2015年11月15日

【2015年12月】米澤穂信先生「ベルーフシリーズ」連作短編集『真実の10メートル手前』が12月21日発売予定!!

2015年7月にシリーズ最新作『王とサーカス』が刊行された米澤穂信先生の「ベルーフシリーズ」。
その連作短編集が2015年12月21日(前後する可能性あり)に東京創元社さんから刊行予定であることが明らかになりました。

その名も『真実の10メートル手前』!!
2015年8月に発表された同名最新短編が表題作となっています。

『真実の10メートル手前』(米澤穂信著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.72 AUGUST 2015』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

収録作はおそらく本シリーズの未収録短編。
詳しくは後述することとして、連作短編集『真実の10メートル手前』のあらすじはこちら。

<あらすじ>

滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執──痛みを引き受けながらそれらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。『王とサーカス』後の六編を収録する垂涎の作品集。
(東京創元社公式HPより)


注目すべきポイントはココ。
「『王とサーカス』後の六編を収録する垂涎の作品集」との記述。

そう「六編」です。

「ベルーフシリーズ」未収録短編は2015年11月時点で『失礼、お見苦しいところを』、『恋累心中』、『ナイフを失われた思い出の中に』、『名を刻む死』、『真実の10メートル手前』の五編の筈。

つまり、まだ見ぬもう1作が収録されることになります。
これは書下ろしか、それとも12月発売予定の『ミステリーズ!vol.74 DECEMBER 2015』に掲載される作品の存在を示唆しているのか?
いずれにしても、我々読者が初めて目にする一編があることが明らかに。
喜ぶべし(^O^)/!!

ちなみに『失礼、お見苦しいところを』と『恋累心中』は2007年発表作品なので、実に8年ぶりの収録。
これまた、喜ぶべし(^O^)/!!

ただ1つ気になる点があるとすれば『真実の10メートル手前』だけは作中時系列として『王とサーカス』の後ではなく前のエピソードであること。
「『王とサーカス』後の六編」との記述に些か反するところだが……果たして!?

とはいえ、発売予定日からもファンにとっては少し早いクリスマスプレゼントとなりそうです!!
超期待(^O^)/!!

【ベルーフ(太刀洗)シリーズ】
『さよなら妖精』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「名を刻む死(ミステリーズ!vol.47掲載)」(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ナイフを失われた思い出の中に』(米澤穂信著、東京創元社刊『街角で謎が待っている がまくら市事件』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『真実の10メートル手前』(米澤穂信著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.72 AUGUST 2015』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『王とサーカス』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

◆関連過去記事
「インシテミル」(文藝春秋社)ネタバレ書評(レビュー)

「儚い羊たちの祝宴」(新潮社)ネタバレ書評(レビュー)

「追想五断章」(集英社)ネタバレ書評(レビュー)

「折れた竜骨」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

『Do you love me ?』(『不思議の足跡』収録、米澤穂信著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『下津山縁起』(米澤穂信著、文藝春秋社刊『別冊 文芸春秋 2012年7月号』)ネタバレ書評(レビュー)

『川越にやってください』(米澤穂信著、早川書房刊『ミステリマガジン700 国内篇』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『ほたるいかの思い出』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮 2014年7月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『リカーシブル』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮』連載)ネタバレ書評(レビュー)まとめ

『リカーシブル リブート』(『Story Seller 2』収録、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『満願』(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【古典部シリーズ】
「氷菓」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「愚者のエンドロール」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「クドリャフカの順番」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「遠まわりする雛」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「ふたりの距離の概算」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

『鏡には映らない』(米澤穂信著、角川書店刊『野性時代』2012年8月号 vol.105掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『長い休日』(米澤穂信著、角川書店刊『小説野性時代 2013年11月号 vol.120』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【小市民シリーズ】
「夏期限定トロピカルパフェ事件」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

【S&Rシリーズ】
『犬はどこだ』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ベルーフ(太刀洗)シリーズ】
『さよなら妖精』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「名を刻む死(ミステリーズ!vol.47掲載)」(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ナイフを失われた思い出の中に』(米澤穂信著、東京創元社刊『街角で謎が待っている がまくら市事件』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『真実の10メートル手前』(米澤穂信著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.72 AUGUST 2015』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『王とサーカス』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

米澤穂信先生、次なる新作は太刀洗シリーズ最新長編『E85.2(仮)』とのこと!!

