2016年04月29日

木曜ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」第2話(4月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」第2話(4月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

神宮寺法律事務所の顧問先である『シンヨーメディカル』という会社が、元社員から不当解雇で訴えられ、咲坂健人(竹野内 豊)と熱海優作(賀来賢人)が当該案件を担当することに。解雇理由は「会社の経費で飲み食いするばかりで期待したほどの働きをしなかった」というものだったが、解雇された元社員・小西勝也(野間口徹)は『シンヨーメディカル』と“年俸1200万円の3年契約”を結んでおり、1年で解雇されたのは『労働契約法』に反する、というのが相手側の言い分だった。
小西側の言い分はもっともで、熱海は勝ち目がないと判断するが、咲坂は『シンヨーメディカル』の依頼を引き受け、小西の代理人・宮前克美(モロ師岡)と交渉を開始。すると小西は1年での解雇を認める代わりに、残り2年分の給与・2400万円を支払うことを求めてくる。

一方、夏目佳恵(松雪泰子)と赤星元(山崎育三郎)は顧問先『チドリ電工』の合併案件を扱っていた。
合意を目前にして、合併相手の『唐松物産』から「白紙にしたい」という申し出があったことで、佳恵は『唐松物産』側の代理人と直接交渉を試みる。しかし約束の場所に現れた代理人は宮前だった!なんと佳恵と咲坂は別々の案件で同じ代理人と戦うことになってしまったのだ…!

ボスの神宮寺一彦(國村隼)から「同じ代理人にふたりとも負けたりしたら、ウチはレベルの低い事務所だと思われる」と発破をかけられた咲坂と佳恵。仕事においてライバル心むき出しのふたりは、自分の案件だけは負けまいと、我先に宮前との交渉を開始する。だがそんな咲坂たちをあざ笑うかのように、手玉に取る宮前。ついにしびれを切らした咲坂は、反則技とわかりつつも、宮前の依頼人である小西に会うという挑発的な行動に出る!
さらに小西の経費使用履歴の整合性を確認するため、ある手段を…!
(公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……

咲坂健人は「神宮司法律事務所」のやり手パートナー弁護士。
元妻で同じ事務所の弁護士である夏目佳恵とは、間に2人の愛娘・みずきを挟みつつ愛情とも反目とも付かない関係を続けている。

そんな咲坂だが、顧問先の1つ「シンヨーメディカル」から相談を持ちかけられる。
小西勝也なる元社員から不法解雇で訴えられたそうなのだ。
小西は「年棒1200万円で3年契約」を結んでいたが、雇用から1年間全く成果を上げず接待と称して飲食を繰り返していた。
其処で「シンヨーメディカル」側が「給料泥棒」として解雇に踏み切ったのである。
しかし、小西は「2年も契約期間が残っているのに解雇したのは不当」として宮前克美弁護士を代理人に「解雇の撤回」あるいは「残る2年分の給与・2400万円の支払い」を求めたのだ。
勝ち目なしと断じる熱海であったが、咲坂はこの依頼を引き受けることに。

同じ頃、佳恵のもとにも顧問先「チドリ電工」から相談が。
こちらは「唐松物産」との合併話を進めていたが急に白紙撤回されたことで狼狽していた。
もしも、合併話が流れれば「チドリ電工」は倒産しかねない状態に追い込まれていたのだ。
こうして、佳恵は「唐松物産」の代理人と交渉することに。
ところが、「唐松物産」の代理人もまた宮前弁護士だったのである。

こうして、同じ宮前弁護士相手に戦うこととなった咲坂と佳恵。
互いに強いライバル心を抱く2人は負けられないと意気込むことに。

それぞれ対宮前に向けて行動する2人。

まずは佳恵だが「唐松物産」側が合併後の資金繰りを気にしていると知るや「顧問先の別会社に合併後の株式のうち15パーセントを購入して貰うこと」で話をまとめた。
言わば「唐松物産」側のメリットを提示することで落着させたのだ。

続いては咲坂……の筈であったが、こちらが大苦戦することに。
困った咲坂は小西を直接訪ね、彼が意図的に「シンヨーメディカル」を嵌めたことを確信する。
小西は過去にも「四葉メディカル医療器」などで同様のことを行って業界を渡り歩いていたのである。

悪びれた様子の無い小西に激怒した咲坂は彼の接待費に注目する。
500万円以上300枚に渡る領収書を前に、その正当性を1つ1つ確認して行く咲坂。
すると、意外な事実が浮上することに。

改めて宮前を訪ねた咲坂は小西は会社を辞める直前に用いた「しゃぶしゃぶ」「焼肉」「ステーキハウス」計3件10万円の経費が不当な物であったと指摘。
それもその筈、小西が同道していた相手は当の宮前だったのである。

宮前は事前に「辞めさせられそうなのだがどうすれば良いか」と小西から飲食を提供されながら相談を受けていたのだ。
ところが、小西はこれをこともあろうにこれから刃を向ける「シンヨーメディカル」の経費で落としていたのだ。

場合によっては計画性を窺わせかねない証拠に、宮前は矛を収めることに。
宮前は「咲坂なら過去の被害者を焚き付けて経歴詐称で訴えるぐらいやりかねない」と小西を説得。
結果、小西は請求を取り下げることに。

見事に「シンヨーメディカル」の要望を果たした咲坂。
顧問料の値上げも実現し、上機嫌になるのであった。

一方、みずきは咲坂と佳恵のいがみ合いに心を痛めていて―――エンド。

<感想>

原作なしオリジナル作品。

では、ドラマの感想を。

今回も、咲坂は「相手の土俵ではなく自身の土俵で戦う」との戦法で相手の弱味を見出して勝利を手にしました。
一方、佳恵は「自分も相手もメリットのある、すなわちWIN―WINの関係に持ち込む」ことで勝利を収めました。

まさに、絡め手と王道とでも言うべき勝ち方で対照的です。
これが咲坂と佳恵の性格や考え方に直結しているのかな。
だからこそ、元夫婦同士でありながらライバル関係にある。
これにみずきは強く心を痛めている様子。

ただ、咲坂と佳恵の離婚は性格的な不一致だけではなく、何か直接的なトリガーとなった事件があるようにも思えますが描かれる日は来るのか!?
また、咲坂と佳恵は表向き揉めているようでも裏では互いに実力を信頼し合っているようにも見えるからなぁ……。
何しろ、似ていないようで「負けず嫌い」な点だけはソックリだし。
何とも複雑な夫婦関係と言えそうです。

ちなみに、今回は宮前の優秀さや曲者ぶりがもう少し強調されていても良かったかなぁと思わないでもない。
確かに咲坂と佳恵相手にそれぞれ別の衣装で接したり、公式HPを2つ用意したりと曲者っぽくはあったけど、もう少し実力で「強敵!!」と思わせる何かが欲しかったかなぁ。
少なくとも、咲坂が宮前の行動でピンチに陥る描写があっても良かった気はする。
それでこそ、ラストの咲坂の反撃が胸をすくものになる筈なので。
此の点が今回は些か薄味に感じられました。

とはいえ、まだまだ第2話。次回に期待!!

◆関連過去記事
木曜ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」第1話(4月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「グッドパートナーと出会って納得のマイホームを手に入れた11のストーリー」です!!
グッドパートナーと出会って納得のマイホームを手に入れた11のストーリー



「アドベンチャータイム[メラミンカップ]メラミンコップ/グッドパートナー カートゥーンネットワーク」です!!
アドベンチャータイム[メラミンカップ]メラミンコップ/グッドパートナー カートゥーンネットワーク



posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

「僕のヤバイ妻」2話(4月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「僕のヤバイ妻」2話(4月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

身代金の受け渡しが成功し、真理亜(木村佳乃)は無事解放される。病室に駆け込み「良かった……」と妻の無事を心から喜ぶ幸平(伊藤英明)。しかし、世間をも巻き込んだ誘拐事件は、なんと、夫への復讐を決意した真理亜の仕業だった!

一方、刑事の相馬(佐藤隆太)は幸平への疑いを捨てきれずにいたが、幸平は杏南(相武紗季)との浮気によりアリバイが成立。相馬は何者かが幸平を犯人に仕立てようと偽装工作した可能性があるとして、夫婦と接点をもつ人物を洗い始める。やがて捜査の手は、真理亜の協力者である緒方(眞島秀和)にも伸び――。
その夜、望月家では、真理亜の退院準備をする幸平のもとに横路(宮迫博之)がやってくる。犯人の目星はついている、と元刑事の仮説を披露すると、家の中を調べ始める横路。

翌日、真理亜は退院し帰宅。生まれ変わったように献身的に真理亜を迎える幸平。しかし、部屋で一人になった瞬間、真理亜は自分が誘拐事件に関与している“ある決定的な証拠”を幸平に見られてしまう!「真理亜……お前だったのか……」にわかには信じがたい光景を目の当たりにし、衝撃を受ける幸平。すると真理亜はついに恐ろしい素顔をあらわにして……!?
(公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……

望月幸平と真理亜は傍目には幸せな夫婦であった。
だが、望月は愛人・杏南が出来たことから真理亜を疎んじ殺害を目論むように。
矢先、当の真理亜が何者かに誘拐されてしまう。
真理亜の不在により逆説的に彼女の愛を感じた望月は2億円の身代金を支払うことで彼女を取り戻すが……。

真理亜誘拐事件の担当刑事・相馬は望月による犯行を疑っていた。
だが、望月には杏南とのアリバイが成立したことで、今度は別の人物による犯行を疑い始める。
相馬が目を向けたのは真理亜の後輩・緒方であった。

一方、望月は元刑事の横路と共に誘拐事件の犯人探しを行っていた。
横路はある新事実を望月に伝える。

同じ頃、杏南は自宅に仕掛けられた盗聴器を発見。
真理亜殺害計画が何者かに洩れていたことに気付く。

その夜、帰宅した真理亜は密かに自宅の盗聴器を回収しようとしていた。
ところが、その現場を望月に見咎められてしまう。

横路が望月に伝えた新事実とは「盗聴器が仕掛けられていたこと」。
だが、仕掛けた犯人を特定すべく敢えて泳がせていたのだ。
これに真理亜が引っかかったのだ。

望月は真理亜こそが誘拐犯であり、全てが自作自演であったことに気付く。

衝撃を受ける望月に、真理亜は彼が用意した毒ワインを保管していることを明かす。
それは望月の殺意を証明する確かな品だ。

弱味を握られ、たじろぐ望月。
其処へ横路から緒方についてある連絡が届く―――3話へ続く。

<感想>

連続ドラマ「僕のヤバイ妻」第2話です。
原作なしオリジナル作品。

ちなみに「重版出来」と並行しての視聴となっています。
今期の火曜22時枠はどちらも興味を惹かれるドラマが並んでいて悩みます。

そんな本作ですが、怒涛の第2話でしたね。
望月が真理亜の正体に気付いただけに、此処からどうなるかが気になるところ。

それにしても、誰と誰が真理亜に協力しているのか。
また、何処から何処までが真理亜の計確通りなのか。
そもそも望月から真理亜への殺意も彼女のコントロール下のものなのか、それとも殺意を持たれたからこそ思い切った行動に出たのか?
望月と真理亜が結婚したこと自体も真理亜の作為ではなかったか?
この辺りがポイントになりそうです。
何しろ、タイトルが「ヤバイ妻」だけにひょっとすると「最初から最後まで真理亜の掌の上」なんてこともあり得るかも!?

3話にも注目ですね。

◆関連過去記事
「僕のヤバイ妻」1話「妻殺しを計画した不倫夫、妻を誘拐される!?」(4月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

和製『ゴーン・ガール』との噂!?「僕のヤバイ妻」は2016年4月19日(火)21時から放送予定!!

キンドル版「ゴーン・ガール 上」です!!
ゴーン・ガール 上



キンドル版「ゴーン・ガール 下」です!!
ゴーン・ガール 下



「【Amazon.co.jp限定】ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) (B2ポスター付) [Blu-ray]」です!!
【Amazon.co.jp限定】ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) (B2ポスター付) [Blu-ray]



「【Amazon.co.jp限定】ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) (B2ポスター付) [Blu-ray]」です!!
【Amazon.co.jp限定】ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) (B2ポスター付) [Blu-ray]

posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

木曜ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」第1話(4月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」第1話(4月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

とある朝、お洒落なセレクトショップを物色するひとりの男――咲坂健人(竹野内 豊)は『神宮寺法律事務所』の敏腕パートナー弁護士。彼は出勤前の時間を使い、顧問先企業の社長へのプレゼントを選んでいた。
その頃、『神宮寺法律事務所』には新人弁護士の熱海優作(賀来賢人)が着任。ボスである神宮寺一彦(國村 隼)から、教育担当となる弁護士を告げられていた。
『神宮寺法律事務所』には咲坂のほかに、夏目佳恵(松雪泰子)、猫田純一(杉本哲太)というふたりのパートナー弁護士と、それぞれ彼らについているアソシエイト弁護士の赤星 元(山崎育三郎)と城ノ内麻里(馬場園 梓)、そしてパラリーガルの九十九 治(大倉孝二)らという存在が。熱海は咲坂のもとで弁護士としての実践業務を学んでいくこととなるが、出勤した咲坂はどこか不満そうな態度をとるのだった。
そんな咲坂に、マミーデザインという会社の社長・重国夕子から著作権侵害訴訟の弁護依頼が舞い込む。広告代理店最大手の帝都広告からの発注で、ある清涼飲料水のキャラクターデザインを作成したものの、スポンサーのイメージに合わないという理由でデザインはボツに。数カ月後、別件で依頼のあった地方の町おこしイベントのキャラクターにそのデザインを使用したところ、帝都広告から著作権侵害で訴えられたという。
損害賠償金として一億円を請求されたと語る重国。両社の間には正式な発注書が交わされており、その書面上には「キャラクターデザインの著作権は帝都広告に譲渡する」という旨の文章が記載されていた…。
圧倒的不利な状況ではあるものの、帝都広告の代理人である『岬&マッキンリー法律事務所』の顧問弁護士の不誠実な態度に咲坂は、神宮寺に「マミーデザインにはビタ一文払わせません!」と全面的に争うことを宣言。『岬&マッキンリー法律事務所』を目の敵にしている神宮寺は、佳恵と猫田に咲坂をサポートするよう指示し、総力戦で絶対に勝利をモノにするよう命じる!

