2015年02月11日

2015年2月13日放送の「宮崎美子のすずらん本屋堂」は「ミステリ大特集」!!ゲストは綾辻行人先生とのこと!!

「宮崎美子のすずらん本屋堂」と言えば、女優の宮崎美子さんが司会を務め、毎週金曜日22時から放送されるBS11の人気番組。
人気の作家さんや注目の作家さんをゲストに迎え、読書通として知られる宮崎さんが深い知識に基づきトークやインタビューを繰り広げるのが魅力です。

過去には、管理人が大ファンの米澤穂信先生も出演されています。

米澤穂信先生、2013年2月19日放送のBS11「宮崎美子のすずらん本屋堂」に出演!!

その「すずらん本屋堂」の2月13日放送分に綾辻行人先生が出演されることが判明しました。
さらに、書評家の杉江松恋先生もコメンテーターとして参加されるとのこと。

そんな2月13日のテーマはもちろん「ミステリ大特集」!!
「特集」ではありませんよ「大特集」なのです。
すなわち、通常の特集よりもスゴイ!!

具体的な番組内容はこちら。

<番組内容>

ゲストに綾辻行人さんをお迎えして「すずらん本屋堂ミステリ大特集」をお送りします。今、書店を覗くと平積みされている本の中でも、推理小説が目立って多く、実際に本を手に取る人も、やはりミステリ…。ではなぜ「ミステリ」を読む人が多いのでしょうか?番組では、ミステリ人気の謎を探ると共に、読者の目的別ミステリ作家チャートを作成。普段、ミステリに馴染みの無い方にもミステリの楽しみ方を伝授致します!スペシャルゲストの綾辻行人さんは、1987年『十角館の殺人』(講談社刊)でデビュー。これまでに館を舞台にした館シリーズ9作品を発表し、緻密に計算された巧妙なトリックを武器に、クライマックスで思いも寄らない大どんでん返しで、ファンを魅了し続けています。スタジオでは、綾辻さんが執筆時に使っていた貴重な創作ノートを披露して頂き、館シリーズの知られざる魅力と緻密な創作の裏側に迫まります!また、「大の綾辻ファン」を自称する作家の辻村深月さん、東川篤哉さんに「ベストオブ館シリーズ」について熱く語って頂きました。さらに、番組の後半では本格学園ホラーの名作『Another』、そしてその続編の『AnotherエピソードS』(KADOKAWA 角川書店刊)についてもたっぷりとお話を伺います。
また、今回のすずらん本屋堂では「犯人当て」にチャレンジ!学生時代、京都大学推理小説研究会に所属し、仲間と作品を持ち寄り、互いに「犯人当て」に興じていたという綾辻さん。そこで、綾辻さん、宮崎さん、そしてミステリご意見番の杉江松恋さんを交えて、スタジオで京大推理小説研究会の「犯人当て」に挑戦。はたして、宮崎さんはどんな迷推理を展開するのでしょうか?乞うご期待!!
(公式HPより)


おおおおおおおっ、流石は大特集!!
内容が濃い、そして深いっ!!

何と言っても番組内容から管理人が気になったポイントは3つ。

1つ目、読者の目的別ミステリ作家チャート。
2つ目、綾辻先生の創作ノート。
3つ目、「犯人当て」にチャレンジ!!

1つ目は今後の読書の指標になりそうだし、2つ目は綾辻先生の館シリーズの謎に迫れそう。
そして、何より「犯人当て」が興味深い。

1時間と言う限られた放送時間内に加え、1コーナーのようなのでおそらく超短編的な「フーダニット」になるのだとは思うけど物凄く興味が湧いて来るじゃないですか。

また、それ以外にも2015年2月現在『小説野性時代』(角川書店刊)にて連載中の『Another 2001』にも言及されるかも……。

綾辻行人先生「Another」シリーズ続編『Another 2001』が『小説野性時代132号(11月号)』にて連載開始!?

コレは……ミステリファンは視るべき番組だと断言しても良いのでは!?

そんな「宮崎美子のすずらん本屋堂」の「ミステリ大特集」は2015年2月13日22時からBS11にて放送。
視聴可能なミステリ者は視るべし!!

◆「宮崎美子のすずらん本屋堂」関連過去記事
米澤穂信先生、2013年2月19日放送のBS11「宮崎美子のすずらん本屋堂」に出演!!

◆「綾辻行人」先生関連過去記事
「Another」(綾辻行人著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

十角館の殺人(綾辻行人著、講談社刊)ネタバレ批評(レビュー)

水車館の殺人(綾辻行人著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

綾辻行人先生次回作「奇面館の殺人」執筆好調!?

