2016年04月09日

火村英生ファンは集うべし!!「探偵たちの夕べ」第7弾は『あるいは四風荘殺人事件』とのこと!!

2016年のゴールデンウィークも「大阪新阪急ホテル」さんに火村ファンが大挙することになりそうです。
「探偵たちの夕べ」第7弾『あるいは四風荘殺人事件』が2016年5月3日(火)、4日(水)に行われることが明らかになりました。

『あるいは四風荘殺人事件』は『火村英生に捧げる犯罪』(文藝春秋社刊)に収録された短編。
この原作が舞台化されるのです。

とはいえ、「探偵たちの夕べ」は通常の舞台劇に非ず。
なんと「顧客参加型イベント」なのです。
すなわち、舞台鑑賞と並行して観客も推理に参加出来ることに!!

気になるあらすじは次の通り。

<あらすじ>

ある屋敷で起こった連続殺人事件。その解決を望み、推理作家・有栖川有栖は英都大学准教授・火村英生にこう切り出した。「何も聞かんと、この事件の謎を解いてくれ。依頼主も明かされへん。なんで俺がこんなことを言うてるかも言われへん。必要な情報は用意しとく。その情報だけで犯人を割り出して欲しいんや」……一体、有栖川有栖はどんな事件を依頼したのでしょうか!?
(公式HPより)


会場は大阪新阪急ホテル2階「紫の間」。
開催期間は先述した通り2016年5月3日(火)と4日(水)の2日間。
それぞれ「昼の部」と「夜の部」が開催され、「昼の部」は12時から食事、13時から問題編、「夜の部」は18時30分から食事、19時から問題編との構成。
いずれも上演時間は1時間30分を予定とのこと。
また、火村英生役にはオオサワシンヤさん、有栖川有栖役には田中悟さんがキャスティングされています。

興味のある方は大阪新阪急ホテルさんに問合せすべし!!

◆関連過去記事
有栖川有栖先生講演会が三重県にて2013年4月20日に開催!!

有栖川有栖先生原作「探偵たちの夕べ」第3回開催決定!!タイトルは「ブラジル蝶の謎」に!!

「探偵たちの夕べ」第4回は「消えた黄金の謎」に!!

コミック版・火村にまた会える!!「臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート」新作読切が『月刊ASUKA 3月号』に掲載!!

「作家アリスシリーズ」遂にドラマ化!!その名も日本テレビ系「臨床犯罪学者 火村英生の推理」とのこと!!

キンドル版「火村英生に捧げる犯罪 (文春文庫)」です!!
火村英生に捧げる犯罪 (文春文庫)



「臨床犯罪学者 火村英生の推理(Blu-ray BOX)」です!!
臨床犯罪学者 火村英生の推理(Blu-ray BOX)



「臨床犯罪学者 火村英生の推理(DVD-BOX)」です!!
臨床犯罪学者 火村英生の推理(DVD-BOX)



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

金田一耕助同士による熱い競演が始まる!?「横溝正史と謎解き映画の快楽2 本格推理作家の世界」に注目せよ!!

金田一耕助と言えば明智小五郎と並ぶ日本を代表する名探偵、過去にも幾度となく多数の名優で映像化されています。
その映像化作品はそれぞれ主演も違えば、監督も違う。
例えば映画版の主演だけでも片岡千恵蔵さん、高倉健さん、中尾彬さん、石坂浩二さん、渥美清さん、西田敏行さん、古谷一行さん、鹿賀丈史さん、豊川悦司さんと錚々たる面々が名を連ねています。
当然の如く同じ金田一でもイメージが大きく異なって来るワケで。
モノによっては同じ原作でも全くの別物だったりもします。

ある種、それは複数に渡る並行世界に等しい。
そんな並行世界に跨る金田一耕助同士の活躍を比較出来たら面白そう。
ああっ、あの名優が演ずる金田一耕助を比較出来たら良いのに!!

そんなファンの願いが一部で叶えられました。
それが東京は神保町シアターで開催中の「横溝正史と謎解き映画の快楽2 本格推理作家の世界」。

もっともこの企画、金田一耕助だけではありません。
実は1946年創刊の『宝石』に関連した横溝正史先生や多岐川恭先生、山田風太郎先生らの原作を映像化した作品をスクリーンにかけることが主旨の企画です。
従って上映予定作品は「本陣殺人事件」、「女王蜂」、「悪魔が来りて笛を吹く」、「獄門島」、「私刑」、「悦楽」などとなっています。
ファンにとって垂涎の企画でしょう。

とはいえ、此処で注目したいのが同じ金田一耕助でも複数の作品が同企画で上映される点。
これにより、先述の「複数の名優が演じる金田一耕助を比較したい」との願いが奇しくも叶えられることに。

例えば「本陣殺人事件」は中尾彬さんによる金田一、「悪魔が来りて笛を吹く」では西田敏行さんによる金田一、「獄門島」と「女王蜂」では石坂浩二さんによる金田一が楽しめるワケです。

金田一耕助と言えば和装のイメージですが、中尾さん演ずる金田一はジーパン姿の洋装だったりします。
此の時点でかなりイメージが異なりますね。

もちろん、それがイベントの主旨ではないので上記数作に留まる上に上映日程から直接比較が難しい点(それぞれ上映日が異なる)が惜しくはありますが、それでも名優による金田一を鑑賞出来る良い機会と言えるのではないでしょうか。
もっとも、前述した名優が演ずる金田一作品一挙上映なるイベントがあればなぁ……との気持ちも強かったりして。

とはいえ、このような機会は早々無い筈。
興味のある方は足を運ぶべし!!

