2013年04月03日

ジュリーが探偵に!?「探偵〜哀しきチェイサー〜」第2弾「雨だれの挽歌」に注目せよ!!

ジュリーと言えば沢田研二さん。
その沢田研二さんが探偵になりました……とはいえ、これ舞台での話。

そう、沢田研二さんが舞台にて探偵役を演じられるのです。
それが「探偵〜哀しきチェイサー〜」!!

と、力強く唱えてみましたが、ご存知の方も多いかな?
なにしろ、これ2009年に上演されているので。

とはいえ、第2弾が上演されることを知っていますか?
そして、その第2弾こそが「探偵〜哀しきチェイサー2 雨だれの挽歌」なのです!!

えっ、これも知っている……なるほど、あなたはなかなかの情報通のようです。
では、これはどうだ。

今回のヒロインは南野陽子さんであることを!!

あっ、それも知ってる……なるほど。
ん〜〜〜じゃあ、とりあえず最後までお付き合い下さい。
え〜〜〜と、仕切りなおして。

「哀しきチェイサー」と聞いてピンと来た人は鋭い。
このタイトル、沢田研二さんの持ち歌だったりします。

そんな舞台のあらすじはこちら。

<あらすじ>

1954(昭和34)年の神戸・元町。バー、フェアウェルのマスターにして、私立探偵の花山新太郎の元に、三沢百合子と名乗る美しい依頼人が訪ねてくる。彼女は米倉という医者と婚約をしているが、その米倉と関係のありそうな女から、脅迫状が送られて来たのだと言う。さっそく米倉の女性関係を洗い出すため、助手のアキラを使い調査に乗り出した新太郎。しかし何者かに百合子が襲われ、さらにある事件が起こり……。
(公式HPより)


この花山新太郎役が沢田さん。
百合子役が南野さん。
東風万智子さんも出演されるとのこと。

場所は大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ。
期間は2013年4月12日から14日まで3日間。全5回上演。

この記事にて興味を持たれた方は第1弾DVDへのアマゾンさんのリンクを用意したのでどうぞ!!
もちろん、第2弾も要チェック!!

「探偵~哀しきチェイサー~ [DVD]」です!!
探偵~哀しきチェイサー~ [DVD]





posted by 俺 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

「怪盗紳士」アルセーヌ・ルパン、今度は宝塚の檀上に颯爽と登場!!『ルパン、最後の恋』がミュージカルに!!

「怪盗紳士」アルセーヌ・ルパン……誰もが一度は耳にしているであろう大怪盗の名前であります。
彼の子孫とされる3代目の活躍などは、毎年夏休みの終わり頃に2時間もの枠を使ってテレビで報道されるほど。

それだけの知名度を誇る彼ですが、その「アルセーヌ・ルパンの生みの親」はモーリス・ルブラン。
そんなルブランの手による70年ぶりの活躍譚となったのが『ルパン、最後の恋』(早川書房刊)と言いまして、これは新たに発見されたルブラン自身の未発表作品を2012年に刊行したものであります。

『ルパン、最後の恋』あらすじはこちら。

<あらすじ>

父親のルルヌ大公が突然自殺し、一人娘のコラは悲しみに沈んでいた。そんなコラを助けるのは、大公から後見を託された4人の男たち。大公は遺書の中で、じつはこの4人の中に正体を隠したアルセーヌ・ルパンがいる。ルパンは信頼に足る人物なので、それが誰かを見つけ出して頼りにするようにと記していた。やがて思いがけない事実が明らかになる。大公はコラの本当の父親ではなく、コラは母親がイギリスのハリントン卿との間にもうけた子だったのだ。高貴な血をひくコラは、にわかに国際的陰謀に巻き込まれ、そんなコラを救うべく、ルパンは動きだすが……永遠のヒーロー、ルパンと姿なき敵との死闘が幕を開ける!
(早川書房公式HPより)


え〜〜〜前置きが長くなりました。

その『ルパン、最後の恋』がミュージカルになることが判明しました!!
しかも、宝塚歌劇です。

早速、情報についてお伝えすると。

ミュージカルのタイトルは、その名も「アルセーヌ・ルパン(仮題)」。
この原作が『ルパン、最後の恋』とのこと。

公演するのは宝塚歌劇団月組。
公演期間は2013年7月12日から8月12日を予定。
ルパンを演じるのは、月組のトップ・龍真咲さんとのこと。
ちなみに「Fantastic Energy!」との併演だそうです。
興味のある方は要チェック!!

宝塚さんと言えば『銀河英雄伝説』を舞台化したりなど、意欲的なコンテンツを演劇の世界に取り込まれています。
注目ですね!!

【コレに注目!!】舞台版「銀河英雄伝説」が熱い!!「第二章 自由惑星同盟篇」もDVD化!!

◆関連過去記事
怪盗紳士アルセーヌ・ルパン再降臨!!70年の時を経て読者を魅了するであろうその作品の名は『ルパン、最後の恋』!!

