2016年05月14日

【ドラマ情報】門井慶喜先生『東京帝大叡古教授』(小学館刊)が「スペシャルドラマ 叡古教授の事件簿」としてドラマ化!!

2016年5月21日、門井慶喜先生『東京帝大叡古教授』(小学館刊)が「スペシャルドラマ 叡古教授の事件簿」としてドラマ化されることが明らかになりました。

原作である『東京帝大叡古教授』については過去にネタバレ書評(レビュー)していますね。

『東京帝大叡古教授』(門井慶喜著、小学館刊)ネタバレ書評(レビュー)

そのドラマ版ですが、キャストは主人公・宇野辺叡古に藤木直人さん。
他に宇梶剛士さん、浅野ゆう子さん、田中直樹さん、白洲迅さん、武田鉄矢さんらが出演されるとのこと。

また、舞台を現代に移してのドラマ化となるそうです。
原作はあの時代背景だったからこその作品でしたが、かなり大胆なアレンジが施されているのかも!?
特に阿蘇藤太のアレは流石に無理だろうし。

ちなみに主人公である「宇野辺叡古」の名は「ウンベルト・エーコ」氏が由来。
モデルとなったウンベルト・エーコ氏は2016年2月19日に亡くなられています。

これまたちなみに、ドラマ版のあらすじは次の通り。

<あらすじ>

捜査のたびにヘマばかりやらかしている警視庁捜査一課の刑事・南波陽人(田中直樹)はある日、捜査一課長・五十嵐修(武田鉄矢)に呼び出される。なんでも、南波の母校である帝都大学の法学部教授に『犯罪捜査百年史』なる本の監修を頼んでいたが、制作中止になってしまったため、謝罪に行ってほしいというのだ。南波は「こんなことをするために刑事になったわけじゃない…」と不本意ながらも、手土産を片手に帝都大学へ。だが、そこで思いがけない事件に遭遇する。次期学長候補だった医学部教授・高寺保の遺体が、講堂で見つかったのだ! しかも、高寺の遺体は舞台の天井からロープで吊るされ、どん帳には謎の数字を羅列した暗号が残されていた…。そんな不可解極まりない事件現場へ、興味深げに「この事件には物語がありそうだ」とつぶやく男が姿を現す。その男こそは南波が会いに行った人物――地球上のあらゆる学問に精通する文系の天才で、「知の巨人」の異名を取る宇野辺叡古(藤木直人)だった!

南波ら捜査一課はさっそく捜査を開始。その矢先、あろうことか事件現場から叡古が愛用しているパイプ用のタバコの葉が見つかる! どうやら犯人は叡古を犯人に仕立て上げようとしたらしい…。一体なぜ犯人は事件を起こすに至り、さらには叡古を巻き込もうとしたのか!?  その“物語”を読み解こうと立ち上がった叡古は、助手の阿蘇藤太(白洲迅)とともに、暗号の解明に着手。一方、捜査一課は容疑者として副学長・戸村麻美(浅野ゆう子)ら、被害者と次期学長の座を争っていた大学関係者たちにも目を付けるが、捜査は難航し…。

事件の早期解決を目指し、五十嵐は叡古を捜査アドバイザーに任命。捜査一課係長・川添徳治(宇梶剛士)からお目付け役を命じられた南波は、しぶしぶ叡古と行動を共にする。そんな中、帝都大学内で第二の教授殺害事件が発生! しかも、現場にはまたしても謎の暗号が残されており…。
(公式HPより)


こうしてあらすじを見る限り、展開こそ宇野辺叡古に容疑が向かうなど似通っているものの、原作とは異なる点が多い様子。
要注目せよ!!

◆関連過去記事
『東京帝大叡古教授』(門井慶喜著、小学館刊)ネタバレ書評(レビュー)

文庫版「東京帝大叡古教授 (小学館文庫 か 44-1)」です!!
東京帝大叡古教授 (小学館文庫 か 44-1)



キンドル版「東京帝大叡古教授」です!!
東京帝大叡古教授



キンドル版「明治断頭台 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)」です!!
明治断頭台 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)

posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

【2016年5月5日】東野圭吾先生原作「ガリレオ」シリーズが「日本映画専門チャンネル」にて一挙放送中!!