『奇面館の殺人』発売日決定か!?2012年1月初旬、講談社ノベルスにて発売予定!!

『Another』関連ブルーレイ・DVDが続々、アニメ「Another コンプリートBlu-ray BOX」に映画版「Another」も!!

綾辻行人先生『Another』外伝となる『Another episode S』連載を『小説屋sari‐sari 2012年9月号』(角川書店刊)にて開始!!

綾辻行人先生『Another』スピンアウトと続編の存在を示唆?その名も『Another 〜episode S』と『Another 2(仮題)』!!

アニメ版『Another』ブルーレイ&DVD、早くも予約開始!!

コミック版「Another」3巻は本日発売!!そして、メイのこれまでを描いた幻のエピソードゼロとは!?

綾辻行人さん原作「Another」が漫画化!!

綾辻行人先生原作の実写映画版「Another」主演が発表!!

メディアミックス続く……綾辻行人先生原作「Another」アニメ化!!

さらにメディアミックス続く……綾辻行人先生「Another」ついに映画化!!

綾辻行人先生原作アニメ版「Another」キャラクター原案は「涼宮ハルヒ」のいとうのいぢ先生に決定!!

綾辻行人先生「Another」シリーズ続編『Another 2001』が『小説野性時代132号(11月号)』にて連載開始!?

『Another 2001』が連載開始された「小説 野性時代 第132号 (新野性時代)」です!!
小説 野性時代 第132号 (新野性時代)





「Another エピソード S」です!!
Another エピソード S





「綾辻行人殺人事件 主たちの館 (講談社ノベルス)」です!!
綾辻行人殺人事件 主たちの館 (講談社ノベルス)





「Another コンプリートBlu-ray BOX」です!!
Another コンプリートBlu-ray BOX





「アナザー Another Blu-ray スペシャル・エディション」です!!
アナザー Another Blu-ray スペシャル・エディション





「アナザー Another DVD スペシャル・エディション」です!!
アナザー Another DVD スペシャル・エディション





文庫版「Another(上)」です!!
Another(上)





文庫版「Another(下)」です!!
Another(下)





オリジナルエピソード収録「Another 0巻 オリジナルアニメDVD同梱版」です!!
Another 0巻 オリジナルアニメDVD同梱版





「Another (アナザー) 見崎鳴 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)」です!!
Another (アナザー) 見崎鳴 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)





「Another ( アナザー ) PMフィギュア 見崎鳴 全1種」です!!
Another ( アナザー ) PMフィギュア 見崎鳴 全1種





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さん情報!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

【祝】米澤穂信先生ご結婚!!ツイッター上ではファンからお祝いの言葉が集まる!!

「古典部シリーズ」や「小市民シリーズ」で知られ、2014年の短編集『満願』(新潮社刊)にて「山本周五郎賞」を受賞し「直木賞」候補にもなった米澤穂信先生と言えば今後も間違いなく注目の作家さんの1人。

そんな米澤先生が2014年6月にご結婚されていたことが判明しました。

なんでも情報によると、入籍されたのは「山本周五郎賞」受賞式が行われた2014年6月27日。
また、奥様とは米澤先生と親交の深い道尾秀介先生のご紹介で知り合われたのだそうで、年下のミステリーファンとのこと。
2、3年来の交際を経てのゴールインだったとされています。

これに対し、ツイッター上ではファンからの暖かいお祝いの言葉が述べられているようです。
さて、この場を借りて管理人もお祝いの言葉を。

米澤先生、ご結婚おめでとうございます(^O^)/!!

『満願』の大ヒットにご結婚と公私共に充実されている米澤先生。
今後も優れた作品を世に送り出し続けてくださるに違いありません。
とはいえ、まずは「小市民シリーズ完結編」と『E85.2(仮)』だなぁ……。

米澤穂信先生、次なる新作は太刀洗シリーズ最新長編『E85.2(仮)』とのこと!!