【シモンズシリーズ】
『913』(『小説すばる 2012年01月号』掲載、米澤穂信著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ロックオンロッカー』(米澤穂信著、集英社刊『小説すばる 2013年8月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『金曜に彼は何をしたのか』(米澤穂信著、集英社刊『小説すばる 2014年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【甦り課シリーズ】
オール讀物増刊「オールスイリ」(文藝春秋社刊)を読んで(米澤穂信「軽い雨」&麻耶雄嵩「少年探偵団と神様」ネタバレ書評)

『黒い網』(米澤穂信著、文藝春秋社刊『オール読物 2013年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)本放送(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

単行本版「真実の10メートル手前」です!!
真実の10メートル手前



短編『真実の10メートル手前』が掲載された「ミステリーズ! vol.72」です!!
ミステリーズ! vol.72





「王とサーカス」です!!
王とサーカス





キンドル版「王とサーカス」です!!
王とサーカス





「さよなら妖精 (創元推理文庫)」です!!
さよなら妖精 (創元推理文庫)





キンドル版「さよなら妖精 (創元推理文庫)」です!!
さよなら妖精 (創元推理文庫)





『失礼、お見苦しいところを』が掲載された「ユリイカ2007年4月号 特集=米澤穂信 ポスト・セカイ系のささやかな冒険」です!!
ユリイカ2007年4月号 特集=米澤穂信 ポスト・セカイ系のささやかな冒険





『恋累心中』が掲載された「ミステリーズ! vol.26」です!!
ミステリーズ! vol.26





『ナイフを失われた思い出の中に』が収録された「街角で謎が待っている がまくら市事件 (創元推理文庫)」です!!
街角で謎が待っている がまくら市事件 (創元推理文庫)





キンドル版「街角で謎が待っている がまくら市事件 (創元推理文庫)」です!!
街角で謎が待っている がまくら市事件 (創元推理文庫)





『名を刻む死』が掲載された「ミステリーズ! vol.47」です!!
ミステリーズ! vol.47





古典部シリーズ『長い休日』が掲載された「小説 野性時代 第120号」です!!
小説 野性時代 第120号





古典部シリーズ『連峰は晴れているか』が掲載された「野性時代 第56号 62331-57 KADOKAWA文芸MOOK (KADOKAWA文芸MOOK 57)」です!!
野性時代 第56号 62331-57 KADOKAWA文芸MOOK (KADOKAWA文芸MOOK 57)





古典部シリーズ『鏡には映らない』が掲載された「小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)」です!!
小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)





◆米澤穂信先生の作品はこちら。


posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

【第5弾】ハルチカシリーズ最新作『惑星カロン』は2015年9月30日発売予定とのこと!!

「ハルチカシリーズ」と言えば、角川書店より刊行され2016年にアニメ化が予定されている初野晴先生のシリーズ作品。
2015年9月初旬現在でシリーズは『退出ゲーム』『初恋ソムリエ』『空想オルガン』『千年ジュリエット』と4冊を数えます。
『退出ゲーム』と『初恋ソムリエ』は過去にネタバレ書評(レビュー)してますね。

『退出ゲーム』(初野晴著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『初恋ソムリエ』(初野晴著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

そんなシリーズ最新作にして第5弾『惑星カロン』が2015年9月30日に発売予定であることが明らかになりました。
つまり、数日後には発売です!!

『惑星カロン』のあらすじはこちら。

<あらすじ>

大人気吹奏楽青春ミステリ"ハルチカ"シリーズ、待望の第5弾!!

コンクールと文化祭を経て、ちょっぴり成長した清水南高吹奏楽部。更なる練習に励む中、チカは「呪いのフルート」に出会い……!?楽器に秘められた謎、音楽暗号解読、旧校舎の怪事件。珠玉の青春ミステリ最新刊!
(角川書店公式HPより)


どうやらテイストは健在の様子。
今回も見逃せない作品となりそうな予感。

そんな『惑星カロン』は2015年9月30日発売予定!!
興味のある方はチェックせよ!!

◆関連過去記事
『退出ゲーム』(初野晴著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『初恋ソムリエ』(初野晴著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

「惑星カロン」です!!
惑星カロン





キンドル版「惑星カロン<「ハルチカ」シリーズ> (角川書店単行本)」です!!
惑星カロン<「ハルチカ」シリーズ> (角川書店単行本)





キンドル版「退出ゲーム<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)」です!!
退出ゲーム<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)





キンドル版「初恋ソムリエ<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)」です!!
初恋ソムリエ<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)





キンドル版「空想オルガン<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)」です!!
空想オルガン<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)





キンドル版「千年ジュリエット<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)」です!!
千年ジュリエット<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

「スター・ウォーズ」の原作者はシェイクスピアだった!?『もし、シェイクスピアがスター・ウォーズを書いたら まこと新たなる希望なり』が発売!!

あなたはご存知でしょうか―――実は「スター・ウォーズ」に原作があったことを。
そして、原作者があの著名なウィリアム・シェイクスピアであったことを。

……って、そんなワケあるか〜〜〜い!!

と言うワケでシェイクスピアが「スター・ウォーズ」を書いていたとの設定の書籍が刊行されることが明らかになりました。
その名も『もし、シェイクスピアがスター・ウォーズを書いたら まこと新たなる希望なり』!!