「実に面白い!!」と言えば東野圭吾先生原作「ガリレオ」実写版での湯川の名台詞。
そんな「実に面白い!!」が2016年5月5日12時現在「日本映画専門チャンネル」さんにて連発されています。
湯川が1話につき1回口にしているとすれば、既に5回くらいは口にしている計算に。

そう、「日本映画専門チャンネル」さんにて「ガリレオ」が一挙放送中です。
しかも、今回の一挙放送は一味も二味も違う。
なんと、2007年と2013年に放送された2度の連続ドラマ版だけではなく、スペシャルドラマに映画版からスピンオフまでと本当に実写化されたシリーズ全てを一挙放送中。
この試み、5月5日6時30分からスタートし5月6日11時15分まで日を跨いでの放送になる模様。

具体的には次の通り。

「ガリレオΦ(エピソードゼロ)」:5月5日6時30分から(放送終了)
「ガリレオ(2007年)」:5月5日8時30分から(放送中)
「ユンゲル(弓削刑事主役のスピンオフ)」:5月5日17時15分から
「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ(内海刑事主役のスペシャルドラマ)」:5月5日18時20分から
「容疑者Xの献身(映画版第1弾)」:5月5日20時20分から
「ガリレオ(2013年)」:5月5日22時40分から
「タガーリン(太田川刑事主役のスピンオフ)」:5月6日10時5分から
「真夏の方程式(映画版第2弾)」:5月6日11時15分から

「ガリレオXX」以外は実写版でのほぼ作中時系列順に並んでいる(「ガリレオXX」は「容疑者Xの献身」の後の出来事)ようです。
このうち、実写版に限れば「ガリレオエピソードΦ」、「容疑者Xの献身」、「ガリレオ(2013)」、「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ」は過去にネタバレ批評(レビュー)していますね。
もちろん、原作であれば『真夏の方程式』もレビューしてます。
実際に視聴しつつ、本ブログの記事もご覧頂ければさらに楽しめる筈!!

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」(フジテレビ系、2013年)まとめ

土曜プレミアム「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ 殺人犯移送の裏に隠された危険な罠と連続殺人!シリーズ出演者が豪華総登場の完全新作SP」(6月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

実は古谷一行さん主演のドラマ版「金田一耕助」一挙放送を2016年5月2日に行っていた「日本映画専門チャンネル」さん、ミステリ好きにはなかなかに見逃せない番組構成……流石です。

とはいえ、皆さんご存知の通り管理人は視聴環境にありません。
しか〜〜〜し、視聴可能な方はこの機会を逃すなかれ!!

ちなみに、東野圭吾先生と言えば『疾風ロンド』が映画化されるとのこと。
2016年11月26日公開予定、こちらも注目すべし!!

東野圭吾先生『疾風ロンド』(実業之日本社刊)が映画化とのこと!!

【探偵ガリレオシリーズ】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

『聖女の救済』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「真夏の方程式」(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『禁断の魔術 ガリレオ8』(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

◆関連過去記事
【東野圭吾先生原作ドラマ関連】
金曜プレステージ「東野圭吾3週連続スペシャル 11文字の殺人 あの日恋人はなぜ殺されたのか?無人島より殺意を込めて…11文字に込められた悲しき殺意!クルーズツアーで何が起きたのか?」(6月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第二弾!“ブルータスの心臓” 完全犯罪殺人リレー バトンは死体!大阪〜名古屋〜東京をつなぐトリックと殺意!悪女に翻弄されるエリート研究者の運命は!?」(6月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第三弾!“回廊亭殺人事件” 最愛の恋人を殺され復讐の鬼と化した女…整形で顔を変え巨額遺産をめぐり欲望渦巻く一族に潜入!愛を奪った犯人は誰なのか?」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 東野圭吾スペシャル 探偵倶楽部「大ヒット原作ドラマ化!名探偵最強コンビ誕生!大物社長突然の失踪に隠されたセレブ一族の醜い骨肉の争い…消える死体…驚愕密室トリックを暴け!」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「流星の絆」(TBS系、2008年)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(前編) 病院に届く謎の脅迫状…犯人の狙いは?」(11月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(後編) 極限状況の大手術!結末に待つものは?」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

