2015年04月12日

【「Project Itoh」いよいよ始動】第1弾は伊藤計劃先生『虐殺器官』、『ハーモニー』がコミカライズ!!

伊藤計劃先生『虐殺器官』(早川書房刊)『ハーモニー』(早川書房刊)『屍者の帝国』(河出書房新社刊)の3作の劇場アニメ化を予定した「Project Itoh」。
その皮切りとして『虐殺器官』と『ハーモニー』がコミカライズされました。
しかも連載だそうです。

ちなみに原作となった『虐殺器官』、『ハーモニー』と『屍者の帝国』のあらすじは次の通り。

<『虐殺器官』あらすじ>

9・11以降の"テロとの戦い"は転機を迎えていた。
先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。
米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう……

彼の目的とはいったいなにか? 大量殺戮を引き起こす"虐殺の器官"とは? 
現代の罪と罰を描破する、ゼロ年代最高のフィクション
(早川書房公式HPより)


<『ハーモニー』あらすじ>

21世紀後半、〈大災禍(ザ・メイルストロム)〉と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。
医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が横溢する"ユートピア"。
そんな社会に倦んだ3人の少女は餓死することを選択した――

それから13年。死ねなかった少女・霧慧トァンは、世界を襲う大混乱の陰に、ただひとり死んだはすの少女の影を見る――『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。
(早川書房公式HPより)


<『屍者の帝国』あらすじ>

屍者化の技術が全世界に拡散した一九世紀末、英国秘密諜報員ジョン・H・ワトソンの冒険がいま始まる。天才・伊藤計劃の未完の絶筆を盟友・円城塔が完成させた超話題作。日本SF大賞特別賞、星雲賞受賞。
(河出書房新社公式HPより)


まさにフィクションに包みつつ、現在社会の病理に鋭く切り込んだその作風が魅力の作品群。
そんなコミカライズが連載開始されたのは『月刊ニュータイプ 2015年5月号』(角川書店刊)。
『虐殺器官』と『ハーモニー』の1話が並行して開始です。

それぞれ作画は『虐殺器官』を麻生我等先生、『ハーモニー』を三巷文先生が担当。
めくるめく魅力的な原作を彩ることに。

3作の劇場版含めて注目の作品だけに『月刊ニュータイプ』を見逃すなかれ!!

コミカライズ連載が開始された「月刊ニュータイプ 2015年 05 月号」です!!
月刊ニュータイプ 2015年 05 月号





「虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)」です!!
虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)





キンドル版「虐殺器官 ハヤカワ文庫JA」です!!
虐殺器官 ハヤカワ文庫JA





「ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)」です!!
ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)





キンドル版「ハーモニー ハヤカワ文庫JA」です!!
ハーモニー ハヤカワ文庫JA





「屍者の帝国 (河出文庫)」です!!
屍者の帝国 (河出文庫)





キンドル版「屍者の帝国 河出文庫」です!!
屍者の帝国 河出文庫





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

米澤穂信先生『折れた竜骨』(東京創元社刊)がコミカライズ!!

米澤穂信先生『折れた竜骨』(東京創元社刊)がコミカライズされていることをご存知でしょうか。

『折れた竜骨』と言えばファンタジー世界を舞台に本格のロジックを持ち込んだミステリ作品。
管理人オススメの1作でもあります。

『折れた竜骨』(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

そんな『折れた竜骨』が「ファミ通コミッククリア」にてコミカライズ中。
このコミカライズを手がけるのは佐藤夕子先生。

2015年3月時点では序章が掲載。
こちらはまさにプロローグとなっています。

<あらすじ>

魔術と剣の世界で、推理は真相に辿り着けるのか!?

ロンドンから北海を東に三日も進んだあたりに浮かぶ−−ソロンと小ソロン、大小ふたつの島からなる−−ソロン諸島。
ソロン島には街が広がり、小ソロン島に住む領主は善政を布いていた。
だが、つつましくも平和な時が流れるこの島で、ある年老いた衛兵が謎の死を遂げたことから、その治世に大きな転機が訪れる……。
(ファミ通コミッククリア公式HPより)


ファンはチェックすべし!!

