2013年07月24日

【特報】松本清張先生、未収録短編発見さる!!その名も『女に憑かれた男』!!

大ニュースです!!松本清張先生による初期の未収録短編が発見されました!!

発見された短編の名は『女に憑かれた男』。
400字詰め原稿用紙約30枚。
1956年6月に刊行された月刊文芸誌『小説春秋』臨時増刊号に掲載されていたもので、松本清張先生が専業作家になって間もなくの作品。
全集や年譜にも未収録で単行本化もされておらず、まさに幻の作品と言えるでしょう!!

『女に憑かれた男』のあらすじはこちら。

「主人公は下宿先の人妻に言い寄られ、心中を持ちかけられる。
生き残った男は、嘱託殺人罪で服役後、勤務する印刷所でも経営者の親類の女性に心中を持ちかけられるが、また自分だけ死にきれない。
最後は工事現場の雇い主の夫人と関係を持つが、それが露見して悲劇を招く」

テーマとしては「年上の女性と心中を繰り返すが、生き残ってしまう男の転落の人生をミステリー風に綴った」ものとのこと。
また、「男は心中したのか?殺人ではないか?との疑問が最後まで残る」とのことで、『藪の中』的な結末の様子。
つまり、主人公が心中しながらも生き残ったことで「果たして初めから死ぬ気があったのか」がポイントになる模様。
やはり、後の清張作品に繋がる作風が既に見てとれますね。

『女に憑かれた男』が発見された経緯ですが、北九州市の火野葦平資料館に残されていた資料の中に同短編が掲載された『小説春秋』誌があることに、館長の坂口博さんが気付いたことが発端。
北九州市の松本清張記念館が確認したところ、未収録作品であることが明らかになったとのこと。

これはファンならずとも読みたい!!

2013年7月25日追記

当初の記事タイトルに誤りがありました。
下記の通りに訂正致します、ご注意ください。

誤:「【特報】松本清張先生、未“発表”短編発見さる!!その名も『女に憑かれた男』!!」
正:「【特報】松本清張先生、未“収録”短編発見さる!!その名も『女に憑かれた男』!!」

追記終わり


◆松本清張先生関連過去記事
【小説】
「霧の旗」(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「書道教授」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「球形の荒野」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『寒流』(松本清張著、新潮社刊『黒い画集』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『市長死す』(松本清張著、光文社刊『青春の彷徨』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『熱い空気』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『波の塔 上下』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『危険な斜面』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『疑惑』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ批評(レビュー)

『十万分の一の偶然』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『事故』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『留守宅の事件』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『黒い福音』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『密宗律仙教』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)

松本清張先生原作「砂の器」が5回目のテレビドラマ化決定。テレビ朝日制作、主演は玉木宏さん!!&「砂の器」ネタバレあらすじ

【ドラマ】
月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年スペシャル「中央流沙」(12月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ『火と汐』(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張ドラマスペシャル「顔」(12月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「松本清張ドラマスペシャル 山峡の章」(1月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

生誕100年記念作 松本清張ドラマスペシャル〜霧の旗「歌舞伎界のプリンスが現代劇初主演!原作と異なる衝撃のラスト!魔性の女3人に振り回される傲慢敏腕弁護士誰もが陥る心の闇と罠の先に待つ真実の幸せとは?真犯人は誰?」(3月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 文化庁芸術祭参加作品 松本清張2夜連続SP球形の荒野・前編「連続殺人の裏に隠された昭和史の光と影〜奈良古寺に残る亡霊の筆跡!」(11月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム 松本清張2夜連続SP球形の荒野・後編「昭和39年東京オリンピック開催日にすべての謎は明かされる!刑事も涙した戦争で引き裂かれた父娘の結末」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に放送へ!秋田−東京−伊勢−出雲、日本縦断3000キロの殺人捜査!!操車場の死体とカメダの謎!?二人の刑事が追う宿命…」(9月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に完結へ!日本縦断3000キロの捜査が暴く連続殺人の罠!?二人の刑事が見た父子永遠の旅!!天才作曲家の殺意…衝撃の結末」(9月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 張込み〜平凡な幸福を壊す殺人者!美しい人妻の秘められた過去!密会現場で刑事が最後に見た真実(3週連続松本清張特別企画“張込み” 強盗殺人犯追う刑事逃亡の果てに昔の女は家族を捨てるか?)」(11月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 鉢植を買う女〜愛したから殺した!?金に執着する女2人の戦い!死体が語る消えた3000万と花壇の謎(3週連続松本清張特別企画“鉢植を買う女” 愛する殺人…優雅な暮らしの金貸し女が愛欲に溺れたとき、不幸は始まった)」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張企画最終章 聞かなかった場所〜謎に満ちた夫の急死!燃える山鹿灯籠が暴く愛人との密会…女性官僚が堕ちた獣道(3週連続松本清張特別企画“聞かなかった場所” 夫に愛人が?女性官僚が堕ちた罠…俳句に隠された密会の屋敷)」(11月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画『市長死す 死体になるまでの5日間に市長が見たものは何か?日記に隠された市長の意外な一面が驚くべき真実を浮かび上がらせる!たった一行の文章に秘められた誰も知らない12年前の出来事…53年ぶりに隠れた名作を映像化!』(4月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「ドラマスペシャル 波の塔 汚職官僚連続殺人!!捜査検事に仕掛けられた女の罠!?“点と線”に続く大ベストセラーを完全映像化!東京〜京都〜富士、証言者を追う1000キロの旅衝撃の結末」(6月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「危険な斜面 偶然再会した元恋人によって、眠っていた“出世欲”に目覚めてしまった男…しかし芽生えたのは殺意だった!普通の男から悪魔へ…このまま男は昇りつめるか転落するか?」(9月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑 夫殺しの疑いをかけられた若き悪妻はシロかクロか?個性派女性弁護士が史上最強の悪女と闘う〜無実だったら覚えていろ!衝撃の真相とは」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画 事故〜黒い画集〜 疑惑の事故が招く連続殺人!不倫密会の代償点と線を結ぶ捜査が暴く死体移動トリック」(12月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