日曜洋画劇場「特別企画 ミステリースペシャル さまよう刃 地上波初!娘を奪われた父の復讐 電話が告げる真犯人!衝撃の結末」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

ドラマスペシャル「白銀ジャック 120万部のベストセラー初映像化!!スキー場爆破予告!!雪山全員が人質 妻の事故死から1年…犯人の動機は金か復讐か!?感動と衝撃の結末 厳寒の雪山完全ロケ」(8月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」(フジテレビ系、2012年)まとめ

【東野圭吾先生著作ネタバレ書評(レビュー)】
「探偵倶楽部」(東野圭吾著、角川書店刊)

「白夜行」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「幻夜」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「殺意取扱説明書(毒笑小説より)」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「夜明けの街で」(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

「11文字の殺人」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ブルータスの心臓」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「回廊亭殺人事件」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ゲームの名は誘拐」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『秘密』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『犯人のいない殺人の夜』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『使命と魂のリミット』(東野圭吾著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『分身』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『変身』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『プラチナデータ』(東野圭吾著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『怪しい人びと』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『あの頃の誰か』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『さまよう刃』(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『白銀ジャック』(東野圭吾著、実業之日本社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『疾風ロンド』(東野圭吾著、実業之日本社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『天空の蜂』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『君の瞳に乾杯』(東野圭吾著、光文社刊『宝石 ザ ミステリー 2014夏』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『水晶の数珠』(東野圭吾著、光文社刊『宝石 ザ ミステリー 2016』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ東野作品人気ランキング発表』(東野圭吾作家生活25周年祭り実行委員会編、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【マスカレード・ホテルシリーズ】
『マスカレード・ホテル』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『マスカレード・イブ』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ラプラスの魔女シリーズ】
『ラプラスの魔女』(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『あの風に向かって翔べ』(東野圭吾著、角川書店刊『小説野性時代 2015年6月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【探偵ガリレオシリーズ】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

『聖女の救済』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「真夏の方程式」(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『禁断の魔術 ガリレオ8』(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」(フジテレビ系、2013年)まとめ

土曜プレミアム「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ 殺人犯移送の裏に隠された危険な罠と連続殺人!シリーズ出演者が豪華総登場の完全新作SP」(6月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【加賀恭一郎シリーズ】関連過去記事
・シリーズ2作目「眠りの森」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『眠りの森』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ7作目「赤い指」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「赤い指」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ8作目「新参者」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「新参者」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ9作目「麒麟の翼」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「麒麟の翼」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ10作目「祈りの幕が下りる時」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『祈りの幕が下りる時』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ドラマ版「新参者」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「新参者」(TBS、2010年)

・ドラマ版「赤い指」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指 シリーズ人気No.1ドラマ化最愛の人が殺人を犯したら!?加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは “新参者”加賀恭一郎再び!」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・ドラマ版「眠りの森」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
新春ドラマスペシャル「眠りの森 人気No.1熊川哲也Kバレエ監修 加賀VS美しきダンサー シリーズで初めて加賀が女性に惑わされる!!容疑者はバレエ団全員 涙の真実と哀しき愛」(1月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
米国版「容疑者Xの献身」発売される!!タイトルは「The Devotion of Suspect X」!!

韓国版『白夜行』遂に上陸!!2012年1月7日(土)日本公開!!

東野圭吾先生「人気作品ランキング」中間結果発表!!

東野圭吾先生が中国でブームに!?

東野圭吾先生「容疑者Xの献身」が上海で舞台化!!

