2015年12月08日

【2015速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2015」発表!!

「週刊文春ミステリーベスト10 2015」が発表されました!!

◆「週刊文春ミステリーベスト10 2015

各タイトルのリンクは「ネタバレ書評(レビュー)」に繋がっています。

順位国内海外
王とサーカス悲しみのイレーヌ
スキン・コレクター
戦場のコックたちありふれた祈り
ミステリー・アリーナ
鍵の掛かった男偽りの楽園
片桐大三郎とXYZの悲劇エンジェルメイカー
新しい十五匹のネズミのフライ
ジョン・H・ワトソンの冒険
もう過去はいらない
鳩の撃退法悪魔の羽根
キャプテン・サンダーボルトゲルマニア
10オルゴーリェンヌ、さよならの手口禁忌


国内編1位は米澤穂信先生『王とサーカス』(東京創元社刊)に。

米澤先生、おめでとうございます!!

これにより『ミステリが読みたい!』と同じく前年度の『満願』(新潮社刊)に続き2年連続1位に。
これで「早ミス」と「文春ミス」の2冠達成!!
『満願』と同じく3冠も手堅いか!?

2位には東山彰良先生『流』(講談社刊)。
「第153回直木賞受賞作品」がランクイン!!
「早ミス」では4位でした。

3位は深緑野分先生『戦場のコックたち』(東京創元社刊)。
「早ミス」では2位。

4位は深水黎一郎先生『ミステリー・アリーナ』(原書房刊)がランクイン。

管理人が一読後にランクインを確信した作品。
多重推理ものの傑作です、読むべし!!

5位には有栖川有栖先生『鍵の掛かった男』(幻冬舎刊)。
「作家アリスシリーズ」最新作がランクイン。
「作家アリスシリーズ」は2016年1月から日本テレビ系にて連続ドラマ化が発表されています。

「作家アリスシリーズ」遂にドラマ化!!その名も日本テレビ系「臨床犯罪学者 火村英生の推理」とのこと!!

6位には倉知淳先生『片桐大三郎とXYZの悲劇』(文藝春秋社刊)。

これまた管理人が一読後にランクインを確信した作品。
本歌取りの傑作です、読むべし!!

7位は島田荘司先生『新しい十五匹のネズミのフライ ジョン・H・ワトソンの冒険』(新潮社刊)。
島田先生と言えば『星籠の海』(講談社刊)が2016年に映画公開予定。

8位は佐藤正午先生『鳩の撃退法』(小学館刊)。
9位は阿部和重先生、伊坂幸太郎先生『キャプテン・サンダーボルト』(文藝春秋社刊)。
10位は北山猛邦先生『オルゴーリェンヌ』(東京創元社刊)と若竹七海先生『さよならの手口』(文藝春秋社刊)。

さて、10位以内となりますが今年は例年と異なり全体的に『早ミス』と重なる点が多いですね。
『王とサーカス』『流』『戦場のコックたち』『ミステリー・アリーナ』『キャプテン・サンダーボルト』『オルゴーリェンヌ』『さよならの手口』の7作が共にランクイン。

さて、今後の注目ポイントは次の2点。

1.2冠を達成した『王とサーカス』が『本ミス』『このミス』にて3冠(4冠)に挑む。
2.『流』(『早ミス』4位『文春』2位)、『戦場のコックたち』(『早ミス』2位『文春』3位)、『ミステリー・アリーナ』(『早ミス』3位『文春』4位)、『キャプテン・サンダーボルト』(『早ミス』8位『文春』9位)、『オルゴーリェンヌ』(『早ミス』6位『文春』10位)、『さよならの手口』(『早ミス』10位『文春』10位)がベスト10皆勤となるか?

果たして!?

そして、海外。

1位はピエール・ルメートル『悲しみのイレーヌ』(文藝春秋社刊)。
こちらも『その女アレックス』に続き2年連続で1位達成!!
『ありふれた祈り』、『判決破棄 リンカーン弁護士』と共に2冠を狙うことに。

2位はジェフリー・ディーヴァー『スキン・コレクター』(文藝春秋社刊)。

3位はウィリアム・ケント・クルーガー『ありふれた祈り』(早川書房刊)。
『早ミス』1位の作品、此処での3位から考えると全体的に高評価の様子。

では、残る『本ミス』『このミス』に向けての注目ポイント。

まず、『悲しみのイレーヌ』『ありふれた祈り』『判決破棄 リンカーン弁護士』の2冠達成なるか!?

さらに、次の作品の10位以内皆勤なるか!?