◆関連過去記事
「インシテミル」(文藝春秋社)ネタバレ書評(レビュー)

「儚い羊たちの祝宴」(新潮社)ネタバレ書評(レビュー)

「追想五断章」(集英社)ネタバレ書評(レビュー)

「折れた竜骨」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

『Do you love me ?』(『不思議の足跡』収録、米澤穂信著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『下津山縁起』(米澤穂信著、文藝春秋社刊『別冊 文芸春秋 2012年7月号』)ネタバレ書評(レビュー)

『川越にやってください』(米澤穂信著、早川書房刊『ミステリマガジン700 国内篇』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『ほたるいかの思い出』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮 2014年7月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『リカーシブル』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮』連載)ネタバレ書評(レビュー)まとめ

『リカーシブル リブート』(『Story Seller 2』収録、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【短編集『満願』収録】
『満願』(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『一続きの音』(『小説新潮 2012年05月号 Story Seller 2012』掲載、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『死人宿(ザ・ベストミステリーズ2012収録)』(米澤穂信著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『柘榴』(米澤穂信著、新潮社『Mystery Seller(ミステリーセラー)』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

「万灯(小説新潮5月号 Story Seller 2011収録)」(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『関守』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮 2013年5月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

「満願(Story Seller 3収録)」(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【古典部シリーズ】
「氷菓」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「愚者のエンドロール」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「クドリャフカの順番」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「遠まわりする雛」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「ふたりの距離の概算」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

『鏡には映らない』(米澤穂信著、角川書店刊『野性時代』2012年8月号 vol.105掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『長い休日』(米澤穂信著、角川書店刊『小説野性時代 2013年11月号 vol.120』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【小市民シリーズ】
「夏期限定トロピカルパフェ事件」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

【S&Rシリーズ】
『犬はどこだ』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【太刀洗シリーズ】
『さよなら妖精』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「名を刻む死(ミステリーズ!vol.47掲載)」(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「蝦蟇倉市事件2」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)
(ナイフを失われた思い出の中に)

米澤穂信先生、次なる新作は太刀洗シリーズ最新長編『E85.2(仮)』とのこと!!

【シモンズ(僕と松倉)シリーズ】
『913』(『小説すばる 2012年01月号』掲載、米澤穂信著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ロックオンロッカー』(米澤穂信著、集英社刊『小説すばる 2013年8月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『金曜に彼は何をしたのか』(米澤穂信著、集英社刊『小説すばる 2014年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【甦り課シリーズ】
オール讀物増刊「オールスイリ」(文藝春秋社刊)を読んで(米澤穂信「軽い雨」&麻耶雄嵩「少年探偵団と神様」ネタバレ書評)

『黒い網』(米澤穂信著、文藝春秋社刊『オール読物 2013年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)本放送(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

キンドル版「折れた竜骨 上」です!!
折れた竜骨 上





キンドル版「折れた竜骨 下」です!!
折れた竜骨 下





古典部シリーズ『長い休日』が掲載された「小説 野性時代 第120号」です!!
小説 野性時代 第120号





古典部シリーズ『連峰は晴れているか』が掲載された「野性時代 第56号 62331-57 KADOKAWA文芸MOOK (KADOKAWA文芸MOOK 57)」です!!
野性時代 第56号 62331-57 KADOKAWA文芸MOOK (KADOKAWA文芸MOOK 57)





古典部シリーズ『鏡には映らない』が掲載された「小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)」です!!
小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)





◆米澤穂信先生の作品はこちら。
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

城平京先生『虚構推理』がコミカライズ!!新創刊される「少年マガジンR」(講談社刊)にて連載開始!!

城平京先生『虚構推理 鋼人七瀬』(講談社刊)と言えば「第12回本格ミステリ大賞」小説部門の受賞作。

第12回本格ミステリ大賞(小説部門、評論・研究部門)発表!!栄冠はどの作品!?