その妙はあらすじに現れています。

<あらすじ>

遥か昔、イギリスのエリザベス朝の時代に、売れっ子の脚本家がいた。その名は、ウィリアム・シェイクスピア。彼は『ハムレット』をはじめ、さまざまな大ヒット演劇を世に送り出したが、唯一、後世に知られていない作品が―『スター・ウォーズ』だ。

現代になり、『スター・ウォーズ』は映画として甦り、多くのファンを魅了したが、このシェイクスピアの脚本が再度発見されるまで、シェイクスピアとスター・ウォーズとのつながりは、忘れられたままだった……。

ユーモアが効いたオリジナルイラストとともに、爆笑パロディ劇の上演!

<第一幕 第三場>
R2−D2の台詞:この金色のドロイドとは長年の友人だが、
あのべらべらしゃべる舌を止めたいと思うね。

<第三幕 第三場>
ジャバの台詞:ン、ハン。落チツケ。パサ・タ・ネイ
オノ・コールキー・マリア。エエ・ヤンギー
デンペリオロ・ティーソー・トゥワ・スパスティック
ワール・ノー。ヤネ・ダ・ポー・ノー。

<第四幕 第六場>
ルークの台詞:ああ、哀れストームトルーパーよ、おまえなど知らぬ。
だが、僕はおまえから白い装甲服と命とを奪った。
おまえはどのような男だったのだ?
際限なく冗談を言う男か、残忍な男か?
連れ合いがいて、子どももいた男か?
誇りをもって皇帝に仕えた男か?
あるいは完全な平和を望んだ男か?
いずれにしても、お前の代わりとなった男を
許してくれ。それは僕だ。

レイア姫の台詞:飛ぶ前に幸運を祈ってこのキスを。
私の唇からあなたの頬にこのキスを。
希望と自信をあなたに与えるこのキスを。
いざというとき勇気をもたらすこのキスを。
さあ、このキスを受けて―偶然が与える私の贈り物―
向こう側に着けば、喜べるもの。

<第五幕 第五場>
ハンの台詞:おまえのタイムリー・ヒットは、どんぴしゃ命中だ。
フォースのつまった一発は、一万分の一の確率で当たったんだ。

亡霊の台詞:わしを忘れるな。おお、ルーク、わしを忘れるな。
そしてフォースとともにあらんことを。
(講談社公式HPより)


ご覧の通り、その妙は「スター・ウォーズ」がシェイクスピア調で描かれていること。
これに尽きる。

シェイクスピアを知り「スター・ウォーズ」を知っていればこれほど楽しめる作品はない。
その反面、どちらか一方だとこれほど楽しめない作品もない。
かな〜〜〜り間口の狭い作品ですが、それだけに熱心なファンにとっては堪らない筈。
また、本作を手にシェイクスピア作品と比較する楽しみもあるかも。

遂に名作古典となった「スター・ウォーズ」、あなたも確認せよ!!

◆関連過去記事
あの「ダース・ヴェイダー」が子育てしたらを描いた絵本が登場、世のお父さん方は必見!!その名も『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』!!

『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』第2弾!!『ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア』は2013年4月26日発売予定!!

ハン・ソロとレイアの長女ジェイナ・ソロが立体化!!その名も「ARTFX BISHOUJO ジェイナ・ソロ」!!

【ファン必携】あなたのご自宅に「R2-D2」を!!プラネタリウム機能を備えた「HOMESTAR R2-D2 EX」登場!!

【笑撃】ベイダー卿と皇帝陛下の怪しい関係が明らかに!?「スター・ウォーズ/ロボットチキン」発売決定!!

「もし、シェイクスピアがスター・ウォーズを書いたら まこと新たなる希望なり」です!!
もし、シェイクスピアがスター・ウォーズを書いたら まこと新たなる希望なり





「ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア」です!!
ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア





「ダース・ヴェイダーとルーク(4才)」です!!
ダース・ヴェイダーとルーク(4才)





「【Amazon.co.jp限定】スター・ウォーズ/ロボットチキン ブルーレイBOX(オリジナルTシャツ付)(完全数量限定) [Blu-ray]」です!!
【Amazon.co.jp限定】スター・ウォーズ/ロボットチキン ブルーレイBOX(オリジナルTシャツ付)(完全数量限定) [Blu-ray]





「スター・ウォーズ/ロボットチキン エピソード1 [DVD]」です!!
スター・ウォーズ/ロボットチキン エピソード1 [DVD]





「スター・ウォーズ/ロボットチキン エピソード2 [DVD]」です!!
スター・ウォーズ/ロボットチキン エピソード2 [DVD]





「スター・ウォーズ/ロボットチキン エピソード3 [DVD]」です!!
スター・ウォーズ/ロボットチキン エピソード3 [DVD]





「HOMESTAR R2-D2 (ホームスター R2-D2) EX」です!!
HOMESTAR R2-D2 (ホームスター R2-D2) EX





「スター・ウォーズ ダース・ヴェイダー クロニクル」です!!
スター・ウォーズ ダース・ヴェイダー クロニクル





「[先着購入特典付] スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]」です!!
[先着購入特典付] スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]





「スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]」です!!
スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。