東野圭吾先生原作『浪花少年探偵団シリーズ』(講談社刊)がTBS系月曜20時枠にてドラマ化決定!!

「エドガー賞 最優秀小説(作品)賞」受賞作発表、モー・ヘイダー『Gone(ゴーン)』に!!

東野圭吾先生原作の映画版『麒麟の翼』『夜明けの街で』『さまよう刃』が台湾にて2012年4月20日より公開!!

東野圭吾先生『容疑者Xの献身』がエドガー賞候補に!!気になる結果は2012年4月26日!!でも、何故2012年の今なのか、知りたいと思いませんか!?

東野圭吾先生『プラチナデータ』(幻冬舎刊)が映画化!!公開は2013年を予定!!

フジテレビ系列木曜劇場にて東野圭吾先生原作作品を続々ドラマ化!!その名も「東野圭吾ミステリーズ」!!

東野圭吾先生『○笑小説』シリーズから3本の短編が実写ドラマ化!!

シネマトゥデイさんが“東野圭吾”先生の秘密に迫りました!!

映画「秘密」に海外版があった!?その名は「秘密 THE SECRET」

『ガリレオ』再度ドラマ化!!2013年4月期より月9ドラマに!!

韓国版『容疑者Xの献身』こと『容疑者X 天才数学者のアリバイ』が2013年4月20日より日本公開とのこと!!

東野圭吾先生『さまよう刃』が韓国にて映画化!!

『ガリレオ』スピンオフドラマ制作決定!!その名は『タガーリン(仮)』!!

東野圭吾先生、加賀シリーズ最新作(第10弾)発売決定!!タイトルは『祈りの幕が下りる時』とのこと!!

『新参者』『赤い指』『麒麟の翼』に続くTBS版第4の「加賀シリーズ」実写ドラマ化判明!!2014年1月放送予定は『眠りの森』か!?

東野圭吾先生『白銀ジャック』(実業之日本社刊)がドラマ化されるとのこと!!

東野圭吾先生『天空の蜂』(講談社刊)が映画化されるとのこと!!

講談社刊『イブニング』にて東野圭吾先生『天空の蜂』が猫田ゆかり先生によりコミカライズ!!2月10日発売の5号より連載開始!!

【2015年3月】東野圭吾先生新作タイトル発表!!その名は『ラプラスの魔女』(角川書店刊)、2015年5月15日発売予定!!

東野圭吾先生『ラプラスの魔女』スピンオフが本編発売前に早くも登場!!『あの風に向かって翔べ』は『小説野性時代 2015年6月号』(角川書店刊)に掲載とのこと!!

東野圭吾先生『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が中国にて映画化とのこと!!

【2016年3月】映画「容疑者Xの献身」と「真夏の方程式」が「土曜プレミアム」にて放送とのこと!!

「ガリレオ Blu-ray BOX」です!!
ガリレオ Blu-ray BOX



「ガリレオ [DVD]」です!!
ガリレオ [DVD]



「ガリレオII [Blu-ray-BOX]」です!!
ガリレオII [Blu-ray-BOX]



「ガリレオXXダブルエックス 内海薫最後の事件 愚弄ぶ[Blu-ray]」です!!
ガリレオXXダブルエックス 内海薫最後の事件 愚弄ぶ[Blu-ray]



実は本作にはゲーム版もありました。
「ガリレオ」です!!
ガリレオ



キンドル版「東野圭吾の謎」です!!
東野圭吾の謎

posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

【ドラマ情報】吉村達也先生「惨劇の村シリーズ」の一作『花咲村の惨劇』(徳間書店刊)が「月曜名作劇場」にてドラマ化とのこと!!

TBS系「月曜名作劇場」にて吉村達也先生「惨劇の村シリーズ」の一作『花咲村の惨劇』(徳間書店刊)がドラマ化されることが明らかになりました。

「惨劇の村シリーズ」は「花鳥風月」を名に冠した『花咲村の惨劇』『鳥啼村の惨劇』『風吹村の惨劇』『月影村の惨劇』と『最後の惨劇』、「四神」を名に冠した『朱雀村の惨劇』『白虎村の惨劇』『青龍村の惨劇』などがあります。
これはドラマ版もシリーズ化が期待出来るのではないでしょうか!?

