2013年06月26日

「遺留捜査 シーズン3」(テレビ朝日、2013年)

「遺留捜査(2013年)」(テレビ朝日、2013年)まとめです!!

テレビ朝日系水曜21時枠にて放送、全9回。
「遺留品」に特別な想いを抱く刑事・糸村、そんな彼と仲間たちの捜査を描く。

<各回あらすじ>
・糸村が3度帰って来た!!本庁から森田刑事がやって来る中、挑むのはとある女優が関わる事件。
「遺留捜査(2013年版)」第1話「ハーモニカ」(4月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・事件はまだ終わっていなかった。爆弾魔を追う糸村。
「遺留捜査(2013年)」第2話「ルビーの指輪」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・心中事件が発生!!ところが意外な真実が……。
「遺留捜査(2013年)」第3話「赤の香水」(5月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・有名教師が殺害された。彼の遺志とは……。
「遺留捜査(2013年)」第4話「ふたつの茶杯」(5月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・高名画家の娘の助手が殺害された。どうやら、秘密があるようで……。
「遺留捜査(2013年)」第5話「折れた絵筆」(5月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・セレブが殺害された。遺留品は商店街のスタンプカード!?
「遺留捜査(2013年)」第6話「スタンプカード」(5月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・ホステスが殺害された。糸村はシュシュに興味を……。
「遺留捜査(2013年)」第7話「テーラーのシュシュ」(5月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・見逃しました……永久欠番の8話です。
「遺留捜査(2013年)」第8話「殺しのチケット」(6月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・容疑者が死亡。糸村が責任を問われることになり大ピンチ!!此処に月島中央署の面々が立ち上がる!!
「遺留捜査(2013年)」最終話(第9話)「最後の遺留品!!森の中の真っ赤なドロップ」(6月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<感想>

3度、我々の前に姿を現した「遺留捜査(2013年版)」。
これまでは木曜21時枠での放送でしたが、今シーズンは水曜21時枠となりました。

舞台はシーズン2(2012年版)と変わらず月島中央署。
メンバーにはシーズン1でお馴染みの横山君と、本庁からやって来た森田刑事が加わりました。
入替りに佐久間刑事と二宮刑事が本庁へ異動との設定で退場、初回のみの登場となりました。
ですので、メンバーの人数的にはシーズン2と同じとなります。

「遺留捜査」のコンセプトは、事件解決そのものよりも「被害者の遺志」―――それを「被害者が大切にしていた(思っていた)誰か」に伝えるとのもの。
ゆえに時に「遺留品」を追う糸村は捜査の本筋に全く絡んで来ないこともある、そんな作品です。

これがかなり特徴的。
糸村が遺留品を追うことで死者の声を拾い上げ相手に伝えること―――それは、基本的に視聴者を泣かせようとする展開に繋がります。

司祭・糸村が遺留品を通じ死者の声を生者に届ける。
死者の想いを知った生者は、其処から死者の愛情を知り喪ったものの大きさを知る。
あるいは、誤解を解き死者を偲ぶ。

今シーズン3でもこのコンセプトは揺らがず継承されており、ファンを喜ばせました。

ただ、一方でこのコンセプトを重視するあまり、肝心の「被害者の遺志」と「被害者が生まれることとなった事件」とが乖離し過ぎて相互に打ち消し合い、全く意味のないモノになった回が生じていたのも事実でした。
此処はコンセプトの特異性が仇となったと言えそうです。

とはいえ、このコンセプトが嵌ったときの破壊力は大きい。
中でも最終話は特に素晴らしかった。
流れる音楽とも相俟って、思わず泣いてしまうことに。

コンセプトの性質上、あくまで個人の事件のみであり、大きな事件は描かれない「遺留捜査」。
物凄い大傑作とまでは言えないけど、中堅どころの良作的なポジションの作品です。
でも、其処が良い!!

これで最後と言わず、是非、第4シーズンの制作を待ちたいですね!!

「遺留捜査DVD-BOX【DVD】」です!!
遺留捜査DVD-BOX【DVD】





「遺留捜査2 DVD-BOX」です!!
遺留捜査2 DVD-BOX





「遺留捜査3 DVD-BOX」です!!
遺留捜査3 DVD-BOX





ラベル:遺留捜査
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

土曜ドラマスペシャル「実験刑事トトリ」(NHK、2012年)

土曜ドラマスペシャル「実験刑事トトリ」(NHK、2012年)まとめです!!

