリーズ(角川文庫)



キンドル版「喜劇悲奇劇 (創元推理文庫)」です!!
喜劇悲奇劇 (創元推理文庫)



キンドル版「妖女のねむり (創元推理文庫)」です!!
妖女のねむり (創元推理文庫)



「しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術 (新潮文庫)」です!!
しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術 (新潮文庫)



「生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)」です!!
生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)



「ヨギガンジーの妖術 (新潮文庫)」です!!
ヨギガンジーの妖術 (新潮文庫)



「泡坂妻夫引退公演」です!!
泡坂妻夫引退公演

posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする