2015年11月16日

「美女缶」ネタバレ批評(レビュー)

「美女缶」ネタバレ批評(レビュー)です!!

ネタバレあります、注意!!

<ネタバレあらすじ>

主人公は独身男性、同棲中の恋人が居るが些か倦怠気味だ。
そんなある日、隣室の男性宅から出て来る美女を目撃し興味を抱く。

とはいえ「出て来た美女に」ではない。
「隣室から美女が出て来たことに」だ。

何故なら、主人公は以前から隣室を出入りする美女を目撃していたのだ。
それはただの1度も同一人物では無かった。
つまり、隣室の住人は複数の女性を部屋に出入りさせているのだ。

この謎に興味を持った主人公は隣室を調べ、その秘密を突き止める。
その秘密とは「美女缶」にあった。
そう、それはインスタントに美女を製造する缶詰だったのだ。
隣室の住人はこれで好きな美女を手に入れたのだろう。

今の彼女と上手く行っていない主人公はこれをこっそりくすねてしまう。
彼女が出張に出た間に、自室で美女を製造することに。

出来上がった美女に満足した主人公は、彼女と交際を始めるが……。
実は「美女缶」の美女には「品質保持期限」が設定されていた。
これを過ぎると作られた美女は跡形もなく消えてしまうのだ。

もちろん、当の美女にその認識はない。
それどころか、彼女は自身が美女缶によって作られた存在であることも知らないのだ。

ところが、ふとした拍子にこの事実を知られてしまう。
作られた存在だと知った美女は家を飛び出してしまった。

残された主人公は今の彼女を取るか、飛び出した美女を取るかの決断を迫られることに。

しかし、主人公にとって短い間であっても美女との月日は大切な物となっていた。
主人公は美女を追うことに。

だが、主人公は知らないのだ。
そんな主人公の背中にも「品質保持期限」の記載があることに―――エンド。

<感想>

つまり、主人公もまた美女缶と同じ作られた存在だったというワケですね。
まさに、作られた存在であることの悲哀を描いた作品です。

主人公が2重の意味で立場を転ずる構図が見事。

まず、交際相手(恋人と美女缶)を選ぶ側から選ばれる側へ。
また、運命を選択する側から与えられる側(期限が区切られている)へ。

これにより、主人公は与えられた運命を余儀なくされることに。
そして、何より主人公が美女缶に感じた愛情が同じ立場故に感じた憐憫の情だったかもしれないとすると切ない。

同時に、これは実際の恋愛にも言えること。
相手を選んだつもりが、相手にも選ばれていることを忘れてはならないのだ。

◆「世にも奇妙な物語」関連過去記事
「美女缶」(志水アキ画、講談社刊「週刊少年マガジン」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

【ドラマ化原作】
『殺し屋ですのよ』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『来世不動産』(升野英知(バカリズム)著、小学館刊『東と西 2』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『殺意取扱説明書』(東野圭吾著、集英社刊『毒笑小説』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『燔祭(鳩笛草 燔祭/朽ちてゆくまでより)』&『クロスファイア(上・下巻)』(宮部みゆき著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『憑かれる(「崩れる 結婚にまつわる八つの風景」収録)』(貫井徳郎著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『時計じかけの天使(「原色の想像力 創元SF短編賞アンソロジー」収録)』(永山驢馬著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ドッキリチューブ』(小林泰三著、東京創元社刊『完全・犯罪』収録)ネタバレ書評(レビュー)

「人間電子レンジ」(竹本友二作、小学館刊「8 はち 1巻」収録)ネタバレ批評(レビュー)

『ニートな彼とキュートな彼女(「原色の想像力〈2〉 創元SF短編賞アンソロジー」収録)』(わかつきひかる著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「美女缶 [DVD]」です!!
美女缶 [DVD]



単行本版「美女缶」です!!
美女缶



キンドル版「美女缶」です!!
美女缶



ラベル:美女缶
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

「すべてがFになる」(フジテレビ系、2014年)

「すべてがFになる」(フジテレビ系、2014年)まとめです。

フジテレビ系火曜21時枠にて放送、全10話。
原作は森博嗣先生「S&Mシリーズ」。
シリーズより『すべてがFになる』、『冷たい密室と博士たち』、『封印再度』、『数奇にして模型』、『有限と微小のパン』の5作品がドラマ化されている。