「横溝正史と謎解き映画の快楽2 本格推理作家の世界」は2016年2月27日(土)から3月25日(金)まで神保町シアターにて開催中。
詳細は公式HPよりチェック、チェック!!

石坂浩二さん版「金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX」です!!
金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX



古谷一行さん版「金田一耕助の冒険 [DVD]」です!!
金田一耕助の冒険 [DVD]



渥美清さん版「あの頃映画 「八つ墓村」 [DVD]」です!!
あの頃映画 「八つ墓村」 [DVD]



中尾彬さん版「本陣殺人事件 [DVD]」です!!
本陣殺人事件 [DVD]

posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

宝島社刊『ブラック・ヴィーナス 投資の女神』の著者・城山真一先生、サイン会開催とのこと!!

第14回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作の1つ『ブラック・ヴィーナス 投資の女神』(宝島社刊)。
2016年1月8日発売予定の本作ですが、刊行を記念して著者・城山真一先生のサイン会が行われることが明らかとなりました。

第14回「このミステリーがすごい!」大賞が決定!!栄冠は『神の値段』&『ザ・ブラック・ヴィーナス』の2作に輝く!!

『ブラック・ヴィーナス 投資の女神』のあらすじは次の通り。

<あらすじ>

2016年 第14回『このミステリーがすごい!』大賞 大賞受賞作

株取引の天才が人の心理を読み解く新たな経済サスペンス

依頼人のもっとも大切なものを報酬に、大金をもたらす株取引の天才「黒女神」。
助手を務めるのはメガバンクに失望した元銀行員。
やがて二人は壮絶な経済バトルに巻き込まれていく。

銀行に失望してメガバンクを退職した百瀬良太は、県が管轄する「いしかわ金融調査部」で、金融関係の相談員として再就職した。その頃、良太の兄が経営する会社の経営が危うく、兄が頼ったのは、地方で噂になっている株取引の天才「黒女神」だった。黒女神こと二礼茜は、大金と引き換えに、“依頼人のもっとも大切なもの”を要求するという。大金を用意した茜は、良太を助手にすることに。良太は依頼人に応えていく茜を見守るが、一方で、良太の職場の上司が茜の存在を調べているらしいことを知り、良太は言い知れぬ不安を覚え――。やがて壮絶な経済バトルに巻き込まれていく!
(宝島社公式HPより)


気になるサイン会ですが、石川県に展開する書店「うつのみや」さんで開催だそうです。
これについては次の通り。

開催日は2016年1月10日(日)の13時からと15時30分からの2回。
開催場所は時間により異なり、13時からは「うつのみや 金沢柿木畠本店」、15時30分からは「うつのみや 金沢工大前店」とのこと。

興味のある方は「うつのみや」さん公式HPにて確認すべし!!

◆「このミステリーがすごい!」関連過去記事
【第13回】
『女王はかえらない』(降田天著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『いなくなった私へ』(辻堂ゆめ著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【第12回】
『一千兆円の身代金』(八木圭一著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【第11回】
『生存者ゼロ』(安生正著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【第10回】
『弁護士探偵物語 天使の分け前』(法坂一広著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『僕はお父さんを訴えます』(友井羊著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『Sのための覚え書き かごめ荘連続殺人事件』(矢樹純著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『保健室の先生は迷探偵!?』(篠原昌裕著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』(岡崎琢磨著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『公開処刑人 森のくまさん』(堀内公太郎著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【第9回】
「完全なる首長竜の日」(乾緑郎著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ラブ・ケミストリー」(喜多喜久著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ある少女にまつわる殺人の告白」(佐藤青南著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【第8回】
「さよならドビュッシー」(中山七里著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『死亡フラグが立ちました!』(七尾与史著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【第7回】
「臨床真理」(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【第3回】
『果てしなき渇き』(深町秋生著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
第14回「このミステリーがすごい!」大賞が決定!!栄冠は『神の値段』&『ザ・ブラック・ヴィーナス』の2作に輝く!!

第13回「このミステリーがすごい!」大賞が決定!!栄冠は『女王はかえらない』に輝く!!

第12回「このミステリーがすごい!」大賞が決定!!栄冠は『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官(仮)』と『一千兆円の身代金(仮)』の2作に!!

第11回「このミステリーがすごい!」大賞が決定!!栄冠は『生存者ゼロ(仮)』に!!

第10回「このミステリーがすごい!」大賞が決定!!栄冠は「懲戒弁護士」に

第9回「このミステリーがすごい!」大賞が決定!!栄冠は「完全なる首長竜の日」に

2016年(2015年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2015年(2014年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2014年(2013年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2013年(2012年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2012年(2011年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2011年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2010年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

「ブラック・ヴィーナス 投資の女神」です!!
ブラック・ヴィーナス 投資の女神



◆「このミステリーがすごい!」関連書籍はこちら。
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。