NHK土曜21時枠にて放送、全5回。
トトリと安永、2人の“相棒”の活躍を描く。

<各回あらすじ>

・料理研究家の犯罪にトトリたちが挑む!!
土曜ドラマスペシャル「実験刑事トトリ 実験刑事誕生〜完全犯罪のレシピ」(11月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・ファッションデザイナーの犯罪にトトリたちが挑む!!
土曜ドラマスペシャル「実験刑事トトリ 第2話(第2回) 女はドレスに罪を隠す」(11月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・ピアニストの犯罪にトトリたちが挑む!!
土曜ドラマスペシャル「実験刑事トトリ 第3話(第3回) 偽りのメロディー〜完全犯罪を調律せよ」(11月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・漫画化の犯罪にトトリたちが挑む!!
土曜ドラマスペシャル「実験刑事トトリ 第4話(第4回) 僕が傑作を書く時」(11月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・実業家の犯罪にトトリたちが挑む!!
土曜ドラマスペシャル「実験刑事トトリ 最終話(最終回、第5回、第5話) 二人の絆〜実験刑事が最後に見たもの」(12月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<感想>

本作は『刑事コロンボ』や『古畑任三郎』に代表される倒叙物ドラマ。
つまり、先に犯人による犯行が描かれ、後に主人公によりその瑕疵を突かれ犯行が暴かれるアレです。
従って、如何にして完全と思われた犯行が暴かれるのかが視聴する上での醍醐味となります。

そんな中で本作は“相棒”の物語に重きを置いていました。
トトリと安永が近付いてく様子は良かったですね。
特に4話と5話はそれが顕著でした。

ただ、3話で安永のトラウマが解消。
此処でトトリに急接近するのですが、些か急に過ぎた気もするかな。
もう数話あれば、もっとじっくり描けたのかもしれないと思うと、惜しい。

それにしても、これでトトリと安永のコンビが終わるのは惜しい。
ようやくエンジンがかかったところと言う印象。
是非、続編も期待したいです!!

『実験刑事トトリ』についてはノベライズ版も既に発売されています。
ノベライズ版については、本記事下部にアマゾンさんへのリンクをご用意しております。
興味を持たれた方はこちらもチェック!!

◆関連過去記事
【ドラマ】異色にして本格!!『実験刑事トトリ』に注目せよ!!

2012年下半期注目のドラマ『実験刑事トトリ』スタッフさんブログ更新開始される!!

「NHK DVD 実験刑事トトリ DVD-BOX」です!!
NHK DVD 実験刑事トトリ DVD-BOX





「NHK VIDEO 実験刑事トトリ Blu-ray BOX」です!!
NHK VIDEO 実験刑事トトリ Blu-ray BOX





ノベライズ版「実験刑事トトリ」です!!
実験刑事トトリ





「実験刑事トトリ オリジナルサウンドトラック」です!!
実験刑事トトリ オリジナルサウンドトラック





「はなとけい桜:桜色:革の色 焦げ茶色:一重巻き:一輪の桜の花がついた、くるき亭のオリジナルデザインの腕時計:NHKドラマ 実験刑事トトリで松尾れい子さんの腕時計として使用」です!!
はなとけい桜:桜色:革の色 焦げ茶色:一重巻き:一輪の桜の花がついた、くるき亭のオリジナルデザインの腕時計:NHKドラマ 実験刑事トトリで松尾れい子さんの腕時計として使用





「ロボハッシュ マットブラック:革の色 黒:クールな手縫いのバングルタイプの腕時計:ドラマ「実験刑事トトリ」で落合モトキさんの腕時計として使用」です!!
ロボハッシュ マットブラック:革の色 黒:クールな手縫いのバングルタイプの腕時計:ドラマ「実験刑事トトリ」で落合モトキさんの腕時計として使用





「トトリ」繋がりで「【Amazon.co.jp限定】トトリのアトリエ PS3 the Best (オリジナルカスタムテーマ3種DLシリアル同梱)+メルルのアトリエ プレミアムフィギュアBOX」です!!
【Amazon.co.jp限定】トトリのアトリエ PS3 the Best (オリジナルカスタムテーマ3種DLシリアル同梱)+メルルのアトリエ プレミアムフィギュアBOX





「トトリのアトリエ -アーランドの錬金術士2- トトリ (1/8スケール PVC塗装済み完成品)」です!!
トトリのアトリエ -アーランドの錬金術士2- トトリ (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





「ガリレオ DVD-BOX」です!!
ガリレオ DVD-BOX



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」(フジテレビ系、2012年)

木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」(フジテレビ系、2012年)まとめです!!