帝都広告からの訴状に目を通した佳恵と猫田は「勝ち目なし」と口を揃える。「俺は降りる」とサポートを放棄した猫田に対し、佳恵は継続を表明。だが咲坂が密かに考案していた反撃作戦を聞いた佳恵は、そのあまりに無謀な案に絶句する…!
(公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……

新人弁護士・熱海優作は期待に胸を膨らませていた。
彼は希望通り「神宮司法律事務所」に採用が決定したのだ。

その出勤初日、熱海は事務所のボスである神宮寺一彦から教育担当となる弁護士を紹介される。
その人物こそ「神宮司法律事務所」のパートナー弁護士・咲坂健人であった。

「神宮司法律事務所」には「パートナー弁護士」と「アソシエイト弁護士」が3人ずつ存在していた。
また「パートナー弁護士」と「アソシエイト弁護士」は1人ずつコンビを組むことが決められていた。

「神宮司法律事務所」の場合は咲坂健人、夏目佳恵、猫田純一の3人が「パートナー弁護士」であり、「アソシエイト弁護士」には佳恵の下に赤星元、猫田の下に城ノ内麻里が付いていた。
これに咲坂の下に熱海が付くこととなる。
他にパラリーガルとして九十九治らが働いており、彼らが事務手続きなどを代行することになる。

初日ということもあって意気込む熱海だが、咲坂はかなり個性的な人物であった。
結果、着任早々から振り回されることに。

矢先、咲坂にデザイン会社「マミーデザイン」社長・重国夕子から依頼が舞い込んだ。
広告代理店最大手「帝都広告」からデザインについて著作権侵害で訴えられたのだそうだ。

実は夕子は過去に「帝都広告」からの発注を受けて、ある清涼飲料水のキャラクターデザインを作成した。
ところが、そのデザインは担当者から一方的に没にされてしまった。
数ヵ月後、別件で依頼があった町おこしイベントのキャラクターに転用したところ、帝都広告から損害賠償を請求されてしまったと言う。
その金額は一億円、また「帝都広告」と「マミーデザイン」の間では正式な発注書が取り交わされており、その中では「キャラクターの権利は帝都広告に帰属する」との一文が添えられていた。

書類上は「帝都広告」に理があり、「マミーデザイン」が圧倒的不利なこの状況。
当初は渋々ながら引き受けた咲坂であったが「帝都広告」の代理人「岬&マッキンリー法律事務所」の担当者・香田と交渉するや一変する。
香田はクライアントである「帝都広告」の法務部本部長・前園と共に勝利を確信しており居丈高な態度を崩さなかったのだ。
その傲慢な態度に憤った咲坂は完全勝利以外の決着はないと考えるように。

相手が業界最大手の1つ「岬&マッキンリー」であると知った神宮寺もこれを支持し、佳恵と猫田を加えて全面対決を企図する。
神宮司は「岬&マッキンリー」に苦い想いを抱いていたのである。

しかし、猫田は早々に匙を投げてしまい離脱。
佳恵もまた勝てないと判断し、独自に香田と現実的な賠償金額についての交渉を開始する。
だが、咲坂にはある秘策があった。

その夜、帰宅した咲坂は1人娘のみずきと寛ぐ。
翌朝、リフレッシュを果たした咲坂は反訴状を用意する。
最初の契約が「帝都広告」に有利過ぎるとの「著作権確認」と、今回の訴訟によりマイナスイメージを蒙ったとして「信用棄損」で逆訴訟を起こしたのだ。