テレビ朝日開局55周年記念 松本清張没後20年 2週連続ドラマスペシャル「十万分の一の偶然〜激突!事故か殺人か!?東名高速四重衝突!!一枚の写真が暴く赤い火の玉の謎…結婚目前に消えた娘〜父の追跡」(12月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「松本清張没後20年スペシャル『寒流』〜黒い画集より〜エリート行員の不倫の恋が上司の嫉妬を生み運命が転がる!一体誰が悪で誰が善なのか?幻の名作の意外な結末とは」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画『留守宅の事件』〜証明より〜妻は何故殺されたか?密会と密告の罪深い闇 空白5日間の不在証明を追う刑事達の執念」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「二重葉脈: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)」です!!
二重葉脈: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)





「証明 (文春文庫)」です!!
証明 (文春文庫)





キンドル版「証明 (文春文庫)」です!!
証明 (文春文庫)





posted by 俺 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さん情報!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

『ハリー・ポッター』で知られるJ・K・ローリングさんが別名義でミステリを書いていたことが判明!!そのタイトルは『The Cuckoo's Calling』!!

『ハリー・ポッター』シリーズで知られるJ・K・ローリングさんが別名義でミステリを書いていたことが判明しました!!

「な、なんだってぇ〜〜〜」との声が聞こえて来そうですが、事実です。

実は、2013年4月に英出版社リトル・ブラウンさんより『The Cuckoo's Calling(仮訳:カッコウの鳴き声)』が刊行されていました。

この作者「ロバート・ガルブレイス(Robert Galbraith)」こそが、J・K・ローリングさんの別名義だったそうなのです。
これまで、「ロバート・ガルブレイス」は「2003年から民間の警備保障会社に勤務している英軍警察の元隊員」とされていました。

しかし、読者の中にはその文体の癖から「J・K・ローリングさんではないか」との噂が早くからあったそうです。
其処で英サンデー・タイムズ紙が追跡調査していたところ、この事実が判明したとのこと。

こうなると、気になるのは『The Cuckoo's Calling』の内容。
あらすじはこちら。

<あらすじ>

アフガニスタンで負傷した退役軍人の私立探偵コーモラン・ストライク。
自殺として処理されたスーパーモデルの死の真相を調べるが……。
(AFP通信さんより)


『The Cuckoo's Calling』はハードカバー版で1500部以上を売り上げていたそうです。
2014年には続編が刊行予定だとのことで、著者の正体が判明したことで更なる人気に繋がりそうですね。

◆関連過去記事
J・K・ローリング『ハリー・ポッター』に次ぐ新シリーズ始動!?タイトルは『ザ・カジュアル・ヴェイカンシー(The Casual Vacancy)』(リトルブラウン社刊)!!

J・K・ローリングさん、「ハリー・ポッター」続編を計画中?

「The Cuckoo's Calling」です!!
The Cuckoo's Calling





キンドル版「The Cuckoo's Calling」です!!
The Cuckoo's Calling





「The Cuckoo's Calling」です!!
The Cuckoo's Calling





2012年9月27日発売「The Casual Vacancy」です!!
The Casual Vacancy





「ハリー・ポッター 第1章〜第7章PART2 コンプリートブルーレイBOX(12枚組)[初回数量限定生産] [Blu-ray]」です!!
ハリー・ポッター 第1章〜第7章PART2 コンプリートブルーレイBOX(12枚組)[初回数量限定生産] [Blu-ray]





「ハリー・ポッター 第1章〜第7章PART2 コンプリートDVD-BOX(17枚組)[初回数量限定生産]」です!!
ハリー・ポッター 第1章〜第7章PART2 コンプリートDVD-BOX(17枚組)[初回数量限定生産]



posted by 俺 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さん情報!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

『推理日記』で知られる佐野洋先生、死去……。

2012年まで『小説推理』誌上で『推理日記』を連載されていたミステリ作家・佐野洋先生が死去されたと「asahi.com」にて報じられました。

享年84歳。
日本推理作家協会理事長で2009年には菊池寛賞を受賞されています。

佐野洋先生、第57回菊池寛賞受賞!!

2時間サスペンスファンの間では、ドラマ化された「密会の宿」シリーズの原作者として知られていました。

水曜ミステリー9「密会の宿9 最後の恋 鎌倉人魚伝説殺人事件 宝石の甘い罠に堕ちた3人の女!愛と嫉妬の炎に身を焦した果てに見た悲しみの真実!」(6月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

先にも述べたとおり、佐野先生のライフワークとされていた『推理日記』が2012年で終了されたことで、体調不良が囁かれていましたが……。

【衝撃】佐野洋先生『推理日記』が39年目にして終了を迎える。

数多くの傑作を世に送り出した名匠がまた1人、居なくなってしまいました。
ご冥福をお祈り致します。

◆関連過去記事
【衝撃】佐野洋先生『推理日記』が39年目にして終了を迎える。

佐野洋さん第57回菊池寛賞受賞!!

水曜ミステリー9「密会の宿9 最後の恋 鎌倉人魚伝説殺人事件 宝石の甘い罠に堕ちた3人の女!愛と嫉妬の炎に身を焦した果てに見た悲しみの真実!」(6月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

『推理日記11』です!!
推理日記11





『推理日記PART10』です!!
推理日記PART10



posted by 俺 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さん情報!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。