フジテレビ系木曜22時枠にて放送、全11回。
連続するエピソードで綴るナビパートと独立した本編からなる。

<各回あらすじ>

・アーチェリーの女性選手が自殺した、これにはある秘密が……。
木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」第1話「さよならコーチ〜罠(ワナ)」(7月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・家庭教師先の息子が殺人を犯してしまった、さてどうする……。
木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」第2話「犯人のいない殺人の夜〜欺(アザムク) 完全犯罪殺人!予測不能の衝撃ラスト」(7月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・夫が大阪で殺害されてしまった、そのとき妻は……。
木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」第3話「エンドレス・ナイト〜哀(アイ) 哀しみのラスト…夫の死の謎に迫る女」(7月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・誰が本当の殺人者なのか、人権派弁護士が突き止めた真相とは?
木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」第4話「レイコと玲子〜心(ココロ) 容疑者は多重人格少女!一体どちらが本物か」(7月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・夫婦二人の新婚旅行、だが何処か影があって……。
木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」第5話「甘いはずなのに〜過(アヤマチ) 娘の死は他殺?トリックの鍵は二番目の妻」(8月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・遺書に秘められた謎とは何か、意外なゲストも登場。
木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」第6話「シャレードがいっぱい〜謎(ナゾ) 謎の血文字Aの秘密!殺された元カレと消えた遺言状の謎」(8月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・白い凶器、その正体とは?
木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」第7話「白い凶器〜悲(カナシミ) 女と相次ぐ不審死…動機無き殺人の謎」(8月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・とある故意が生んだ悲劇的な結末とは……。
木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」第8話「小さな故意の物語〜嘘(ウソ) 謎の死を遂げた親友…真実の裏の哀しい嘘」(8月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・結婚した友人は全くの別人?一体、何故!?
木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」第9話「結婚報告〜疑(ウタガイ) 写真の親友は他人の顔?ハケン女絶体絶命の危機!」(9月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・20年の約束に秘められた想いとは……。
木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」第10話「二十年目の約束〜誓(チカイ) 秘密抱えた男を愛した女…衝撃結末に号泣」(9月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・章代の牙が峰和に迫る……一体、結末は?
木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」第11話(最終話、最終回)「再生魔術の女〜罰(バツ) 言葉が凶器?謎めいた女医が仕組む戦慄の罠」(9月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<感想>

東野圭吾先生の過去短編をドラマ化。
『犯人のいない殺人の夜』『怪しい人びと』『あの頃の誰か』から11篇が選ばれました。

一部に原作を原型すら留めぬほど改変した回こそありましたが、全体としてはなかなか良かった印象。
ただ、ドラマ化するならば『踊り子』や『灯台にて』、『虎も女も』、『眠りたい死にたくない』なども視たかった。
それと、ナビパートは本編の余韻を断ち切るなど功罪相半ばでしたが、最終話はなかなかでした。
視聴率が振るわなかったとの情報を目にしていますが、同様の企画が次回もあれば期待したく思います。

これまでにドラマ化された作品についてネタバレ書評(レビュー)ありますね。
興味のある方はどうぞ!!