これを伝え聞いた佳恵は「意味がない」と咲坂を批判。
売られた喧嘩を買う形で咲坂も佳恵に挑み、2人は喧嘩別れしてしまう。

何やら口喧嘩に手慣れた様子の2人に戸惑う熱海。
それもその筈、咲坂と佳恵は元夫婦だったのだ。
つまり、みずきは咲坂と佳恵の娘なのだ。

咲坂に任せるべきではないと反発する佳恵は神宮寺に報告。
ところが、これを聞いた神宮寺は咲坂の意図を察しゴーサインを出す。
神宮寺にその狙いを教えられた佳恵も協力するように。

その翌晩、夕子が倒れてしまった。
理由は過労だ、帝都広告の圧力に抗しようとして憔悴してしまったのだ。

夕子を追い込んだ「帝都広告」に激怒した咲坂は前園を訪ね宣戦布告する。
プライドを傷付けられた前園は弁護士会に咲坂の懲戒請求を行うことに。

その頃、「帝都広告」法務部課長・橋本のもとには「岬&マッキンリー」から報酬請求が届いていた。
その金額は実に420万円、タイムチャージ方式故の金額であった。
眉を顰める橋本であったが……。

咲坂による反訴は続いていた。
今度は「不正競争防止法違反に基づく損害賠償請求」を起こしたのだ。

「こんなことでは痛くも痒くもない、時間をかけて徹底的に戦ってやりますよ」
自信満々の香田、それに同調する前園。
だが、この言葉を聞いた橋本はさらに表情を暗くする。

さらに、咲坂による反訴が続く。
今度は「独占禁止法に基づく損害賠償請求」を起こしたのだ。

これに熱海が頭を抱えた。
咲坂の意図を知らない熱海は赤星らに愚痴を零すが……赤星は聞くなり、その意図を看破する。

「神宮司法律事務所」では着手金に成功報酬の合計が弁護士報酬となる。
だが、「岬&マッキンリー」では「タイムチャージ方式」の為に弁護士1人に1時間7万円の報酬が必要となる。
しかも、今回のクライアントが大手の「帝都広告」だった為に「岬&マッキンリー」側では6人をこれに充てていた。
1時間で実に42万円が発生することになる。
加えて反訴状の案件でさらに時間を取られることになり、それが長期化すれば「帝都広告」の負担額は1千万円を超えかねないのだ。

「味方だと思っていた顧問弁護士団が敵に回ることになる」
これこそ咲坂の秘策だったのである。

事実、次々と反訴を繰り返す咲坂により「帝都広告」は報酬の支払いに追われ始めた。
前回の420万円に続き、今度は886万円の報酬請求が届いたのだ。
反訴への対応を含めれば、すぐに2千万円を超えると思われた。

これが続けば社に損失を与えかねない……怯える橋本だが、前園は「幾らかかっても良い」と豪語。
咲坂へもその旨を告げて一切退く気は無いことを示す。

採算度外視で向かって来られたことに動揺する咲坂。
佳恵らは「この敗戦の責任をどう取るのか!?」と詰め寄る。
咲坂にとって明らかなピンチだ。

直後、香田から「訴訟を取り下げたい」との連絡が入った。
前園は対決姿勢を崩さなかったが、社を裏切ることになると怖れた橋本が佐々木専務に報告したのだ。
結果、「帝都広告」はこれ以上の訴訟を望まないことで決まったのである。

思いもよらぬ逆転劇であった。
こうして、咲坂は逆転勝利を掴み取った。
一転、佳恵らも咲坂を褒めそやす。

後日、咲坂たちは勝利に喜んだ夕子と顧問契約を結ぶことになるのであった―――エンド。

<感想>

原作なしオリジナル作品。

では、ドラマの感想を。

「相手の土俵ではなく自身の土俵で戦う」と共に「相手の糧道を断つ」……まさにゲリラ戦法でしたね。
ドラマの意図に沿えば「相手が大きかったが為に動くにもコストがかかる点が自滅に繋がった」と言えるでしょうか。
半ば危険球とも言える奇策でしたが、次回も思わぬ解決策で視聴者をドキドキさせてくれそうです。

そして、咲坂と佳恵の掛け合いは流石に元夫婦の貫録でした。
未だ両親の離婚に納得していない様子のみずきですが、彼女も含めた家族の行方も本作の見所と言えそうです。

それと、猫田先生は毎回、蚊帳の外ポジションなのだろうか!?
また、熱海君の成長エピソードもありそうなので、その辺りも期待です。

「グッドパートナーと出会って納得のマイホームを手に入れた11のストーリー」です!!
グッドパートナーと出会って納得のマイホームを手に入れた11のストーリー



「アドベンチャータイム[メラミンカップ]メラミンコップ/グッドパートナー カートゥーンネットワーク」です!!
アドベンチャータイム[メラミンカップ]メラミンコップ/グッドパートナー カートゥーンネットワーク

posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。