ちなみに、このご結婚情報はある有名ニュースサイトが報じたもの。
米澤先生ご自身のブログやツイッター上では未だ公式発表されていないようですのでご注意を。

◆関連過去記事
「インシテミル」(文藝春秋社)ネタバレ書評(レビュー)

「儚い羊たちの祝宴」(新潮社)ネタバレ書評(レビュー)

「追想五断章」(集英社)ネタバレ書評(レビュー)

「折れた竜骨」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

『Do you love me ?』(『不思議の足跡』収録、米澤穂信著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『下津山縁起』(米澤穂信著、文藝春秋社刊『別冊 文芸春秋 2012年7月号』)ネタバレ書評(レビュー)

『川越にやってください』(米澤穂信著、早川書房刊『ミステリマガジン700 国内篇』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『リカーシブル』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮』連載)ネタバレ書評(レビュー)まとめ

『リカーシブル リブート』(『Story Seller 2』収録、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【短編集『満願』収録】
『満願』(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『一続きの音』(『小説新潮 2012年05月号 Story Seller 2012』掲載、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『死人宿(ザ・ベストミステリーズ2012収録)』(米澤穂信著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『柘榴』(米澤穂信著、新潮社『Mystery Seller(ミステリーセラー)』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

「万灯(小説新潮5月号 Story Seller 2011収録)」(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『関守』(米澤穂信著、新潮社刊『小説新潮 2013年5月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

「満願(Story Seller 3収録)」(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【古典部シリーズ】
「氷菓」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「愚者のエンドロール」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「クドリャフカの順番」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「遠まわりする雛」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「ふたりの距離の概算」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

『鏡には映らない』(米澤穂信著、角川書店刊『野性時代』2012年8月号 vol.105掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『長い休日』(米澤穂信著、角川書店刊『小説野性時代 2013年11月号 vol.120』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【小市民シリーズ】
「夏期限定トロピカルパフェ事件」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

【S&Rシリーズ】
『犬はどこだ』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【太刀洗シリーズ】
『さよなら妖精』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「名を刻む死(ミステリーズ!vol.47掲載)」(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「蝦蟇倉市事件2」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)
(ナイフを失われた思い出の中に)

米澤穂信先生、次なる新作は太刀洗シリーズ最新長編『E85.2(仮)』とのこと!!

【僕と松倉シリーズ】
『913』(『小説すばる 2012年01月号』掲載、米澤穂信著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ロックオンロッカー』(米澤穂信著、集英社刊『小説すばる 2013年8月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【甦り課シリーズ】
オール讀物増刊「オールスイリ」(文藝春秋社刊)を読んで(米澤穂信「軽い雨」&麻耶雄嵩「少年探偵団と神様」ネタバレ書評)

『黒い網』(米澤穂信著、文藝春秋社刊『オール読物 2013年11月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)本放送(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

『ほたるいかの思い出』が収録された「小説新潮 2014年 07月号 [雑誌]」です!!
小説新潮 2014年 07月号 [雑誌]





「世界堂書店 (文春文庫)」です!!
世界堂書店 (文春文庫)





2014年の短編集「満願」です!!
満願





古典部シリーズ『長い休日』が掲載された「小説 野性時代 第120号」です!!
小説 野性時代 第120号





古典部シリーズ『連峰は晴れているか』が掲載された「野性時代 第56号 62331-57 KADOKAWA文芸MOOK (KADOKAWA文芸MOOK 57)」です!!
野性時代 第56号 62331-57 KADOKAWA文芸MOOK (KADOKAWA文芸MOOK 57)





古典部シリーズ『鏡には映らない』が掲載された「小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)」です!!
小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)





◆米澤穂信先生の作品はこちら。
ラベル:米澤穂信 6月27日
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さん情報!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

加賀美雅之先生、死去……

「シャルル・ベルトラン」シリーズで知られるミステリ作家・加賀美雅之先生が2013年5月に亡くなっていたことが分かりました。享年54歳。

この訃報について多くのミステリ作家の方がツイッターにて触れられています。
芦辺拓先生、太田忠司先生、深水黎一郎先生のツイートによると「本格ミステリー作家クラブ通信」にてその死が明かされたとのことで、つい先日までその死が伏せられていたようです。

寡作ながら重厚な作風で知られる加賀美先生。
また、新作に取りかかられていたとのことで、その死を知った多くのファンが衝撃を受けています。

2013年は佐野洋先生、今邑彩先生、殊能将之先生など、多くのミステリ作家の方が亡くなっていますね……。
ご冥福をお祈り致します。

「縛り首の塔の館 シャルル・ベルトランの事件簿 (講談社ノベルス)」です!!
縛り首の塔の館 シャルル・ベルトランの事件簿 (講談社ノベルス)





「監獄島(上) (光文社文庫)」です!!
監獄島(上) (光文社文庫)





「監獄島(下) (光文社文庫)」です!!
監獄島(下) (光文社文庫)



ラベル:加賀美雅之
posted by 俺 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さん情報!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。