『犯人のいない殺人の夜』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『怪しい人びと』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『あの頃の誰か』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

◆関連過去記事

【東野圭吾先生原作ドラマ関連】
金曜プレステージ「東野圭吾3週連続スペシャル 11文字の殺人 あの日恋人はなぜ殺されたのか?無人島より殺意を込めて…11文字に込められた悲しき殺意!クルーズツアーで何が起きたのか?」(6月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第二弾!“ブルータスの心臓” 完全犯罪殺人リレー バトンは死体!大阪〜名古屋〜東京をつなぐトリックと殺意!悪女に翻弄されるエリート研究者の運命は!?」(6月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第三弾!“回廊亭殺人事件” 最愛の恋人を殺され復讐の鬼と化した女…整形で顔を変え巨額遺産をめぐり欲望渦巻く一族に潜入!愛を奪った犯人は誰なのか?」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 東野圭吾スペシャル 探偵倶楽部「大ヒット原作ドラマ化!名探偵最強コンビ誕生!大物社長突然の失踪に隠されたセレブ一族の醜い骨肉の争い…消える死体…驚愕密室トリックを暴け!」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「流星の絆」(TBS系、2008年)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(前編) 病院に届く謎の脅迫状…犯人の狙いは?」(11月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(後編) 極限状況の大手術!結末に待つものは?」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

日曜洋画劇場「特別企画 ミステリースペシャル さまよう刃 地上波初!娘を奪われた父の復讐 電話が告げる真犯人!衝撃の結末」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【東野圭吾先生著作ネタバレ書評(レビュー)】
「探偵倶楽部」(東野圭吾著、角川書店刊)

「白夜行」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「幻夜」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「殺意取扱説明書(毒笑小説より)」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「夜明けの街で」(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

「11文字の殺人」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ブルータスの心臓」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「回廊亭殺人事件」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ゲームの名は誘拐」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『秘密』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『犯人のいない殺人の夜』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『マスカレード・ホテル』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『使命と魂のリミット』(東野圭吾著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『分身』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『プラチナデータ』(東野圭吾著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『怪しい人びと』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『あの頃の誰か』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『さまよう刃』(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ東野作品人気ランキング発表』(東野圭吾作家生活25周年祭り実行委員会編、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【探偵ガリレオシリーズ】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

「真夏の方程式」(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【加賀恭一郎シリーズ】関連過去記事
・シリーズ7作目「赤い指」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「赤い指」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ8作目「新参者」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「新参者」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ9作目「麒麟の翼」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「麒麟の翼」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ドラマ版「新参者」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「新参者」(TBS、2010年)

・ドラマ版「赤い指」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指 シリーズ人気No.1ドラマ化最愛の人が殺人を犯したら!?加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは “新参者”加賀恭一郎再び!」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
米国版「容疑者Xの献身」発売される!!タイトルは「The Devotion of Suspect X」!!

韓国版『白夜行』遂に上陸!!2012年1月7日(土)日本公開!!

東野圭吾先生「人気作品ランキング」中間結果発表!!

東野圭吾先生が中国でブームに!?

東野圭吾先生「容疑者Xの献身」が上海で舞台化!!

東野圭吾先生原作『浪花少年探偵団シリーズ』(講談社刊)がTBS系月曜20時枠にてドラマ化決定!!

「エドガー賞 最優秀小説(作品)賞」受賞作発表、モー・ヘイダー『Gone(ゴーン)』に!!

東野圭吾先生原作の映画版『麒麟の翼』『夜明けの街で』『さまよう刃』が台湾にて2012年4月20日より公開!!

東野圭吾先生『容疑者Xの献身』がエドガー賞候補に!!気になる結果は2012年4月26日!!でも、何故2012年の今なのか、知りたいと思いませんか!?

東野圭吾先生『プラチナデータ』(幻冬舎刊)が映画化!!公開は2013年を予定!!

フジテレビ系列木曜劇場にて東野圭吾先生原作作品を続々ドラマ化!!その名も「東野圭吾ミステリーズ」!!

東野圭吾先生『○笑小説』シリーズから3本の短編が実写ドラマ化!!

【映画】東野圭吾先生『真夏の方程式』(文藝春秋社刊)が映画化!!実に5年ぶりの「ガリレオ」実写化に!!

「東野圭吾ミステリーズ Blu-ray BOX」です!!
東野圭吾ミステリーズ Blu-ray BOX





「犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)」です!!
犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)





「怪しい人びと (光文社文庫)」です!!
怪しい人びと (光文社文庫)





こちらは中国版「怪人們(怪しい人びと)(中国語)」です!!
怪人們(怪しい人びと)(中国語)





「あの頃の誰か (光文社文庫 ひ 6-12)」です!!
あの頃の誰か (光文社文庫 ひ 6-12)



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。