『もう過去はいらない』(『IN★POCKET』2位『早ミス』4位『文春』7位)
『悪魔の羽根』(『IN★POCKET』5位『早ミス』3位『文春』8位)
『偽りの楽園』(『IN★POCKET』10位『早ミス』9位『文春』5位)

『もう過去はいらない』、『悪魔の羽根』、『偽りの楽園』の3作はバランスの良い作品と呼んで差支えなさそうです。

残る『本ミス』『このミス』も同様の流れになるか注目です!!
以上、速報でした。

◆【2015速報】現在までのランキング
【2015速報】「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 2015」発表!!

◆関連過去記事
2015年(2014年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2014年(2013年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2013年(2012年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2012年(2011年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2011年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2010年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

【2014速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2014」発表!!

【2013速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2013」発表!!

【2012速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2012」発表!!

【2011速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2011」発表!!

【速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2010」発表!!

「週刊文春傑作ミステリー・ベスト10―最強の300冊」です!!
週刊文春傑作ミステリー・ベスト10―最強の300冊





「東西ミステリーベスト100 (文春文庫)」です!!
東西ミステリーベスト100 (文春文庫)





posted by 俺 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2015速報】『ミステリが読みたい!2016年版』発表!!

『ミステリが読みたい2016年版』が発表されました!!
今年もムックとして発売されず『ミステリマガジン 2016年1月号』内にてランキングが発表されています。

果たして気になる結果は?

◆「ミステリが読みたい2016年版」(早川書房、ミステリマガジン編集部編 2015年11月25日発売)

注意:各タイトルのリンクは「ネタバレ書評(レビュー)」、あるいは関連記事に繋がっています。

順位国内海外
王とサーカスありふれた祈り
戦場のコックたち
ミステリー・アリーナ悪魔の羽根
夏の沈黙、もう過去はいらない
その可能性はすでに考えたなし
オルゴーリェンヌエンジェルメイカー
血の弔旗髑髏の檻
キャプテン・サンダーボルト街への鍵
死と砂時計偽りの楽園
10さよならの手口禁忌



国内1位は米澤穂信先生『王とサーカス』(東京創元社刊)!!
見事、米澤穂信先生が1位に輝きました。
これにより、前年度の『満願』に続き『ミステリが読みたい!』2年連続1位に!!

米澤先生、おめでとうございます!!

『王とサーカス』は「ベルーフシリーズ」の長編作品。
ある種、太刀洗エピソード0とも呼べる作品です。
此の後のランキングにも大きな影響を与えることが予想されるだけに目が離せません。
ちなみに、2015年12月21日にはシリーズ最新短編集『真実の10メートル手前』が発売予定。

【2015年12月】米澤穂信先生「ベルーフシリーズ」連作短編集『真実の10メートル手前』が12月21日発売予定!!

そして、2位には深緑野分先生『戦場のコックたち』(東京創元社刊)。

深緑野分先生と言えば『オーブランの少女』(東京創元社刊)にて『ミステリが読みたい!2015年版』8位を獲得されています。
こちらも2年連続のランクインです。

『オーブランの少女』(深緑野分著、東京創元社刊「ミステリーズ vol.44」掲載)ネタバレ書評(レビュー)

3位には深水黎一郎先生『ミステリー・アリーナ』(原書房刊)がランクイン。

管理人が一読後にランクインを確信した作品。
多重推理ものの傑作です、読むべし!!

4位は東山彰良先生『流』(講談社刊)。
「第153回直木賞受賞作品」がランクイン!!

5位には井上真偽先生『その可能性はすでに考えた』(講談社刊)。
6位には北山猛邦先生『オルゴーリェンヌ』(東京創元社刊)。
7位は藤田宜永先生『血の弔旗』(講談社刊)。
8位は阿部和重先生、伊坂幸太郎先生『キャプテン・サンダーボルト』(文藝春秋社刊)。
9位は鳥飼否宇先生『死と砂時計』(東京創元社刊)。

10位は若竹七海先生『さよならの手口』(文藝春秋社刊)。
『依頼人は死んだ』『悪いうさぎ』などの葉村晶シリーズ最新作。
発売は2014年11月の作品で1年越しながらも評価を集めました!!

さて、この時点での国内総括。

『王とサーカス』強し、他ランキングも席巻しそう。
『戦場のコックたち』も『ミステリー・アリーナ』もランキング常連になりそうな予感。
とはいえ、他の作品も底力があり「このミス」「文春」も同様の作品が並ぶと予想されます。

一方、海外作品。

『ありふれた祈り』が1位。
「アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作」です。
此の時点で5冠達成は断たれることとなりましたが、果たして4冠なるか!?