その試金石となるであろう『花咲村の惨劇』。
この主人公でミステリ作家の朝比奈耕作を演じるのは小泉孝太郎さん。
小泉孝太郎さんと言えば、「月曜名作劇場」の前身である「月曜ゴールデン」では「魔性の群像 刑事・森崎慎平」にて主演されています。

月曜ゴールデン「森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平3 愛妻を殺された刑事の執念!60km移動した変死体 満員のエレベーターで消えた容疑者か!?全ての謎は瞬間移動!?」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

また、今週末(2016年5月7日)に放送される「土曜ワイド劇場」にて「家裁調査官 山ノ坊晃〜紛争解決100%の男」でも主演予定。
こちらも期待です!!

【ドラマ情報】2016年5月7日の「土曜ワイド劇場」は新シリーズ「家裁調査官 山ノ坊晃〜紛争解決100%の男」が放送予定とのこと!!

ちなみに『花咲村の惨劇』のドラマ版ですが、作家探偵が鄙びた土地を訪れて事件を解決するとの点から「ミステリー作家 六波羅一輝の推理」を思い出しました。
どのような物語となるのかも気になります。

『白骨の語り部 作家六波羅一輝の推理』(鯨統一郎著、中央公論新社刊)ネタバレ書評(レビュー)

土曜ワイド劇場「ミステリー作家 六波羅一輝の推理 白骨の語り部(白骨の語り部〜遠野オシラサマ伝説殺人!死体が一夜で白骨に!?トリック作家が挑む美人四姉妹の謎)」(12月4日放送)ネタバレなし批評(レビュー)

そんなドラマ版『花咲村の惨劇』は2016年6月6日放送予定、注目です!!

◆「鯨統一郎先生」関連過去記事
【書籍関連記事】
『白骨の語り部 作家六波羅一輝の推理』(鯨統一郎著、中央公論新社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『新・世界の七不思議』(鯨統一郎著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ドラマ関連記事】
土曜ワイド劇場「ミステリー作家 六波羅一輝の推理 白骨の語り部(白骨の語り部〜遠野オシラサマ伝説殺人!死体が一夜で白骨に!?トリック作家が挑む美人四姉妹の謎)」(12月4日放送)ネタバレなし批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「ミステリー作家 六波羅一輝の推理(2) 京都・陰陽師の殺人〜洋館に響く悲鳴!呪いで人は殺せるか!?推理オタクが挑む!華麗な一族 千年の秘密!!〜」(4月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「ミステリー作家 六波羅一輝の推理(3) ニライカナイの語り部 南海の離島連続殺人!! 神の島伝説・悲恋の女 崖っぷちコンビが挑む!! 鉄壁のアリバイ 」(9月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
邪馬台国はどこですか?

鯨統一郎先生『ストーンヘンジの不思議』(『新・世界の七不思議』収録、東京創元社刊)がドラマ化!!その名も「歴史(ヒストリカル)カクテル」とのこと!!

「花咲村の惨劇 (徳間文庫―「惨劇の村」五部作)」です!!
花咲村の惨劇 (徳間文庫―「惨劇の村」五部作)



「鳥啼村の惨劇 (徳間文庫―「惨劇の村」五部作)」です!!
鳥啼村の惨劇 (徳間文庫―「惨劇の村」五部作)



「風吹村の惨劇 (トクマ・ノベルズ―惨劇の村)」です!!
風吹村の惨劇 (トクマ・ノベルズ―惨劇の村)



「月影村の惨劇 (徳間文庫―「惨劇の村」五部作)」です!!
月影村の惨劇 (徳間文庫―「惨劇の村」五部作)



「最後の惨劇 (徳間文庫―「惨劇の村」五部作)」です!!
最後の惨劇 (徳間文庫―「惨劇の村」五部作)

posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。