・水夏希さん主演舞台の原作。
「スミレ刑事の花咲く事件簿 知性の勝利」(石平ひかり著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

こちらは文庫版「ルパン、最後の恋 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ル)」です!!
ルパン、最後の恋 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ル)





「ルパン、最後の恋 〔ハヤカワ・ミステリ1863〕」です!!
ルパン、最後の恋 〔ハヤカワ・ミステリ1863〕





「ルパン最後の事件 (アルセーヌ・ルパン全集 (25))」です!!
ルパン最後の事件 (アルセーヌ・ルパン全集 (25))





「戯曲アルセーヌ・ルパン (論創海外ミステリ)」です!!
戯曲アルセーヌ・ルパン (論創海外ミステリ)





「怪盗紳士アルセーヌ・ルパン DVD-BOX 1」です!!
怪盗紳士アルセーヌ・ルパン DVD-BOX 1



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

【演劇情報】アガサ・クリスティー初のオリジナル戯曲が現代に甦る!!『ブラック・コーヒー』が2013年2月6日より公演されるとのこと!!

『ブラック・コーヒー』をご存知でしょうか。
ああ、あの琥珀色の飲料でしょ……という冗談はさておいて。

いや、正解と言えば正解なのですが……とはいえ、ここでの『ブラック・コーヒー』とは、アガサ・クリスティーが手掛けた初のオリジナル戯曲作品のことであります。
コレのことですね。

<あらすじ>

来客の一人に重要書類を盗まれたと知ったエイモリー卿は、寛大にも灯りを消しているあいだに書類を返せば罪に問わない、と宣言した。そして、灯りがついた時、卿はコーヒーにはいった毒で殺害されていた。そこへ卿に招かれていたポアロが到着するのだが……。クリスティー初のオリジナル戯曲。(解説 松坂健)
(早川書房公式HPより)


この『ブラック・コーヒー』が2013年の今、日本にて公演されることが明らかになりました。
詳細は次の通り。

舞台名は「名探偵ポワロ〜ブラックコーヒー」。
公演日時は2013年2月6日(水)から13日(水)まで。
場所は日本橋にある三越劇場にて。

キャストは三波豊和さん、桜乃彩音さん、合田雅吏さん他。
このキャストによる『ブラック・コーヒー』は過去にも公演されていますね。

アガサ・クリスティーと言えば『マウストラップ』も3月から上演されますし、2013年はミステリ系演劇が盛り上がりそうです!!

【演劇情報】アガサ・クリスティー『マウストラップ』が日本上演決定!!

◆関連過去記事
【映画化関連情報】
【速報】ミス・マープルものがディズニーで映画化されるとのこと!!

アガサ・クリスティ原作「ねじれた家(Crooked House)」が映画化!!

アガサ・クリスティー原作映画「ねじれた家」キャスト発表!!

【書評(レビュー)】
・「ホロー荘の殺人」ネタバレ書評(レビュー)
「ホロー荘の殺人」(アガサ・クリスティー著、中村能三訳、早川書房刊)

・ポアロシリーズ最終作「カーテン」ネタバレ書評(レビュー)はこちらから。
「カーテン」(アガサ・クリスティー著・中村能三訳 、ハヤカワ書房刊)

「ねじれた家」(アガサ・クリスティ著、早川書房刊)ネタバレ書評(レビュー)

【イベントその他】
アガサ・クリスティー生誕120年展覧会開催中!!

金沢にてアガサ・クリスティー原作「検察側の証人」舞台上演決定!!

舞台「検察側の証人」東京公演決定!!

「名探偵ポワロ」ニュー・シーズン DVD-BOX3は2010年12月3日発売開始!!

アガサ・クリスティ「ポアロにうんざり」発言にファン「え〜〜〜っ!!」と叫ぶ

「ザ・リッツ・カールトン大阪」にて「アガサ・クリスティー ナイト」開催!!

【注目】「アガサ・クリスティ大事典」が話題に

「名探偵ポワロ DVDコレクション」刊行中!!

アガサ・クリスティー『ABC殺人事件』がCDドラマ化!!そのキャストが凄い!!

こちらは戯曲版「ブラック・コーヒー (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
ブラック・コーヒー (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





こちらは戯曲版のキンドル版「ブラック・コーヒー (クリスティー文庫)」です!!
ブラック・コーヒー (クリスティー文庫)





「ブラック・コーヒー (小説版) (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
ブラック・コーヒー (小説版) (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





こちらはキンドル版「ブラック・コーヒー〔小説版〕」です!!
ブラック・コーヒー〔小説版〕





豪華キャストによる「ABC殺人事件」です!!
ABC殺人事件





アガサ・クリスティを語るには下記の3作は必須!!
是非、この機会に一読を!!

「そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





「アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





「オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)



posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。