【ドラマ版】
「すべてがFになる」1話「冷たい密室と博士たち(前編)」(10月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「すべてがFになる」2話「冷たい密室と博士たち(後編) 【暴かれる冷たい密室の謎と哀しき殺人者の記憶】」(10月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「すべてがFになる」3話「封印再度(前編) 【呪われた仏画師一族と家宝が眠る密室の殺人】」(11月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「すべてがFになる」4話「封印再度(後編) 【50年の時を超えた殺人と封印された真相】」(11月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「すべてがFになる」5話「すべてがFになる(前編)【天才博士が仕組んだ孤島の謎】」(11月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「すべてがFになる」6話「すべてがFになる(後編)【美しき狂気の殺人者】」(11月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「すべてがFになる」7話「数奇にして模型(前編)【孤独な模型マニアの狂気】」(12月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「すべてがFになる」8話「数奇にして模型(後編)【殺人者の異常な愛情】」(12月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「すべてがFになる」9話「有限と微小のパン(前編)」(12月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「すべてがFになる」最終話(10話)「有限と微小のパン(後編)【神に最も近い犯罪者】」(12月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

ちなみに『すべてがFになる』はメディアミックス展開が行われており、2015年夏から2度目のコミカライズの他に2015年10月からはアニメも放送予定。
アニメ版「すべてがFになる」では本シリーズ以外にも「四季シリーズ」の要素も含まれるのだとか。
ちなみに「四季シリーズ」については過去にネタバレ書評(レビュー)してますね。

『四季シリーズ(春 Green Spring、夏 Red Summer、秋 White Autumn、冬 Black Winter)』(森博嗣著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

また、本シリーズと関連の深い「Vシリーズ」もフジテレビ系金曜21時枠「赤と黒のゲキジョー」内でドラマ化されています。

赤と黒のゲキジョー「スペシャルドラマ 瀬在丸紅子の事件簿〜黒猫の三角〜 檀れいによる新ヒロインが誕生!美貌の没落貴族が密室殺人の謎に挑む!」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
【S&Mシリーズ】
・シリーズ第1弾。
『すべてがFになる』(森博嗣著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ第2弾。
『冷たい密室と博士たち』(森博嗣著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ第3弾。
『笑わない数学者』(森博嗣著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ第4弾。
『詩的私的ジャック』(森博嗣著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ第5弾。
『封印再度』(森博嗣著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ第9弾。
『数奇にして模型』(森博嗣著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ第10弾にして最終話。
『有限と微小のパン』(森博嗣著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【Vシリーズ】
『黒猫の三角』(森博嗣著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『赤緑黒白』(森博嗣著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

赤と黒のゲキジョー「スペシャルドラマ 瀬在丸紅子の事件簿〜黒猫の三角〜 檀れいによる新ヒロインが誕生!美貌の没落貴族が密室殺人の謎に挑む!」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【四季シリーズ】
『四季シリーズ(春 Green Spring、夏 Red Summer、秋 White Autumn、冬 Black Winter)』(森博嗣著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
超再現!ミステリー「巧妙なトリック暴け人気推理小説を超再現謎を解け&犯人は誰?超衝撃の2時間SP 大学内で連続殺人…美女が残した(秘)日記に謎を解くカギ…珍推理佐藤隆太スタジオ爆笑砂羽も紗栄子も超興奮」(4月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

森ミステリィの名作「S&Mシリーズ」がフジテレビ系火曜21時枠にて連続ドラマ化!!タイトルは「すべてがFになる」に!!

『すべてがFになる』がアニメ化とのこと!!