そんな『虚構推理 鋼人七瀬』がコミカライズ(漫画化)されることが判明しました。
漫画版のタイトルはそのものズバリ「虚構推理」!!
作画を担当されるのは気鋭の新人・片坂緑先生とのこと。

そして……その連載が行われるのは2015年4月20日に新創刊される雑誌「少年マガジンR」(講談社刊)!!
「少年マガジンR」は偶数月隔月刊とのことで、2ヶ月に一回コミック版「虚構推理」が読めるようになるのです!!
これは朗報です!!

ちなみにコミック版「虚構推理」のあらすじは次の通り。

<あらすじ>

怪異になってしまった1人の少女と、怪異にさえ恐れられる1人の男の物語。2人が出会った時、何が生まれるのか…。
(公式HPより)


でもって、原作となる『虚構推理 鋼人七瀬』のあらすじは次の通り。

<あらすじ>

<本格ミステリ大賞受賞作!>
深夜、悲運のアイドルの亡霊は鉄骨を片手に街を徘徊する。その都市伝説の名は――鋼人七瀬。

「そんなのは推理じゃなくて、欺瞞じゃない!?」真実を求めるよりも過酷な、虚構の構築。
自身もまた怪異的な存在である岩永琴子の推理と知略は本物の怪異が起こす事件を止めることができるのか!?

終始ゾクゾクしっぱなし……息もつかせぬ物語とはまさにこのことだと思います。意外な展開、予想外な事実、桁外れな人物、奇妙な現実、異様な虚構、奇想天外な“戦い”――。絶妙に狙い澄まして放たれる数々の“驚き”の奔流に溺れそうになりましたが、エラ呼吸を会得することでどうにか事なきを得ました。
のちの半魚人である(←新しい都市伝説)。――『僕は友達が少ない』の平坂読氏推薦!!

「本格」の今後が有する可能性を大きく押しひろげた一作(作家・氷川透)
ただただ作者の才能に嫉妬するばかり(作家・黒田研二)
おおおお前を倒すのはこの俺だ!(作家・汀こるもの)
内奥に錨を下ろした論理、奇矯でありながらつらぬかれたロジック。破格のミステリ(作家・辻真先)
辻褄の合った論理こそ、時には真実から最も遠ざかるものではないか――(書評家・千街晶之)
驚きを通り越して爽やかな敗北感さえ抱かされた(作家・太田忠司)
「真相」の意味について刺激的な考察を展開(作家・大山誠一郎)
「本格ミステリのロジック」の持つ魅力と危うさを純粋培養したような小説(作家・光原百合)
(公式HPより)


原作はご覧の通り著名作家さんから多くの称賛を集めた作品。
このコミカライズだけに期待が高まります!!

さらに、新創刊された「少年マガジンR」には本作以外にも加藤元浩先生の『Q.E.D. 証明終了』が『Q.E.D. iff-証明終了-』として再始動!!

「Q.E.D.証明終了」は「月刊少年マガジン+」に連載されていた作品。
2014年8月号に掲載された「代理人」以降「月刊少年マガジン+」が発行されず、去就が注目されていました。

「Q.E.D.証明終了 代理人」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2014年8号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

そのリブート作品が遂に登場とのことで、こちらも見逃せない!!

さて、こうなると「少年マガジンR」自体がミステリファンにとってチェックすべき雑誌と言えそう。
要注目です!!

「Q.E.D.証明終了 iff」1話(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジンR 2015年1号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
・城平京先生には『虚構推理』以外にも、名作『名探偵に薔薇を』もあります。
『名探偵に薔薇を』(城平京著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「虚構推理 鋼人七瀬 (講談社ノベルス)」です!!
虚構推理 鋼人七瀬 (講談社ノベルス)





「名探偵に薔薇を (創元推理文庫)」です!!
名探偵に薔薇を (創元推理文庫)





キンドル版「名探偵に薔薇を」です!!
名探偵に薔薇を



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。