ちなみに『IN★POCKET』と『ミステリが読みたい!』に共通する作品を見てみると……。

『もう過去はいらない』(『IN★POCKET』2位『ミステリが読みたい!』4位)
『髑髏の檻』(『IN★POCKET』3位『ミステリが読みたい!』7位)
『悪魔の羽根』(『IN★POCKET』5位『ミステリが読みたい!』3位)
『偽りの楽園』(『IN★POCKET』10位『ミステリが読みたい!』9位)

この4作は安定した作品と言えるか。

その他の作品については投票期間の差もあるのでしょうが、かなり異なりましたね。
さて、現時点での海外作品ランキングの注目点は2つ。

1.『ありふれた祈り』、『判決破棄 リンカーン弁護士』の2冠達成なるか?
2.『もう過去はいらない』『髑髏の檻』『悪魔の羽根』『偽りの楽園』のベスト10皆勤なるか?

此の点に注目しつつ続くランキングを見て行きたいと思います。

【2015速報】「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 2015」発表!!

以上、『ミステリが読みたい!2015年版』でした〜〜〜。

◆関連過去記事
2015年(2014年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2014年(2013年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2013年(2012年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2012年(2011年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2011年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2010年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

【2014速報】『ミステリが読みたい!2015年版』発表!!

【2013速報】『ミステリが読みたい!2014年版』発表!!

【2012速報】『ミステリが読みたい!2013年版』発表!!

【2011速報】「ミステリが読みたい2012年版」発表!!

【速報】「ミステリが読みたい2011年版」発表!!

上記、ランキング中で気になる本がある方はこちら。


「ミステリが読みたい!2016年版」が掲載された「ミステリマガジン 2016年 01 月号 [雑誌]」です!!
ミステリマガジン 2016年 01 月号 [雑誌]

posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

【2015速報】「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 2015」発表!!

今年(2015)も「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10」が発表されました!!

◆「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10」(講談社)

注意:各タイトルのリンクは「ネタバレ書評(レビュー)」に繋がっています。

順位海外
判決破棄 リンカーン弁護士 講談社刊
もう過去はいらない 東京創元社刊
髑髏の檻 文藝春秋社刊
ゲルマニア 集英社刊
悪魔の羽根 東京創元社刊
悪意の波紋 集英社刊
欺きの家 講談社刊
薔薇の輪 東京創元社刊
彼女のいない飛行機 集英社刊
10偽りの楽園 新潮社刊



既にご存知の方も多いと思いますが、管理人は海外ミステリにそんなに詳しくありません。
知っていると言えば、せいぜい古典の有名どころか著名作家の作品ぐらいか。
間違っても胸を張って語れるほどではない。

というワケで、分かる範囲での感想を軽〜〜〜く。

1位は『判決破棄 リンカーン弁護士』(マイクル・コナリー著、講談社刊)。

「文庫翻訳ミステリー・ベスト10」の「皇帝」ことマイクル・コナリーが実力を発揮。
同ランキングで此処数年を振り返っただけでもその著作は必ず3位以内を占めています。

2014年には『ナイン・ドラゴンズ』が2位。
2013年には『スケアクロウ』が2位。
2012年には『真鍮の評決 リンカーン弁護士』が1位。

また「リンカーン弁護士シリーズ」としては2012年『真鍮の評決』に続き連続1位に。
更に「リンカーン弁護士シリーズ」は2011年に映画化も果たしました。

期待の新作映画「リンカーン弁護士」公開迫る!!さらに早くも続編制作決定!!テレビドラマ化の話題も!!

ちなみに2012年の海外ランキングは本命不在の状況となりましたが、今年もそうなるのか?

2位は『もう過去はいらない』(ダニエル・フリードマン著、東京創元社刊)。

前年度『もう年はとれない』で同ランキング4位を記録した「バック・シャッツシリーズ」の第2弾。
「格好良いとはこう言うことさ」とでも呟きそうな88歳の老人「バック・シャッツ」が活躍する作品です。

3位は『髑髏の檻』(ジャック・カーリイ著、文藝春秋社刊)。

モビール市警殺人課のカーソン・ライダー刑事が活躍する「PSITシリーズ」第7弾。
第6弾に先駆けての邦訳です。
また同シリーズは第4弾『ブラッドブラザー』にて2011年度の同ランキング4位を獲得しています。

さて、此処までを振り返るとあくまで印象となりますが、有名シリーズ作品続編や有名作家の作品が順当にランクインした印象。
他ランキングでもこれらが上位に入るか……それもこれももう数日以内ではっきりしそうです。
今後も要注目!!

◆関連過去記事
2015年(2014年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2014年(2013年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2013年(2012年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2012年(2011年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2011年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2010年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

【2014速報】「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 2014」発表!!

【2013速報】「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 2013」発表!!

【2012速報】「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 2012」発表!!

【2011速報】「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 2011」発表!!

【速報】「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10」発表!!

上記、ランキング中で気になる本がある方はこちら。


ランキングが掲載された「IN★POCKET 2015年11月号」です!!
IN★POCKET 2015年11月号

posted by 俺 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。