こちらはシリーズ全てを一冊にまとめたキンドル版「すべてがFになる【S&Mシリーズ全10冊合本版】 S&M」です!!
すべてがFになる【S&Mシリーズ全10冊合本版】 S&M





こちらはコミック版「冷たい密室と博士たち (幻冬舎コミックス漫画文庫 (あ-01-02))」です!!
冷たい密室と博士たち (幻冬舎コミックス漫画文庫 (あ-01-02))





こちらはコミック版「すべてがFになる (バーズコミックススペシャル)」です!!
すべてがFになる (バーズコミックススペシャル)





こちらは上記のキンドル版「すべてがFになる (幻冬舎コミックス漫画文庫)」です!!
すべてがFになる (幻冬舎コミックス漫画文庫)





「すべてがFになる -THE PERFECT INSIDER-(1) (KCx)」です!!
すべてがFになる -THE PERFECT INSIDER-(1) (KCx)





「四季: KCx」です!!
四季: KCx





こちらはゲーム版「すべてがFになる〜THE PERFECT INSIDER」です!!
すべてがFになる〜THE PERFECT INSIDER



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

「昔話法廷」(NHK Eテレ、2015年)

「昔話法廷」(NHK Eテレ、2015年)まとめです!!

「NHK Eテレ」にて放送、全3回。
「昔話」を舞台に「あの有名な物語を裁判員裁判に置き換えるとどうなるか」を描く。
同時に、ラストを敢えて視聴者に委ねることで「その意義」や「難しさ」をも伝える番組でした。

<各話過去記事リンク>

・第1回、「三匹のこぶた」を舞台に「子豚の行動が正当防衛か否か」を問う。
昔話法廷「“三匹のこぶた”裁判」(8月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・第2回、「カチカチ山」を舞台に「ウサギの行動は情状酌量に値するか」を問う。
昔話法廷「“カチカチ山”裁判」(8月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・第3回、「白雪姫」を舞台に「お妃が有罪か否か」を問う。
昔話法廷「“白雪姫”裁判」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<感想>

おとぎ話世界をモチーフにしながらも裁判の本質をリアルに描いたドラマでした。

誰もが知るおとぎ話を舞台にしており、視聴者はその真相を既に知る立場。
にも関わらず、次々と出て来る新証拠や新証言に翻弄される。

そう、真相を知っていてさえ困惑する。
これが実際に何も知らずに裁判員の席に座っていたとしたら……。

結果、もしかするとあなたは「真実とは違う事実」を「真実」だと認めてしまうかもしれません。
そんな「裁判員の難しさ」や「責任の重さ」を痛感する番組でした。

また、「裁判員の難しさ」を説明する上で「イチから設定を説明する必要がないように、誰もが知る童話を設定に据えたのも特筆すべき点」でしょう。
此の点、とても分かりやすく為になるドラマだと言えそうです。

同時に、本作は上質な「リドル・ストーリー」でもある。
「リドル・ストーリー」とは芥川龍之介『藪の中』やストックトン『女か虎か』のように「敢えて結末を明かさずに読者(視聴者)に結末を委ねる物語」ですが、本作がまさにソレ。

可能性を純粋に物語として楽しむことも出来る、それが「リドル・ストーリー」。
「リドル・ストーリー」に興味がある方は山口雅也先生による『謎(リドル)の謎(ミステリ)その他の謎(リドル)』(早川書房刊)がオススメです。
中でも『異版 女か虎か』が面白いので読んでみてください。

『異版 女か虎か』(アブラハム・ネイサン著、山口雅也訳、早川書房刊『謎(リドル)の謎(ミステリ)その他の謎(リドル)』収録)ネタバレ書評(レビュー)

◆関連過去記事
昔話法廷「“三匹のこぶた”裁判」(8月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

昔話法廷「“カチカチ山”裁判」(8月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

昔話法廷「“白雪姫”裁判」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

実は残酷な童話の世界が赤裸々になる!?「昔話法廷」が2015年8月10日午前10時からNHKさんEテレにて開廷!!

「三びきのこぶた―イギリス昔話(こどものとも絵本)」です!!
三びきのこぶた―イギリス昔話(こどものとも絵本)





「三匹の子ぶた [DVD]」です!!
三匹の子ぶた [DVD]





「かちかちやま (日本傑作絵本シリーズ)」です!!
かちかちやま (日本傑作絵本シリーズ)





「白雪姫 ダイヤモンド・コレクション/ブルーレイ (本編DVD付) [Blu-ray]」です!!
白雪姫 ダイヤモンド・コレクション/ブルーレイ (本編DVD付) [Blu-ray]



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。